2018-02-21 

セール

今年も恒例の渓釣り用具のマトメ購入。
幸い、地元には安売りで周辺からも釣りファンを集める釣具屋さんがあります。
180221セール11
この釣具のエースと言うお店、昭和40年頃に旧瀬戸市街地の4軒長屋の貸し店舗の一角で始まった、商品も並べられずに番台方式でオバサンに言うと商品を出してくれる安売りのお店でした。
その後、その店舗の隣ブースに熱帯魚のエースを開店し、熱帯魚ブームに乗って業務拡大しました。
更にその後、更に隣のブースも借りて、犬猫のペットブームに乗って業務拡大。
ペットブームに乗りに乗って大繁盛し、ペットのエースは全く別の場所に新店舗を構え、業務拡大。
釣具のエースも、空いたブースで営業拡大。
その頃、同じく瀬戸で安売りで名を馳せていた釣具屋が何らかの事情で閉店し、エースに釣り客が集中し、現在店舗に新築移転。
業務拡大や店舗拡張移転の時期記憶はアヤフヤの面はありますが、世の中のディスカウントの流れを先取りして、安さが客を呼び、多量の客が安さを可能にして伸びた、釣人にはありがたい店です。

その安売り釣具のエースは、年に何回かセールをし、その内で渓釣りに直接関係するのは解禁前後のこの時期と決算セール。
私はこの時期のセールで、現時点で予想される一年分の買物をします。
何せ、釣人でごった返し、駐車する場所にも苦労するので、客が減ってユックリ買い物が出来るセール最終日の終業2時間前に行ってきました。

セールはこんな感じで、小物は5000円以上買うと通常価格の15%引き。竿は5%引きです。
180221セール12180221セール13
商品はメーカー自体が必死なので十分に有るのですが、お昼前後は陳列が間に合わずに欠品もありますが、夕刻になると再び潤沢です。

先回の点検で、今年も釣竿は買わずにいけそうでしたが、見ると何時もの竿をついつい買ってしまいました。
180221セール20
メーカー希望小売価格16,600円が、この店では税別で10,970円。そこから、更に5%引きと、ありがたいです。

その他も、
180221セール21180221セール22
釣り糸1000円が50%引きの500円売りで、釣鈎250円が25%引きの190円売り。
そこから更に15%引きです。

その他の小物も、
180221セール23180221セール24
元々の安さから、更に15%引きです。

そんなかんだと安いからと、こんなに買ってしまいました。
180221セール30
ついつい買った総額は16,000円程。

ベストやウエーダーなどにも手が伸びそうになりましたが、何とか思いとどまりました。
これで、今シーズンは釣券と餌と交通費以外はいけるはずです。

3月に入ってからの何日に何処へ行くか、寒さが続く中で決めかねています。
2018-02-18 

スキーレッスン

2月も後半になりましたが、色々と所用が続いて今年2回目のスキーに行けていません。
今年は5歳の孫のスキーデビューの年。
正月に木祖村でスキーを教えて、一応は滑れる様になりましたが、もう一度滑らせて、初心者レベルから初級者レベルに固めておかなければと、爺さんは焦っていました。

そんな中、やっといけました。
今回は、自宅から50km程と近場で、長野県平谷村の国道153号線直ぐ横の“平谷高原スキー場”です。

153号線も愛知県内の道路脇の雪は殆どなく、長野県境付近も僅かでした。
180218スキーレッスン11180218スキーレッスン12
しかし、根羽村に入ったあたりから雪が徐々に増え始めました。

ポチポチと雪が増え始めた所で平谷高原スキー場に到着。
180218スキーレッスン13
この周辺は私の渓釣り場なので、3月解禁以降は頻繁に訪れるのですが、スキー場に入ったのは初めてです。
国道153号線横のスキー場で、駐車場も国道脇にあって、アクセスが非常に楽なスキーです。

このスキー場もご多分に漏れず、閑古鳥が鳴いています。
180218スキーレッスン21
平日とはいえ、実際にスキーゲレンデにいた客は10人以下だったと思います。
小学生未満はスキー専用リフトは無料と、非常に太っ腹で、リフト自体は2本しかなく、全長も400m前後と短いので、練習にはうってつけです。

そんなスキー場に保育園を休んだ孫と行った訳ですが、最初はソリをやりたいとか、かまくらに入りたいとかで、スキーを練習する前に一通り遊んでから、練習開始です。
180218スキーレッスン31180218スキーレッスン32

この日はスキー2回目と言う事で、滑る事へのビックリ心は殆どなく、最初から上手に滑れました。
180218スキーレッスン22180218スキーレッスン23
初心者コースを1時間も滑るとスッカリ慣れ、このスキー場で言う中級コース、普通のスキー場で言う初級コースも自由に滑れるようになりました。

まだ帰らないとスキーにスッカリ嵌ってしまった幼児の世話をする爺さんの方が疲れ、ふと見上げると。
180218スキーレッスン24
ゲレンデの向こうに、平谷村から阿智村に広がる山並みが見えました。
水温も5℃を上回る頃になれば、自分があの山間で山釣りをしているんだと思うと結構わくわくします。

そんなスキー場で孫にスキーを教えて、帰りには釣り場の様子も見て来ました。
180218スキーレッスン51
長野県内の矢作川水系本流筋では、雪は僅かでした。

しかし、少し山に踏み込んだだけで、シッカリ雪がありました。
180218スキーレッスン52180218スキーレッスン53
長野県内153号線から数分のいつもの山道もシッカリ雪に覆われ、谷川も氷と雪に閉ざされていました。

愛知県内153号線沿いの山間にも雪が残っていました。
180218スキーレッスン54
今回覘いた三河山間の谷の川は、丁度好みの太さですが、好ポイント付近の雪は僅かで、何とかアプローチも出来そうです。

渓流は未だ雪の中ですが、この後10日もすれば、多くの釣人を楽しませてくれそうでした。
2018-02-15 

冷凍庫

極寒のこの時期に、冷凍庫状態の千歳空港に降り立ちました。
180215冷凍庫10
昨春に逝ってしまった義母の1周忌法要です。

北海道といっても、最低気温が零下10℃以下が毎日の旭川市の様な北海道北部ではなくて、北海道南部の登別/室蘭ですが、尾張に帰る日には零下8℃のなかをバス停で5分程待ちましたが、やはり冷凍庫状態の寒さでした。
180215冷凍庫11
15年ほど前までは、寒さにも増して、北海道往復航空運賃が経済的にも大変で、1人8万円ほどと、2人なら15万円突破はあたり前でした。
しかし今は、以前にも記事にしましたがLCCのお陰で、非常に安くなりました。
今回も航空運賃が高い札幌雪祭り時期で、しかも土曜出発で振替休日帰着の混雑日だったのですが、2人往復合計で5万円も掛かりませんでした。
全日空は2005年になる前に経営悪化し、日航:2010年にスカイマーク:2015年と会社更生法を適用して更に深刻な経営危機状態でしたが、飛行機利用者には実にありがたい状態になり、鉄道より安価なデフレ運賃が日本の空にも定着しました。

そんな風に行った北海道、やはり食べ物は美味しいです。
遠いところに行くと、国内国外を問わずに必ず訪れるスーパーマーケット。
現地庶民の生活が見えるスーパーマーケットですが、やはり北海道には、新鮮で美味しそうな海産物が一杯。
180215冷凍庫31180215冷凍庫32
180215冷凍庫33180215冷凍庫34
ホタテの幼貝はそのまま味噌汁に入れると非常に良い出汁が出て美味しいですね。
庶民の魚の代表格のようなニシンやホッケも目が黒々としたのが並んでいました。
そんな中、最後の写真は特売のチラシ寿司で、なんと99円。
従来、北海道は物価が高くて、定価販売が当たり前の土地柄で、安売りするなら・・・すると言う悪しき?商習慣の地でした。
通販ですら運賃が高くなり不利で、ガソリンを初めとして物価が下がりにくい、暮らしにくい地域です。
そんな中、今回覘いたスーパーは、全国チェーンの超格安スーパー。
コスト節減で照明すらが薄暗い店でしたが、こんな店から北海道のデフレもドンドン進むんでしょう。
(全くの余談ですが、日本で日常生活物価が最も安いのは首都圏だと私は思っています。家賃などの不動産関連は高いのですが、過当競争で大衆商品は安く、交通網も発達で車も不要で、各種旅行ツアー料金も尾張の7割ほどですね。)

写真は撮り忘れましたが、室蘭は焼き鳥が美味しくて、先日放送のブラタモリの室蘭編でも紹介されていました。
巨大製鉄所の工員が仕事帰りの立ち飲みでツマミにしたのが一本の焼き鳥で、社宅への帰宅途中の立飲み屋が切磋琢磨して美味しい焼き鳥文化が出来たそうです。

そんなブラタモリで、メインで紹介されていたのが、噴火湾関連の話題。
函館北側/室蘭西側の巨大な湾は、太古の火山噴火で出来た大カルデラが水没して出来た噴火湾。
180215冷凍庫51
(現代では、噴火跡説にかなりの疑義が出ているそうですが、ロマンが有るので、やはり噴火湾が好みです。)
そのカルデラの外輪に当たる室蘭には噴火口でそのまま固まった熔岩柱が、剥出しになっているのが観られると、タモリが喜んでいました。

ミーハー爺さんとしては、勿論観てきました。
180215冷凍庫53180215冷凍庫50左の写真が、噴火口で冷えた熔岩柱で、和ロウソクの芯のような巨大な頭を延ばしています。
右の写真が、その熔岩柱で出来た断崖の上に立つ“地球岬”と呼ぶ展望台から見た海です。

この熔岩柱は岬上から見ると今一つ分かりにくく、タモリも船に乗って見ていたので、海からの写真をネットから借りてきました。
180215冷凍庫54
中央にある濃い色の三角頭が熔岩柱です。
如何にも、噴火口でそのまま固まった雰囲気が残っています。
この熔岩柱の裏側に展望台があり、その横には地球岬灯台が見えます。

その“地球岬”とは、地球が丸いのが良く分かるのでつけられた名前です。
私も色々な場所を訪れていますが、この地球岬ほどに地球の丸さが分かる場所は知りません。
所が、肉眼で視野を一杯に使った大パノラマでは驚愕の丸さですが、写真は勿論で動画でもその丸さは写せずモドカシイです。
そんな思いの人が沢山いるんでしょうね。
そんな思いでアップされていたネット画像を借りてきました。
180215冷凍庫52
魚眼レンズで撮影したんでしょうが、肉眼で見るとこんな感じに見えます。
普通に海岸から見た海と空の境は、水平線と言うくらいでホボ真っ直ぐに横に広がった水平に見えますが、海際にある130mの断崖絶壁上の展望台から見ると一気に丸く見えるから不思議です。
景勝地の多い北海道ですが、その中でも「北海道の自然100選」で堂々の1位です。
そこに暮らす地元民も綺麗だとは思っている様ですが、丸く見えるのが当たり前なのか、その眺望の凄さが地元では今一つの認知度で実に勿体無いです。
しかし、一般的な真っ直ぐの水平線や地平線を知っている旅人にとっては、間違いなく1番の自然です。

そんな北海道での法事も終えての帰路、日本海側は大雪の2月12日振替休日でしたが、空からの眺めがすばらしかったです。
60過ぎの爺さんになっても、未だに飛行機からの眺めが大好きです。
日本列島の地図の通りの景色が眼下に広がるのは実に不思議で最高です。
今回も、グーグルマップとGPSで位置を確認しながら、時々刻々変わる景色を確認しながら楽しみました。

出発前に、高圧温水で主翼の雪氷を吹き飛ばして準備を整えた機体は、千歳空港を離陸しました。
180215冷凍庫71180215冷凍庫72
じきに、雪に覆われた苫小牧市付近の海岸から太平洋に出ます。

その後、日本海側に出て南下を始めると、一面の分厚い雪雲に覆われて、地上は見えません。
そして、佐渡島をかすめて新潟市辺りから日本列島横断を始め、北アルプスと中央アルプスの間を抜ける様に太平洋側に向かいます。
下の写真は松本市を過ぎて塩尻市上空辺りですが、雲海の間から富士山が頭を出していました。
180215冷凍庫73
真白な雲の上では、冠雪の富士山も黒っぽく見えます。

その後、飛行機は中津川市上空から豊田市を抜けて、蒲郡市の竹島上空から三河湾に出ます。
180215冷凍庫74180215冷凍庫75
渥美半島先端の、島崎藤村の“椰子の実”で有名な伊良湖岬あたりで旋回して、知多半島の中部国際空港に降り立ちます。
(今回の飛行ルートは南から中部国際空港に着陸するルートですが、風向きにより北から着陸する場合は中津川市から多治見市を通って名古屋市あたりで旋回して中部国際空港に降り立ちます。)

本当は、今回の着陸ルートなら中央アルプス端の中津川市から三河湾に抜ける際に、阿智村/平谷村/根羽村/旧稲武町と長野南部から三河に至る、国道153号線沿いの渓釣場の山の積雪具合が確認できると楽しみにしていましたが、残念ながら雲に隠れて見えませんでした。

今回訪れた寒い北海道でのヤマメ釣り解禁は6月からだとか。
かの地と比べれば温暖な当地では3月解禁で、4月中下旬からは魚の活性も本格化。楽しみです。
2018-02-12 

歯が折れた

イカンです。実にイカンです。歯の根が折れました。
物を噛んだ時に、奥歯がごく僅かに痛むので、モシヤと思い歯医者に行ってレントゲン撮影すると、歯根が折れており、物を噛むと折れた部分が僅かにずれて、中に入っている神経にも僅かな刺激を与えて、僅かに痛んでいたのです。
180209食いしばり10
レントゲン写真はネットからの借物ですが、歯根が折れていました。

温存しようかとも思ったのですが、骨とは違って折れた部分の再接続望みはホボ無いので、抜いて義歯を入れる事になります。
抜歯~義歯は致し方ないと諦めましたが、問題は折れた理由です。
歯医者いわく、虫歯や根幹治療跡はないので、脆くなり掛けた歯に“噛みしめ”で折れたのだろうとの事。

内服薬で胃酸を完全に止めているので、カルシウム吸収が悪くて、骨歯が脆くなりやすいのは致し方ないとして、“噛みしめ”は何とかしなくては。
無慈悲な社会の風と、容赦ない妻の激励に、歯を食いしばって耐えてきた結果です(爆)
なんて・・・事は無くて、夜寝ている時の歯ぎしり指摘は、以前に婆妻からも聞いていました。

歯医者からは、就寝時にマウスピースをしたほうが良いとの話でした。
歯医者でオーダーメイド出来るのですが、そんな物を口に入れたままで寝れるのか不安です。
そこで、先ずは通販で取り寄せて試してみます。
送料込みの2個入りで880円の安価な品。
通販のレビューも84件が載っていましたが、12%は☆1つで“ゴミ”とか“大失敗”などの辛辣な結果のオンパレード。
180209食いしばり11180209食いしばり21
通販で届いたのは、何やら怪しげな小さな箱。
中には更に小さな2個のケース。
ケースの中には、1.5×3cm程にタタマレたゴム製品。

肝心の中身も。
180209食いしばり31180209食いしばり32
エッと言うほどのチャッチさでした。

取説も入っていないので、通販サイトの絵に沿って装着。
180209食いしばり41
口に入れると、何とも小さい、安定しない。
寝れるの?、知らぬ内に飲み込まない?

不安なままに就寝しましたが、いつも通りに目を閉じた瞬間に熟睡。
朝起きたら、寝たときのままに、キチンと装着されていました。
しかも、何故かしら鼻まで快調。
私には合っていたようです、このマウスピース。

こんな事なら、以前に婆妻から言われた時に、婆妻の安眠の為にとマウスピースの装着を始めれば良かった。
親から頂いた貴重な歯を一本失ってしまったのは、婆妻様の呪いか、観音様の天罰かは分かりませんが、反省です。
2018-02-09 

お前もか!

この所、色々な持ち物で次々に経年劣化が起きています。
確かに買い替え好きなわけでなく、身の回りには長年使い続けた物ばかりなので、当たり前かも知れません。

今回、具合が悪くなったのはお掃除ロボット“ルンバ”。
180212ルンバ11180212ルンバ12
今から8年ほど前に若夫婦が買って重宝し、その後、新型が出て買い換えたからと、我々爺婆の所に再婚先として嫁いできました。
その後、婆さんも良く仕えて貰っていましたが、最近は力尽きて野垂れ死んでいると、婆さんに言われてしまった8歳のルンバです。
若かった頃は、AIが考えながら室内を動き回って塵埃を掻き集め、綺麗になって新たな塵埃検出が減ってくると掃除が終わったと判断し、ルンバは自分で充電スタンドまで戻ってきて再充電し、充電が終わると、上の右側写真の様に静かに待機しています。
所が、使用に伴う充放電の繰り返しでバッテリーが劣化して、掃除が終わる前に電池が切れて、室内のどこかで野垂れ死にする場合が増えて来ました。

8年間も一生懸命働いて来てくれたのに、体力が無くなったからと野垂れ死に扱いするのは可哀想です。
そこで、リフレッシュしてあげる事にしました。
先ずは、体力がなくなってきたのは、内臓の充電池がヘタッテ来た為でしょうから、交換して上げます。
ニッケル水素電池なので、アイロボット社が販売している純正部品を買うと1万円程です。
経済的に無理なので、互換品をアマゾン通販で取り寄せました。
180212ルンバ33
送料無料で、2800円也です。

そしてイヨイヨ、回復手術の準備。
180212ルンバ21
お腹を上にして寝かしてやると、各部が見えますので、先ずは各部の動作点検をしました。
ルンバを使う時は、写真の右方向に走ります。
一番右側に、半周ほどを取り囲むように出ているデッパリが、検知バンパーで、このバンパーに接触すると行き止まりと判断し、ルンバは向きを変えます。
その時に右上に出ている3本腕の回転ブラシで、角のゴミをお腹のほうに掻き集めます。
そして、真中上下についている2個の車輪で進みますが、最前方の丸タイヤを含めて安全スイッチも兼ねていて、万一乗り上げて車輪が浮いた状態になると緊急停止します。
そして、中央の緑の枠に囲まれた部分がブラシで、ゴムブラシで叩いて、毛ブラシで掻き上げて、透明蓋の付いた収納部に塵埃を誘導します。
収納部には、小型の吸引ファンとフィルターが付いていて、ゴミケースに塵埃を溜めていきます。
基本的に各部に致命的な問題は無かったので、先ずは電池を新品に替えてあげれば、まだまだ働いてくれそうです。

そこで、開腹手術開始。
4本のネジを緩めて、蓋を開けてやると内臓が見えてきました。
180212ルンバ31180212ルンバ32
お腹の中の黄色い電池が剥き出しになったので、取り外して、新しい電池に取り替えました。
電池収納部の底には2本の接触端子があり、その端子から電池に電気を食べさせたり出させたりしています。

無事に電池交換が終わったので、各部のメンテもしました。
180212ルンバ61
角のゴミを掻き集める腕の役割のブラシもヨレテきていたので、通販購入の新品ブラシに交換してあげます。

ゴミ収納部にゴックンと送り込むブラシも分解掃除しました。
180212ルンバ51180212ルンバ52
まだまだ使えそうです。

そして、ゴミ収納部も清掃しながらフィルター交換をしました。
180212ルンバ43180212ルンバ42
収納部内臓の吸引ファンの通電端子がかなり汚れていたのでアルコール洗浄し、フィルターは新品に交換して吸引効率を上げてあげました。

これで、今回の人間ドックならぬ、ルンバドックは完了で、試運転結果も上々でした。
8歳と言うと、人間の何歳に相当するのか分かりませんが、これからも現役で活躍してくれそうです。