2017-08-18 

盆の仏事

この一年間も家族全員が元気で、初盆になる事も無く、無事に過ごせたことを感謝しつつ、ご先祖様を迎えるお盆が終わりました。
お盆の仏事と言っても特別な事がある訳ではなく、毎年同じような事をしているだけです。
が、地方毎に新暦盆や旧暦盆の差や、お盆期間も3日間や4日間の差もあるようです。

日本中が同じ時期に似た様な事をする。これって、結構すごい事だと思います。

尾張東部の当地でのお盆は、俗に月遅れの盆とも言われる、8月13日から15日です。

当地でのお盆の仏事のスタートは、7月下旬の“お施餓鬼”。
施食会とも言いますが、お世話になっているお寺様毎に、全部で10人程の近隣のお坊さんが集まって、お施餓鬼法要を営みます。
お盆での先祖供養に先んじて、飢えや乾きに苦しむ餓鬼に供養を施し、徳を積んでいくと言う事でしょうか。
それなりのお布施が必要ですが、この法要があるお蔭で、お寺様にお中元を持って行かなくても良いとも言えます。

そんなお施餓鬼で頂いた〝施餓鬼旗〟を持って、盆入り13日の早朝にお墓の掃除に。
DSC_0432.jpg
塔婆立に挿してある、5色帯の5枚の紙の旗ですが、お盆になると7割以上の墓に。
この旗が立っていると、橙の目立つホオズキの入った仏花とともに、墓地の景色が明るくなります。
今年もお墓の写真を撮ってしまいましたが、気になるものが写っていなくて良かったです。

その後、仏壇に盆棚を作って、お迎えする準備を。
DSC_0433.jpg
今年は、お供えに家庭菜園で作ったスイカとマクワウリを加える事が出来ました。
この辺りではお迎えに使うキュウリの馬は作らず、我家では棚経も初日にして頂きます。

そして13日の夕になると、迎え火を焚きお迎えし。
DSC_0434.jpg
送り盆の時には、15日に送り火を焚いてお送りします。
送り火の後に、毎日お供えした食事も積み溜めて、送り盆の時にナスで作った牛に乗せてお土産と共に帰って頂きます。
昔は川に供物を流したんですが、今は環境問題から川横に作った共用の供物置き場に置いて、線香をあげます。
DSC_0438.jpg
(その供物は翌朝、市のゴミ収集車が集めに回ってくれます)

こんな風に、毎年毎年、同じことを繰り返しています。
一方で、最大級の仏事になる葬式は、形態が年々変わってきているようで、当市では葬儀業者が競うように家族葬専用の一般民家風葬儀場を作ったり、従来斎場を小部屋に改修したりが続いて、お墓もロッカー式が宣伝されています。
時代の流れに折り合いをつける様に、仏事も徐々に変化していくのは至極普通で当り前です。
が、其々の方法で、各人のルーツを再認識する機会として、お盆行事は続くんでしょう。




お盆が来ると、そろそろナスの更新剪定もタイムリミット。
DSC_0429.jpgDSC_0431.jpg
流石に、実付も悪くなり、表面の瑕疵も出始めだしました。
立ちを半分ほどにし、株元にスコップを入れて根切りし、根切り穴に肥料を入れて完成。
市民菜園では、更新剪定で思った様には収穫出来なかったと、年々、新たに秋ナスの苗を定植する人が増えています。
今年はどうなるでしょう。
2017-08-15 

白い沢

お盆直前の渓釣りを何処に行こうかと迷っていた中で、前回釣りの台風前にで幻の渓流師さんからのコメントにあった“白い沢”が頭に浮かびました。
その“白い沢”は川底が白い砂で、身が締まって川魚特有の匂いもしない白いイワナが釣れます。
所うが、今年から周辺で伐採が始まって振動で魚が怯え、更に入渓者も増えて魚影がかなり薄くなって、余り良くありませんでした。

この時期になって釣人も鮎に流れて減って、お盆直前であれば伐採も休んでいるだろうとも思い、来年の為に魚資源の残り具合の様子見も兼ねて、身軽な釣ベストと熊除けプレイヤー程度の身軽な装備で向かいました。

本流は相当な増水で、里川も、とても竿を出せない程の増水でした。
が、雨は降っていないので、山に入って源流に近づくほどに水は減るだろうと期待して進みました。
170815白い岩魚11
前夜の雨で、林道も濡れています。

渓に降りると、流れは増水で、流芯付近はあっという間に仕掛けが流れて、餌も表層に浮いてしまいます。
170815白い岩魚12
そんな中、岩陰で確認出来ませんが水が巻いて水勢が落ちていそうな場所に、上から仕掛けを下していくと掛りました。

小ぶりですが、白いイワナです。
170815白い岩魚14
一応、魚は残っている様でホッとします。

その後は岩陰と言うよりは、水勢が弱まっているポイントを中心に釣り上がりました。
170815白い岩魚31
170815白い岩魚21170815白い岩魚22
170815白い岩魚23170815白い岩魚24
そこそこ釣れて、来年は大丈夫だなと思っていると、重機の音がします。

伐採に伴う集材作業です。
170815白い岩魚32
お盆前日で仕事をしていないだろう、との目論みは大外れでした。
作業している人に挨拶して、話を聞くと、盆休みは13,14,15,16日の四日間だけとの事。
林業と言うのもナカナカ大変な仕事です。

これでは駄目だと、場所移動。


次は、10㎞程離れた同じ水系の同じ様な白いイワナの棲む沢へ。
170815白い岩魚41
こちらも、なかなかの増水です。
同じ様に岩の間の流れの緩いポイントに落とします。

ここでも、淡い色のイワナが出ました。
170815白い岩魚42

その後も同様なポイントで、イワナが出ました。
170815白い岩魚51170815白い岩魚52
170815白い岩魚53170815白い岩魚54
しかしながら、多数の釣り人の痕跡があり、流れの横には獣道ならぬ釣人道が綺麗に出来ています。

こんな、ゆっくり流れのポイントからはチビが出ます。
170815白い岩魚61

しかしながら、チビの数が少ない。
170815白い岩魚62170815白い岩魚63
偶然かも知れませんが、チビの数が非常に少ないのが気になりました。
チビは来シーズンの成魚、来来シーズンの大物の予備軍。

この日の釣行。
最初の沢は伐採作業の悪影響が出ているんでしょうが、転渓先の沢は釣り人増加の悪影響があると思います。


予定通り、丁度お盆の頃に黄金マクワウリが沢山実りました。
170815白い岩魚81
170815白い岩魚82
一株から小蔓四本で、小蔓一本から孫蔓二本で、孫蔓一本から実一個。
全部で50個以上の収穫ですが、家でも非常に好評で、ご近所でも懐かしいと非常に喜んでいただけました。
上品な甘みと、シャキシャキした食感が何とも美味しいです。
スイカ同様に収穫時判断が難しいと思っていましたが、非常に簡単でした。
実の出ている軸元の葉がスッカリ枯れたら美味しくなっているようです。

今年はウリ科のスイカもマクワウリも非常に好評で、家庭菜園には良い夏でした。

2017-08-12 

新薬

10年以上前に胃ガン(噴門ガン)が上手く発見出来て、噴門除去手術を受けて以来、自分では身障3級程度を頂いても間違いではないと思う程の持病持ちです。
170730新薬0
胃の上部だけを除去しましたが、胃酸供給部が沢山ある胃の下部は残ったままで、胃の入り口にある噴門は無くなったので、消化液としての胃酸が簡単に食道側に逆流して来ます。
胃酸が食道に逆流すれば、胃の様に耐胃酸粘膜の無い食道は、簡単に消化されてしまいます。
しかしながら、その”重度の逆流性食道炎”は手術当時の最優先事項“がん細胞の根絶”の結果なので、今更ジタバタしても意味は無く、上手く折合を付けながらの生涯伴侶にするしかありません。

元々はすこぶる調子の良い胃を持っていた自分が、胃弱者になってしまって、お世話になっているお医者さんから色々と教えて頂いた事を紹介します。

まず最初に、世の中には胃具合の悪い人が多いのですが、多くは3つに分けられると思います。
一つ目は胃腸の動き自体が悪くて、食べ物を押し砕きながら、粥状になった食べ物を上手く下に送る力が弱い、胃腸虚弱とも呼ぶ消化不良パターン。
(この胃腸の動きは、真逆に痙攣の様に激しく動き過ぎて、胃が差込む様に痛くなる場合もあるので難儀です。)
二つ目は胃酸や胆汁や膵液などの消化液の分泌が悪く、食べ物を上手く分解消化できずに胃近傍に長く留まるパターン。
三つ目は胃酸などの消化液が、必用の無いときにも出たりして、自らの消化液で自らの臓器を痛めるパターン。

自分の場合は、上記の三つのパターンとは少し外れて、必要な時に出た胃酸が防御機能の無い食道に迄上がって、食道を痛めてしまうのですが、自らの消化液で自らの臓器を痛める三つ目のパターンと似ています。

そんな胃酸から食道を守る術は大きくは3つ。
食道表面を保護膜で覆うか、出てきた胃酸を中和するか、胃酸を止めるかの3大分類しかありません。
①食道を保護膜で覆う方法は、昆布由来の粘液で覆う方法が保険適用されていますが、効果時間は数十分だけ。
170730新薬1@
今から10年以上前に、手術したがん専門病院の外科医先生が処方した薬でした。

②胃酸を中和する方法は、市販薬とし古くから使われているアルミ製剤や炭酸塩中和剤などがありますが、効果時間は2時間程度。
170730新薬2
同じく10年以上前に、手術した外科医が処方しました。

③胃酸を止める方法は大きくは3つ。
1)第一世代の”胃酸の出る蛇口を閉める方法”としては、今では市販薬としても販売されているガスター。
これはナカナカの優れものですが、蛇口からポタポタト垂れる分があり、大部分が収まるレベルです。
手術した病院を退院する際に、がん専門病院の担当内科医が処方した薬でした。
170730新薬3
今から25年前に販売されて、発明した英国医師はこの薬の開発貢献でノーベル賞を受けました。

2)第2世代の”胃酸が出る機能を無くしてしまう”方法は、パリエットやタケプロンなどの薬名のプロトンポンプ阻害薬と呼ばれる薬です。
今でも医師の処方箋が必要な薬です。
170730新薬4
この薬は20年程前から販売されている薬で、4種類ほどの薬品構造がありますが、いずれも強力に胃酸を出せなくしてしまいます。
これは、胃酸が出たことを検知して、胃酸の出る蛇口を枯らしてしまう方法で、胃酸が出る場所が無くなるので確実性が高くて、今では世界的に保険治療の主役になっていて、服用すれば確実に胃酸が止まります。
術後半年ほど経っても、食べると酷い胸やけになるので食が進まずに、体重減が続いていた時に、胃ガンを最初に発見してくれた地元の内科医が処方してくれた薬で、この薬を使ってから胸焼けが収まり、食も進み、体重減に歯止めがかかって正常体重に戻せました。
それ以来、今日に至るまで、自分が抱える重度の逆流性食道炎を抑え込んで、普通の生活を送る事を担保し続けてくれた薬です。
唯一の問題点は、消化しなくてはいけない食べ物の負荷状態により、薬成分が早めに消費してしまうこと。
普通に言う胸焼けしやすい食べ物を大量に食べると、薬効果が早めに切れてしまいます。
具体的には、脂っこいフライを大量に食べたり、筋っぽい芋を大量に食べたりした場合で、自分の好きな秋刀魚やスイートポテトを大量に食べると効果時間が短くなり、追加服用が必要です。

3)第3世代として”胃酸が作られる事自体を止める”方法も出来て、タケキャブと言う薬名です。
170730新薬5
これは2年程前に世界に先駆けて武田薬品が開発販売を始めた薬で、胃酸の蛇口を止めるのでも、胃酸の出口を無くすのでもなく、胃酸が出来る事自体を阻害してしまう方法です。
胃酸が全く作られないので、消化不良をおこして痩せてしまう副作用があるとすら言われています。
胃酸による胸焼けが起きた時に服用しても、タイムラグが少なくて、比較的速く効く、強力なお薬です。
最新の薬で、従来は胃酸が絶対に出てはいけないピロリ菌の除菌の時程度の限定使用しかできませんでした。
それが、重度の逆流性食道炎に限って、連続服用が保険適用されていました。
が、処方できる1日1錠の10㎎錠剤では、自分の体では20時間しか薬効持続せず、残り4時間が無策になり駄目でした。
所うが、20㎎錠剤も一応は継続的に処方できる薬事改正があり、重度の逆流性食道炎には実に朗報です。
20㎎錠剤は1錠240円の高価な薬剤ですが、保険適用できるので手が出ない価格では有りません。

どんなタイプの薬にしろ、胃酸を抑える薬が何らかの理由で服用できなくなったら、自分の胃酸で自分の食道が消化されてしまう重篤な病状になってしまうでしょう。
もし胃酸が止められ無いのなら、横になると胃酸含めた胃の内容物が食道の方へ流れて来るので、眠る時は最低でも上半身を起こしたままで、腹部圧迫も避けるなら立ったままで無いと眠る事も出来ないでしょう。
万一に備えて、財布にも1錠1日分を入れて常に携帯し、車にも10錠10日分を入れて外出時は常に持参し、南海トラフ巨大地震が起きた際も非常持ち出し品の最上位品目です。

そんなかんだの経緯で、この25年位の間に胃酸起因の潰瘍を抑える画期的な薬が相次いで開発販売され、10年以上前に重度の逆流性食道炎が起きる胃の構造になってしまった自分の体に役だってくれ、そして世界に誇れる日本国の充実した医療体制と保険制度のお蔭も相俟って、最新薬のタケキャブとのお付き合いも安心して始められる事になりました。
まずは、こんな薬を開発販売してくれた武田薬品に感謝して、武田薬品株を購入し、ノミの垢程度ですが武田薬品の応援も始めました。

一方で、このタケキャブが保険適用されているのは、現時点では世界で日本だけ?というのには、それなりの理由がある筈なので、薬害有無に注意を払いながら使っています。


何度も繰り返しになりますが、持病の薬については、日本の保険制度は実にありがたいです。
処方箋薬と比べて遙かに効果が少ない市販薬の多くは、1か月分を薬局で買えば諭吉さん1人が簡単にいなくなります。
それが、処方箋薬で保険を適用できれば、1カ月当たり英世さん3人で済みます。
しかも、良心的な医者なら慢性病については99日分の処方箋を書いてくれるので、受診費用も年間で一葉さん1人で済みます。
日本の保険制度と医療制度は、国民一人当たり800万円以上の巨額の国の借金のお蔭なので、いずれ破綻するなどと言う人もいます。
が、国の全資産も考慮すると国債1000兆円の2割にも満たない赤字額なので、今の所は大丈夫。
豊かな日本国のお蔭で、重度の慢性病持ちの我が身でも、経済的負担は極めて限られています。
改めてありがたい事です。
2017-08-09 

台風前に

今回の台風5号も各地で被害を出し、愛知県も直撃かと思いましたが、奈良の辺りから長野の山に阻まれるように北に進路を変えました。
とはいうものの、静岡との県境の豊橋市では積乱雲からの突風が吹き荒れ、関東では鮎釣りの人が中州に取り残される騒ぎもあり、風雨関連からの事故が相次いでいます。
釣りをすれば、常に相応の事故リスクを抱える事になるので、いずれも他人事ではありません。

そんな台風で週明けは釣にならないだろうと、6日日曜日に渓釣りに行って来ました。
渓に向かう途中の本流は平水に近い流れでしたが、支流に入ると増水で、山道の舗装路は雨で流されてきた相当量の真新しい土砂で覆われていました。
土曜の夜にインターネットで調べた内容とは違って、土曜から日曜にかけて山では局地的に結構な雨が降った様です。

流れが強すぎないかと心配しながら水際に降り立つと、激流ではなくて増水気味程度でホッとしました。
1700809次はアマゴ11
今回はアマゴ狙いで、里川では無いですが山の比較的口元から釣り始めます。
降り立った増水気味の渓、日曜朝6時半の気温は19℃、水温は16℃、朝もやの様な雲の合間には青空が覗いている絶好の日です。

今シーズンは渇水気味が多かったので、多少戸惑いながら、何処にいるかと探るように竿を出します。
この日の1匹目はアマゴでした。
1700809次はアマゴ13
小ぶりですが、予定通りのアマゴにこの日の期待は上がります。

出たのはこの流れです。
1700809次はアマゴ12
青印の場所で、流芯から僅かに離れた流れにいる様です。
流れには出ているのですが、増水なので強い流れと比べて少しだけ緩い場所で餌が流れて来るのを待っているようです。

一方、茶印の流芯からかなり外れた流れの弱い石の影からはイワナが出て来ました。
1700809次はアマゴ14
夏らしく、アマゴもイワナも流れに出て、積極的に給餌活動をしているようですが、雨直後の強い流れを避けたままに少しだけ水勢の弱い所で食べ物が流れて来るのを待っているようです。

居場所は分ったので、この良い状態の内にとアマゴのいそうなポイントを中心に釣ります。
1700809次はアマゴ211700809次はアマゴ22
1700809次はアマゴ231700809次はアマゴ24a
1700809次はアマゴ251700809次はアマゴ26
暖かくなった水の中で積極的に餌を獲って育ったアマゴ達が次々に上がって来ます。

そんな中、イワナも混じります。
1700809次はアマゴ311700809次はアマゴ32

そんな風に、雨後の釣果を楽しみながら釣上がって行くと、源流への分れまで来ました。
このまま主流を上がっていけば大物もといったスケベ根性も出ましたが、解禁直後にアマゴ大物狙いで入った源流の現在の様子も気になって主流を逸れて進みます。

この源流まで入ると水量も平水に近くて、すっかり落ち着いています。
此処まで来ると、アマゴも落ち着いた流れの中で餌の集まる青印の様な場所にいました。
1700809次はアマゴ50
1700809次はアマゴ521700809次はアマゴ53

一方で、成魚が流れに出ている中、落込みの周囲は豆の巣窟でした。
1700809次はアマゴ61
1700809次はアマゴ621700809次はアマゴ63
こんな場所で、忙しない豆の激しい餌の奪い合いを楽しみながら、イワナも狙います。

此処では、イワナもらしい場所にいました。
1700809次はアマゴ71
1700809次はアマゴ731700809次はアマゴ72
イワナは、やはり安心して釣れますね。

そうこうしている内に定量になったので帰路につきます。
丁度お昼時、帰路のアチコチの本流には鮎釣りの長竿がズラッと並んでいました。
この時期になると、地元釣人は殆どが鮎に行くので、今回も山で見かけた車は一台だけとスキスキで、魚も怯えておらず良いですね。



日曜日も夜になり、明日からは台風で雨になるからと花火。
1700809次はアマゴ911700809次はアマゴ92
次の日曜日には盆の入り。
線香花火と共にドラゴン花火は、お盆に似合う静の花火です。
2017-08-06 

蝉の羽化

毎年、この時期になると庭のクスノキには沢山のセミの抜け殻がついています。
170806蝉の羽化11170806蝉の羽化12
所うが、その羽化の瞬間に立ち会う事はナカナカ難しいのが現実です。
昼中、走り回っていた腕白坊主も、夕ご飯を食べる頃から落ち着き始め、蝉の羽化が始まる暗くなり始める頃には、蝉の事なぞすっかり忘れてしまうからです。

虫でもカエルでもトカゲでも手づかみで追い始め、昆虫少年の入り口に立った4歳の孫にも、そろそろ蝉の羽化を見せてやりたい時期です。

そんな中、いつもの様に夕5時半過ぎに保育園に迎えに行く途中に、公民館のヒマラヤ杉の下をヨタヨタと歩いている蝉の幼虫が目に留まりました。
ラッキーと、とまり木替りに自分のポロシャツの袖口に幼虫を留まらせて、そのまま、保育園お迎えから帰宅となりました。

これから、蝉が羽化する様子を、家の中で観察させる段取りです。
先ずは、羽化をさせる場所ですが、しっかりつかまれる場所で、室内照明光が直接当たらなくて、観察もし易い場所と言う事で、居間の角に置いてある幸福の樹(ドラセナ)の鉢植えに幼虫を留まらせました。
170806蝉の羽化21
このフラッシュ撮影を最後に、蝉を驚かせないように、以降は葉影になったままの状態にして、羽化を邪魔しないようにしました。

夕食を終えた7時頃に羽化が始まりました。
170806蝉の羽化22
背中を割って、白い体を徐々に外に出し。

羽を徐々に広げて行きます。
170806蝉の羽化23170806蝉の羽化24
先ずは、白い体に、白い羽根、目だけが黒い色の、アルビノの様な蝉が、30分程で脱皮誕生しました。

そして、より安全な場所を求める様に、白い蝉はユックリと木を登っていきます。
170806蝉の羽化25
登るに従って、その白濁した白い羽は徐々に透明性を増し、体は僅かに茶色みを帯びて来ました。

木の先端付近に行くと、葉の角に3本の足を引っ掛けてぶら下がりました。
170806蝉の羽化26
体をより安定させようと、残りの足も葉に固定させようとしますが、ドラセナの固目の葉は蝉の足爪が刺さる事を許しません。
10分程もジタバタしましたが、やがて諦めて、葉に3本足でブラサガッタまま、体を乾かしながら、徐々に色を増していきます。

羽化開始から2時間程で、ほぼアブラ蝉の姿になりました。
170806蝉の羽化27
とは言え、人の手が触れても大丈夫なほどには固まり切っていないだろうと、そのまま、朝まで放置です。

セミは居間の鉢植えにぶら下がったままにして、離れに寝に帰った腕白坊主が「セミはどうなった~」と居間に飛び込んできたのは翌朝。
セミは、昨晩の位置にそのまま留まっていて、茶色は更に濃くなって、完全にアブラ蝉の姿になっています。

葉にぶら下がった蝉を、坊主が手に包み込むと、両手の中でバサバサと暴れています。
しげしげと眺めた後に、両の手をパッと開くと、朝の空に飛んでいきました。

坊主の夏に、楽しい思い出が加わりました。


夏といえばスイカ。
今年は初めてスイカを作りましたが、一番生りの10個程は無事に収穫出来、そうこうしている内に味は落ちるものの二番生りも成り行きで10個程の収穫が始まりました。
そんな、今年は潤沢にあるスイカを使って、テレビドラマで出ていたスイカポンチを作ってくれました。
DSC_0400.jpg
ポンチと言っても酒と言う訳には行かないので、三ツ矢サイダーのポンチです。
家庭菜園の栽培品人気一位はスイカで決まりの様です。


一方で、ジイサンは害虫との戦いを続けている夏です。
トウモロコシの第2段が雄花を付けています。
その雄花の20㎝程下の軸にクリーム色の糞がついていました。
雄花の出穂時に、アワノメイガ対策でデナポン粒剤を幼穂に散布していたのですが、虫が入った様です。
そこで、糞のあった下10㎝程の所から軸を切り取ってみると、軸に穴は開いていません。
ホッとしながら、切り取った軸を割り進めていくと、居ましたアワノメイガの幼虫。
170806蝉の羽化28
にっくき幼虫ですがブドウ虫似で、渓釣りに丁度良いサイズと色。
釣餌として持ち帰ろうかとも思いましたが、釣りの時まで活かし続ける自信も無く、やむなく捕殺。
(南無釈迦牟尼仏)