2016-01-09 

ドッグフード

昨年11月に愛犬チュウ君が酷い”胃腸障害”を起こしました。
遺伝的に消化系疾患が起こりやすい超小型犬で有る事に、加齢が加わっての問題です。

11月のワンコトラブル以来は、この様なシニア犬用のカリカリ小粒のドッグフードを食べさせていました。
1601ワンコ餌1
更に以前は、シニア犬用では無く、普通サイズののカリカリのドッグフードを与えていました。
所うが、シニア犬用に変えてからも、下痢や血便などの消化異常が時々発生していました。
歯も悪くなってきているので、咀嚼が不十分な時に消化異常が起きているのかも知れません。

チュウ君は歯が悪いので、歯磨き兼ねてカリカリ餌で歯の汚れも取ってやろうとの考えでしたが、既に歯での咀嚼が難しくなって丸呑みしている事で問題が起きている気がします。
そこで、方針を180度転換して、柔らかい食べ物で胃腸に負担をかけないことにしました。
そんな思惑で、缶詰のドッグフードを与えてみました。
1601ワンコ餌2
1601ワンコ餌3
柔らかい餌なので、マスマス丸呑み傾向ですが、喰いも良くて、何より良い便をします。

色々な犬用缶詰を試す事、1カ月。
その間の犬の体調は良く、便も安定していて、やはりカリカリ餌の丸呑み食いが良くなかった様です。
そこで、缶詰ドッグフードに全面切替し、経済性も考えながら大量購入しました。
1601ワンコ餌6

アイリスオーヤマの缶詰ドッグフードで、通販で24缶入り送料込みで1900円程です。
1缶で2日半食べられるので、餌代も年間10000円程で済んで経済的です。

ワンコもお気に入りで良く食べるんですが、歴代のペット達には徹底したペット化を計っているので直ぐには食べさせません。
餌を与える時は必ず“オアズケ”の号令です。
1601ワンコ餌4
“ヨシ”と言わなければ、1時間でも2時間でも待っています。
しかし、餌を見ていると辛いのか、餌を見ないように横を向いて待っています。

オアズケの間に各種の犬芸を仕込んでいますが、最後に“ヨシ”と言うと、餌にまっしぐら。
1601ワンコ餌5
一生懸命食べてくれます。
“オアズケ”は犬の躾の基本中の基本ですが、お蔭で従順で、人の言う事には絶対忠実の可愛いワンコです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年末~年始と飽食が続いた中、七草粥ならぬ水餃子でお腹を休めました。
1601水餃子1
1601水餃子2
この日の夕食は水餃子しか食べません。
水餃子と言っても、美味しいのは具の肉餡よりも、モチモチ感たっぷりの皮です。
食べるイメージは、固めの具入りスイトンと言った感じでしょうか。

その為に、市販の餃子の皮では我家の水餃子には駄目です。
薄力粉と強力粉でモチモチの素地を作り、麺棒で丸く延ばします。
餡は豚バラとキャベツとニラとニンニクのみじん切りと普通ですが、付けタレは柚子ポン酢に限っています。
とに角、この日の夕食はご飯も他の主なオカズも一切無しで、軽いサラダは付けますが水餃子と酒とお茶だけです。

今の自分には重要事ではありませんが、現役時代はこれでお正月モードから通常モードへ、スイッチが完全に切り替わりました。

2015-11-02 

ワンコ ピンチ

犬猫の扱いには慣れているつもりでしたが、今回はかなり焦りました。
我家のワンコ、ヨークシャーテリアのチュウ君がヒドイ胃腸障害をおこしました。

<初日:嘔吐・下痢>
金曜深夜に、何故かしらピーマン,玉ねぎ,豚肉などを嘔吐・・・ワンコにはドッグフード以外は食べさせないのが基本ルールなのに、何故そんな食べ物を吐いたのかが不明。
土曜の朝に再び嘔吐・・・胃液のみの苦しそうな嘔吐で、辛そうな姿。
PA250002.jpg

<2日目:水分補給>
散歩に連れ出したものの水状の血便で、ワンコの姿も辛そうで、その日は食べ物も水も飲まない始末。
とにかく水分を飲ませなければと言う事で、今迄はカルシウムを避けて飲ませてなかった牛乳やスープも口にしてくれなくて心配したものの、2日目午後(日曜の午後)から水を僅かに飲み始めて一安心。

<2日目:食物摂取>
次は、何か食べさせないといけないと、色々試すが横を向くばかり。
そこで、娘が準備したのが、鳥胸肉の蒸し焼きを裂いたもの。
PA250003.jpg
PA250004.jpg
2日目夕(日曜夕)にやっと食べてくれました。
一安心と思っていた矢先、1時間もするとモドシテしまいました。
ヨッポド消化が良くて、犬の食欲を上げるものでないといけないようです。

<2日目:散歩拒否>
いつもは大好きな散歩も、30mもヨタヨタと歩くと家に帰り出してしまい、ヨッポド体調が悪いんでしょう。
やはり、娘が工夫したおでん汁で作った雑炊。
PA260013.jpg
匂いが良かったのか口に入れてくれ、これはモドサズに、2日目夜(日曜夜)に結局100㏄程を食べてくれました。


<3日目:体回復の兆し>
3日目朝(月曜朝)には、いつもの短い散歩コースをヨタヨタと最後まで歩き、下痢様のウ〇〇もでて体回復の兆しが・・・。
3日目も水分補給を兼ねて、おでん汁雑炊の豚ミンチ入りを与えたら、合計で250㏄程を食べました。
3日目夕の散歩は、しっかりした足取りで短い散歩コースを歩き、下痢様ですがウ〇〇も出て、かなり良くなった感じでしたが、未だドッグフードは食べません。

<4日目:元気の兆し>
4日目朝(火曜朝)の散歩は、人が引かなくても歩く様になって、ウ〇〇も液状から何とか形を保つほどに回復して一安心です。
が、おでん汁雑炊も食べなくなり、市販のスープ状ドックフードは僅かですが食べてくれました。
夕刻になると、動きが良くなったのでゲージから出してやると、カマってくれとおねだりして、孫と遊んでいます。
PA270003.jpg
そんな時に、手渡しでドッグフードをやると少量ですが食べてくれました。

<5日目:ほぼ復調>
5日目朝(水曜朝)の散歩は、グイグイ引っ張って歩く様になって、雄犬らしく片足を高く上げて用足しもし、ほぼ復調です。
PA280005.jpg
PA280004.jpg
帰ってからは、食欲も出たのか市販のスープ状ドックフード200㏄程を一気に食べてくれました。

<6日目:復調>
6日目朝(木曜朝)は室内ゲージに近づくと、早く遊んでくれと大ジャンプをし、朝のオツトメも順調です。
PA290001.jpg
体に似せぬ、実に立派なウ〇〇も出て元気になった証拠です。


親が動物好きだったので、成犬・成猫あわせて5頭も飼っていた時もありましたが、動物は言葉が喋れないだけに何かあった時には可哀そうです。
今回はかなりの重症で相当に焦りましたが、おおよそ一週間で回復てきました。
今後は、看病期についてしまった甘え癖を戻して元の忠実なワンコになれば、通常のカリカリドッグフードを食べ始めるのも間近だと思います。

が、今回の直接原因は分らず終いです。
食事の時に落とした物を食べた可能性があり、人が手渡しすれば薬含めて何でも素直に口に入れる躾けがしてあるワンコなので、広い意味での食中毒の可能性が高そうです。
僅か体重2㎏の超小型犬なので、僅かな量の毒物・異常物でも悪影響が大きいので、人の食事時にはゲージに入れ、ドッグフード以外を口に入れさせない事を徹底するとともに、大婆様には人の食物・食滓・消費期限切品をワンコにやらないようにとくれぐれも念押ししました。
改めて・・・、本当に可愛いいワンコです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
maburinさんのブログに柿チップが載っていましたが、食べた事が無かったので、干す方法では無く素揚げする方法で作ってみました。
1510柿チップス
3mm程の厚さにスライスして、180℃でカリカリになる前の少ししっとり感が残った状態で素揚げして、僅かな雪塩を振っただけです。
富有柿でつくりましたが、バアサンに非常に好評でした。
生の状態は、自分好みのカリカリ状態で僅かな甘みの柿でしたが、素揚げすると完熟状態の甘みが凝縮した感じでビックリです。
2015-09-20 

歯石除去

我家のペット、ヨークシャーテリアのチュウ君は歯槽膿漏で歯磨きしたり、抜歯したりとオーラルケアを続けています。
S0032128.jpg
歯磨はおとなしくさせてくれるんですが、奥歯の歯石取りは口を大きく開けて長時間おとなしくしていてくれないと、ワンコの口中怪我のリスクがあがります。
その為に最奥までの歯石が取りきれていませんでした。

そんな中、昨年12月から習慣にした毎日の歯磨きのお蔭で、大きく口を開けて人が歯をいじる事に長時間我慢出来る様になりました。
そこで、今回はバアサンがチュウ君の口を開けて、ジイサンが歯石を剥がし取る2人作業で歯石除去をしました。
一般的には獣医でやる処置ですが、獣医では犬に全身麻酔をして、全く動かない状態にしてから歯石除去や抜歯をします。
P9080006.jpg
写真は歯石除去後ですが、この状態でオトナシク歯石除去をやらせてくれました。
上下左右で4回の歯石除去と都合20分程の間を我慢してくれました。
(このアングルで、今年1月に4本全部を失ってしまった上前歯跡が見えます。)

歯石除去の道具です。
P9080008.jpg
ジイサンと兼用のスケーラー(歯石除去針)を使います。
モチロン、お互い?の為に、スケーラーを使う前後は薬剤殺菌します。

今回除去した歯石の一部です。
P9080003.jpg
やはり、奥には相当量の歯石が溜まっていました。

後一回やれば、今迄溜まった分はリセットできるでしょう。
その後は、歯石取りは年1回で、歯磨きは毎日のペースで続ければ、歯槽膿漏の進行を止めれると期待値が上がりました。

チュウ君、飼主の意向に本当に素直に従ってくれる、ほんに可愛いワンコです。
2015-05-31 

夏日

昨夜のニュースで、日本各地で真夏日になっているとの事。
そう言えば、隣の田も田植えが終り、夜はカエルの大合唱です。
P5290015.jpg
毎年この時期になると、扇風機を出したり日除タープを付けたりと夏モードに切り替えます。


そんな中、愛犬チュウ君は既に春モードへのトリミングは終えていますが、夏モードにするか今年も議論の対象です。
結局、シャンプーが楽だからと言うお世話係の実用面を前面に押し出して、短毛カットから更に超短カットに切替えです。
いつもながらホントに素直な子で、ジイサンがカットする最中も、されるがままにオトナシクじっとしてます。
P5280021.jpg
アニメに出て来そうなキュートな姿だと、お世話係のジイサンは思っています。

つい先日も、狂犬病予防注射とフィラリア予防薬処方に必要な血液採取をしましたが、注射針を刺される時もワンとも吠えずにジット耐えているオトナシイ子です。
ただ、お医者さんが注射の準備をして注射針を刺す直前に、訴えるような目でこちらをジット見つめます。
やはり注射は嫌なんでしょうね。

ヨークシャーテリア、今年の冬モードから春モードへ、そして夏モードへの変身です。
DSCF2640.jpg
DSCF2666.jpg
P5280023.jpg
この写真で見比べるとヨークシャーテリア本来のロングヘアーから超短ヘアーになるにつれ、視線が落ちてきているようです。
ヨークシャーテリアとして、暑くてもロングヘアーで凛とした見栄を保っていたいのが、ワンコの気持ちでしょうか?
来年も、カット前の家族会議で賛否両論がガップリ四つになりそうです。
2015-04-05 

春モード

スッカリ春です。
孫も冬の幼児ヘアーから、半年ぶりに髪の毛を短くして春モードです。
DSCF2648.jpg

そろそろ、愛犬チュウ君も春モードに変身する季節です。
DSCF2639.jpg
チュウ君も当然の様に短髪男子にすべく、ジイサントリマーが活躍します。


冬モードと春モード
DSCF2651.jpgDSCF2661.jpg

DSCF2640.jpgDSCF2666.jpg

体は3㎜のアタッチメントを付けた犬用バリカンで丸刈りです。
実は孫もこの犬用バリカンをチュウ君から借りて、1歳の時から3㎜の丸坊主にしています。
流石にバリカン刃も兼用というのはどうかと言う事で、バリカン刃だけは犬専用と孫専用と分けています。
春モードとは言え、チュウ君の顔は3mm刈りにすると飛び出た目と大きな口が強調された不気味な顔になるので、顔だけは形を整えながら手カットで少し長めにします。
家族は春モードの6歳チュウ君の子犬姿が、可愛いとお気に入りです。
チュウ君は夏になると、更にアタッチメント無のバリカンで夏モードに切り替え予定ですが、バアサンはチワワの様な丸裸スタイルは不気味だからと反対です。今年はどうなることでしょう。

これで、チュウ君と孫は夏仕様の1分丸刈(3mm)で、婿さんは夏仕様の5分丸刈(9mm)で、ジジは年中の最短5厘(2mm)~最長3㎝のソフトモヒカンと、我家の男4人は揃って短髪男子になりました。

*********************************************************************************

4月4日の桜です。
150405 桜と
尾張の桜も満開になりましたが、菜種梅雨にふられて散るのは早そうです。