2017-05-08 

車検前整備

6月早々に1回目で3年車検期日を迎える軽自動車があるので、大型連休最終日の7日に車検を受けました。
車検は点検はしっかりもらって、法定検査は通れば良いと考えているので、車の整備自体は自分での整備と異常兆候が出た際の整備にしています。
しかし、今回はオートバックスがしつこく、車検当日にもアイドリングストップ用高性能バッテリィの交換を勧めました。
が、安全に直接関わるわけでないバッテリィの3年毎の予防交換などモッタイナイです。
「アイドリングストップ車でバッテリィがヘタルとどうなるの?」か再確認すると、「いきなりエンジンが掛からなくなるのではなく、先ずはアイドリングストップ機能が停止する」との事。
その程度の異常(アイドリングストップ付から普通の車になるだけ)なら、事後保全で全く問題ないので、再度断りました。

とは言え、定期的に訪れる車検は車の素人整備結果を、自動車整備士にキッチリ検査して貰える絶好の機会なので、車検を受ける前に自主整備で主だった予防保全を行います。

先ずは、定番のエンジンオイル交換。
前回のオイル交換は昨年10月にエンジンオイル交換だけ実施していたので、6カ月経って5000㎞程走らせた今回は、オイルとフィルタの交換。
1か月前に別の車での記事オイル交換でも取り上げた通販サイト〝モノタロウ〟で買った資材が良かったので、今回はフィルタと廃油ボックスだけでなく、オイルも〝モノタロウ〟で購入しました。
2017 05 08車検1

今回も廃油ボックスで手間少なくオイル交換できました。
2017 05 08車検22017 05 08車検3
オイルとフィルターを交換した後の状態も漏れなどなく良いです。


次に、これまた定番のエンジン冷却液の交換。
昔は簡単に冷却液の交換が出来たのですが、ホームセンターやカー用品店で売られている冷却液(LLC)はそのまま使うタイプが圧倒的。
そのまま使うタイプは割高ですし、今の軽自動車にはエンジンブロック側には冷却水を簡単に抜くためのドレンプラグが付いていません。
その為に、普通の方法で冷却液を抜いても、エンジンシリンダー周りの冷却水は残ったままなので、一般的には濃度が薄まってしまいます。
そこで、濃縮タイプを買って、冷却水総容量から40%濃度(凍結温度-24℃)になる量を計算した濃縮液を注入すれば間違いありません。
所うが、濃縮タイプが置いてあるカー用品店でも、数年程前から値段が2倍以上に高沸しています。
大多数を占めるそのままタイプの割高値段に釣合うように、今や少数派の濃縮タイプの値段をボッタクリにした為です。

そこで、濃縮LLCも〝モノタロウ〟からお取り寄せで半額以下。
2017 05 08車検4
軽自動車の冷却水容量の3.5Lなら、1.4L分の400円程で済みます。

先ずは、古いLLCはラジエターの底にある白いプラスチックのドレンプラグを緩めて抜きます。
2017 05 08車検5
本来は車底打ちで破損しないようにエンジンルーム底プロテクターに完全に護られる形で、エンジンルーム上側から緩める蝶ネジタイプの白いドレンプラグがついていましたが、今の軽自動車は酷い悪路走行をしない事を前提にしてか、底鉄板に穴を開けて下から丸見えの状態でドレンプラグが設置してあります。
悪路耐久性は劣りますが、冷却水を抜きやすくした改善と言えなくも有りません。

車の下側からドレンプラグを緩めて、ラジエターキャップを外して、先ずは古い冷却水を抜きます。
2017 05 08車検7
冷却水が出てこなくなったら、ドレンプラグを締めて、開けたままのラジエターキャップ口から水だけを入れて満タンにしてエンジンを掛け15分程アイドリングして、エンジンを熱くして冷却水を暫く回してエンジン内部を洗浄します。
そして、エンジンが十分冷えた後に冷却水を再度抜きますが、この時に、大抵は水の量が相当に減っている筈です。
冷却水を抜いた時に出来たエンジン内部の空気溜りが水の注入だけでは抜け切らず、エンジンが熱くなって冷却水を回す事で、引っ掛っていた空気が抜け切った為ですね。

いよいよ、新しいLLCの注入です。
2017 05 08車検8
ドレンプラグを再度閉めて、自分の場合は先ずは濃縮LLCだけを入れます。
今回の軽自動車は3.5L容量なので40%濃度狙いで、濃縮液は大体1.4L程度としました。
濃縮LLCを入れた所で、不足分は水を入れて再び15分程アイドリングして冷却水を回して空気抜きをした後に、水を再補充。

リザーブタンクの古い冷却水はペコペコ灯油ポンプで抜いて、規定量まで水を入れておきます。
リザーブタンク分は走行を繰り返している内に、正規のLLCと混じりあって全体の濃度が自然に均一になります。
このLLCを交換後は、走行後冷却水点検を2回程繰り返して、念の為に水量に変化が無い事を確認しています。

この他の定期交換品では、ブレーキフルードの交換が定番です。
今回の軽自動車で交換手順をシミュレートすると、ブレーキフルードの液抜きはタイヤを外して簡単に出来ますが、問題は入れる方です。
2017 05 08車検61
今の軽自動車のエンジンルームは色々な部品をビッチリ詰め込んで、しかも車の鼻先がドンドン短くなっています。
その為に、ブレーキフルードのタンクもかなり奥の狭い所に設置してあるので、タンクにフルードを注入する方法を工夫しなければいけないです。
今回は、車が新しい事も有り、ブレーキ時のフワフワ感は皆無なので、フルードの吸湿劣化は全く無い判断をして交換はしませんでした。

半日で車検完了し、仮の車検合格済証を張って貰って完了。
2017 05 08車検9


結局今回の車検前自主整備費は総計2000円程で済み、車検時自動車点検で車検前自主整備部分含めて異常内容は無く、特に上からの観察では診難いベルト等のゴム類の劣化ヒビの確認などは十分にする様に依頼しておきましたが、追加整備はゼロ円でした。
車検時の自賠責保険や重量税などの法定費用と、車検手続き費用と、車両検査費用と、自主整備費用を全部合わせて、今回の軽自動車の初回車検は総額37,930円で無事に完了しました。
2017-04-28 

タイヤ再セット

先回の釣行で釣りに使っている軽自動車が山道に転がる落石の鋭利な角でパンクして、しかもサイドが切れたのでパンク修理も出来ません。
2017 04 18タイヤ組換0
古い軽なので、今のパンク修理キット付タイプでは無くて、スペアタイヤ付だったので、無事にスペアタイヤ交換して帰っては来られましたが、サイド切れタイヤは交換しなければいけません。
この軽、今年秋の車検で9年が満了するので、買い替えの話も出ています。
今更の新品タイヤ購入も勿体なくて、前輪駆動なのでツイテ回りするだけの後輪に、制動能力のあるタイヤさえ装着して凌げば良いんですが・・・。

ホイール付の同サイズのタイヤはあるんですが、ホイール違いでは流石にみっとも無いです。
2017 04 18タイヤ組換1
ホイールは揃えたいです。

そこでサイド切れした駄目タイヤと、ホイールは違うが良タイヤを組替したい所です。
いつものガソリンスタンドでタイヤ/ホイールの組替費用を尋ねると、何と5000円。
①良タイヤを違ホイールから外して準備して、②サイド切れタイヤを純正ホイールから外して、③良タイヤを純正ホイールに組付けて、④良タイヤ/純正ホイールのセットを軽自動車に取り付ける。
タイヤとホイールを組付けるタイヤ組付工賃2500円を2セット分支払えと言う事でした。
2台分とはアマリノ値段と値引き交渉しましたが、元々の組付け工賃が格安にしてあるので4500円までと超強気でした。

そこで止むを得ず、自分で組替する事にしました。
40年ぶりのタイヤ組替で不安もありましたが、軽自動車の小さなタイヤなのでなんとかなるだろうと楽観的に取り組みます。

一番の問題はホイールに噛んでいるタイヤビートをどうやって外すかです。
2017 04 18タイヤ組換3
今の乗用車用タイヤは殆どがチューブレスなので、リム(ホイールのツバ)とビート(タイヤ端のホイールに密着する部分)がシッカリ噛んで、チューブ無しでも空気が漏れない仕組みになっています。

そのリムとビートを分離する作業をビート落としと言います。
2017 04 18タイヤ組換4
ホイールのリムへの、タイヤのビート噛みこみを外すと、こんな感じです。

昔やった時は、ビートブレーカーと言うホイールに噛んでいるタイヤを、落として緩める工具を友人から借りてやったのですが、今は借りられる人がいません。
2017 04 18タイヤ組換2 ビートブレーカー24500円
買うとなると2万円以上するので、お話になりません。

何か方法は無いかと考えた末に、この難関のビート落としをジャッキでやってみました。
2017 04 18タイヤ組換6
車の重さを利用して、横にしたタイヤと車の間にジャッキを入れて、ジャッキを広げて行ったら、タイヤがバスッと落ちてヤレヤレ。
勿論、バルブコアを緩めて、タイヤの空気を抜いてからの作業です。

此処までくれば、後は力技。
2017 04 18タイヤ組換7
ホイールとタイヤの間にタイヤレバーを差し入れて、グリグリとホイールの間に挟まったタイヤを抜きます。

この様に、2セット分のタイヤとホイールを分離して、使うタイヤと使うホイールを、タイヤレバーを使って力ずくでグリグリとタイヤをホイールに入れます。

後はタイヤのビート部に石鹸水をスプレーして滑りを良くして、バルブからコンプレッサーエアーを入れればOK。
空気の力でタイヤが膨らんで行き、最後はバンと言う音がしてホイールリムとタイヤビートがシッカリ噛みあいました。
やはり石鹸水をスプレーして、各所から空気漏れが無い事を確認して完成。

ここまでの所要時間は1時間半。

今回お世話になった道具たち。
2017 04 18タイヤ組換5
下から、ビート落としに使った、自動車付属のジャッキ。
タイヤをホイールから外したり入れたりするのに使った、愛用のタイヤレバー。
タイヤとホイールの滑りを良くしたりエア漏れ確認に使った、石鹸水。
この他に番外で、タイヤに空気を高速で送り込んでとホイールを最終密着させるに使った、ガソリンスタンドのコンプレッサーエアー入れ。

時間はあるが、4500円が惜しい爺さんや学生ならではのセルフ作業です。



昨年植えたスナップエンドウの収穫が始まりました。
スナップエンドウ収穫
初めて植えた昨シーズンもそうだったんですが、スナップエンドウは冬の間に葉の緑が凄く薄くなって、どうも成績が良くありません。
が、春の追肥と共に徐々に葉色も回復し、普通に食べるくらいだけは何とか収穫出来そうです。
2017-04-06 

オイル交換

16歳の時から原付バイクに乗り始めているので、運転はあと数年で半世紀になろうとしています。
そんな中、通常の各種メンテも多くは自分でやっていますが、今回からエンジンオイルの交換方法を変えて見たら、結構便利です。

今迄は、オイルはホームセンターで4L1200円のを買って、オイルフィルターはオートバックス等で900円程で買って、交換後の廃油は4L缶に詰め戻してホームセンターで無償引取りして貰っていました。

そんな中、過去に2度だけ使った事のある工具等通販の〝モノタロウ〟から500円引き(送料相当)のクーポンが送られて来たので、清水の舞台から飛び降りるつもりで(笑)、オイル処理ボックスを購入して使って見る事にしました。

今回使ったオイル処理ボックスです。
2017 04オイル処理1
軽自動車用の2.5L用ですが、カー用品店で400円以上していたのでモッタイナイと買わずに、廃油はトレイで受けて、トレイから缶に移して、ホームセンターまで持って行って引取って貰っていました。
所うが、通販なら189円だったので試しに買ってみました。

開けてみると、こんな風です。
2017 04オイル処理2
分厚い耐油袋に給油綿が入れてあり、2重に封が出来る様に結束バンドが2本入って、外装ダンボール蓋は廃油後に持ちやすいように吊手になっていました。
実際に使って見ると、車を上げなくてもエンジン下に楽々入る寸法で、3Lの廃油した後もマダマダ余裕がありそうでした。
当市の場合は、そのまま燃えるゴミに出しても良いので、後始末が抜群に楽です。

今回、ついでにオイルフィルターも買ってみました。
2017 04オイル処理3
299円の格安フィルターもあったのですが、品質不安があるので、ユニオン製にしたので475円。
それでも車用品店の半額に近いです。

オイルはいつものホームセンターのもの。
2017 04オイル処理5
3年前まではモービルのが4Lで980円でしたが、残念ながら値上がりしてカストロールのが1200円。
今回は軽自動車だったので、3L使いました。

交換道具は、40年以上の愛用品。
2017 04オイル処理4
金属工具は兎も角として、オイルジョッキが40年以上も使い続けられるとは思いもしませんでした。

交換後。
2017 04オイル処理6
今回オイル交換した軽自動車で、交換後3日たっていますが、オイル漏れ有無を含めて今の所順調です。
オイルフィルターも通販にしたので、オイル処理ボックスを使っても総額1600円程と寧ろ安くなりました。

世の中、正にデフレで非常にありがたいです。
そんなデフレの中、3月27日にテルミクラブが負債総額151億円で破産手続開始との報道がありました。
テルミクラブは格安旅行会社で、自分も昨秋にイタリア旅行で利用しましたが、航空券と宿と全食事付で、国内から添乗員同行で、更に全観光地入場料と全観光地現地人日本語案内もついて、8日間で10万円強と激安でした。
この金額はJTB等の大手の半額以下で、HISや阪急交通などの他の格安ツアー会社と比べても30%以上は安かったです。
報道によると、2014年から粉飾決算を繰り返す借金まみれの自転車操業で、旅行中の破産で帰国に難渋する1000人以上の最悪者まで出て、今回既に支払済み顧客は8万人以上で返金は望み僅かだとか、破産騒動の被害を受けずに超格安旅行出来た私は運が良かったです。

町なかから八百屋が無くなり、かっては安定業種と言われたガソリンスタンドまでもが減りつつあり、100均や激安店や各種通販が幅を効かせ、銀行金利はほぼゼロに。
25年程前のバブル時代の真逆でお値打ち品ばかりが目につきますが、やはり異常な世の中だと思います。

バブルがハジケた時と同じように社会大混乱が起きるんでしょうか??
格安への用心と覚悟を根っこに持ちつつも、何とか社会恐慌は起きずに、格安だけは続いて欲しいと願う〝身勝手な爺さん〟です。
2017-02-14 

足元の準備

2月早々の解禁で、今シーズンの渓釣りも幕が上がり、楽しい初釣の記事をアップされているベテラン釣師もおられます。
自分はと言うと、3月早々にも始めたいのですが、雪の状況次第です。
楽しみ迷っている中、そろそろ釣道具の準備も始めなければと、点検していたら水が温み始めてから使う鮎タビのフェルトが悲惨な状況でした。
20170208フェルト張替120170208フェルト張替2
土踏まずのあたりのフェルトは十分残っていますが、爪先とカカトの端の当たりは殆ど無くなってゴムが出て来そうです。
この鮎タビは2年前に1回目のフェルト張替をしていますが、2シーズンも使うと流石に駄目です。

靴底フェルトが薄く固くなると滑りやすいし、フェルトの端がメクレると引っ掛っての転倒リスクが高くなるし、ましてや釣行中に剥がれてしまうと歩く事すらままならなくなります。
足元確保が安全の基本と思っています。


そこで、時間のあるシーズン前にフェルトの貼り替えをしました。
今は、貼付方式では無くて嵌め合わせだけで張替えるタイプや、スパイクピン付で自分で貼り替えられないタイプもあります。
今使っているのは、自分でフェルトを切りだして、ゴム系接着剤で貼り付けるタイプです。
そんな貼り替えも、旧フェルトの上に重ね貼りする方法もありますが、自分は古いフェルトを剥がしてから新しいフェルトをブーツのゴム底に直接貼り付けます。

1年~2年毎に行っているフェルトの貼替えですが、毎年少しづつやり方を改良?しているので、今回のやり方を記録しておきます。

フェルトの貼り替えで一番時間がかかるのが、古いフェルトを剥がす事。
剥がし方も色々と試して来ました。
接着部を温めながら引き剥がすのは良い方法ですが、今回の場合は接着力が余りに強力で困難だったので、今年はカッターナイフで切り剥がす方法をとりました。
20170208フェルト張替3
時にはゴム底を僅かに切り取ってしまったりフェルトを残したりもしますが、数センチ切り剥がす毎にカッターの刃を折りとって常にシャープな刃面を使いながら、少しづつ根気よく切り剥がします。
フェルト内部にまで微細な砂が入り込んでいる為に、刃はあっという間に摩耗するのでコマメな刃先更新が必要です。

切り剥がしが完了した所で、残っている厚めのフェルトの端をメクリ上げて、プライヤーで挟み引張りながら、更に切り剥がします。
20170208フェルト張替420170208フェルト張替5
残っているフェルトは既にかなり薄いので、楽に引張れてカッターの刃もかなり正確に当てられます。

そんな風にフェルトを剥がしたブーツと剥がしたフェルト。
20170208フェルト張替720170208フェルト張替6
両足で、10本程の替刃と、2時間程を費やして剥がす事が出来ました。


フェルトは2年前の半端残りの通販購入の灰色のと、今回釣具屋で購入の黒色を片足づつ使う事にして、2年前に作った型紙を元に切り出しました。
20170208フェルト張替920170208フェルト張替10
灰色の方が毛の圧縮率が高そうで固目、黒色の方は若干柔らかく空隙率も高そうです。
今回は片足づつ使うので、どちらの耐久性が上で、どちらが滑り難いかも比較できそうです。
接着剤はゴム面との接着力を優先して、ゴム系接着剤でも粘度の低いタイプを使っています。

そして、接着に必用なブーツとフェルトを強く押し付けれるように、ブーツの中に丸めた新聞紙をギューギューと押し込んでおきます。
20170208フェルト張替1120170208フェルト張替12
このブーツの中に新聞紙を入れて、ブーツ自体をシャンとさせ、底も膨らませておく方法は、2年前から採用したやり方ですが貼付時に十分な力を加えられて良いです。
そのお蔭か、フェルトは擦り減っても、剥がれる気配すらなく2年間使えました。
また、今回からフェルトに接着剤を予備塗する方式を採りました。
ゴムとの接着性を重視して、粘度の低い接着剤を使っているので、接着剤がフェルトにドンドン浸透してしまう事の防止です。
フェルト接着面に薄く接着剤を塗って2時間ほど放置して、フェルト内部にボンドがどんどん滲み込んで固くなりすぎないように、フェルト表面に接着剤膜を作っておきます。

各々の前処理を終えたブーツのゴム底とフェルトに、接着剤をシッカリ均等に塗って、10分ほど放置して接着剤表面が乾いたら、圧着させます。
20170208フェルト張替1320170208フェルト張替14
接着と言っても半乾きの接着剤同志を押し付けて強度を出す圧着方式なので、ブーツのゴム底とフェルトをシッカリ押し付けられる様に梱包用テープで押し付けます。
この押し付けに使う梱包用テープは従来は布のガムテープを使っていましたが、今年から透明フィルムタイプにしました。
透明フィルムなのでフェルトとブーツ底面との圧着具合が透明テープを通して確認できるので、凄く便利でした。
圧着部が浮気味に見える時は、テープを貼り付ける際の張力を増したり、テープ本数を増やして調整が出来ます。

この後は、1昼夜放置して、接着力を安定させます。
20170208フェルト張替15
完成した鮎タビですが、端の隙間やメクレも無くて良さそうです。


2017-02-05 

格安スマホの経済性

漸く契約した格安スマホの使い勝手結果は少し前にブログアップしました。
格安スマホの契約 漸く   12月16日記事
格安スマホの使い勝手 格安スマホの使い勝手  1月30日記事
今回はスマホ関連の完結編で、実際の支払額から経済性についての結果です。

この手の事は何事も自己責任でやらざるを得ませんが、初めての実際の請求をドキドキしながら確認しました。
1月度の支払いは、僅か1405円でした。
20170205スマホ経済性1
1月の使用料は、1月の基本料金1250円と、スマホの無料電話が使えない固定電話などへの12月分有料電話代55円に消費税だけでした。
IT会社の〇〇紛いの内容では無くて、携帯電話の基本料金(1000円+300円)と見守りGPS料金(500円)より本当に安かったのは、ハッキリ言って嬉しい驚きでした。
ちなみに12月の3397円は、契約開始事務手数料3394円とユニバーサル費用3円です。

この結果から、我家は90歳超えのオオババ様は携帯電話のままですが、婆さんと娘はスマホに乗り換えて、ソフトバンクで月額6000円程の基本料を払い続けている婿さん迄も格安スマホに切り替える事になりそうです。

実は、今回のこのブログ記事作成も、試しに格安スマホを使って書いています。
スマホで直接書いているのでは無くて、スマホのデータ通信を使ったデザリングと言う方法で、スマホからWIFIを起動させて、パソコン(PC)で書いています。
20170205スマホ経済性2
PCでブログを書く程度なら、格安スマホからのWIFIで全く問題有りません。

スマホからのデザリングWIFIでの、この日のPCの通信速度を実際に計ってみました。
20170205スマホ経済性3
光ブロードバンド通信の1%の速度もありませんが、普通のインターネット利用には格安スマホからのWIFIで十分です。

ブログを書く程度だけなら、家の光通信の契約を解除して、スマホのデザリングWIFIだけでインターネットをすれば、更に年間数万円の節約になりますが、現実にはそうもいきません。
我家の固定電話は光電話になっているし、テレビもインターネットにLANケーブルでつないであり、ユーチューブや映画などのインターネット動画を見る事も時々は有るので、光通信の解約(節約)は簡単ではありません。
ただ、通信も確実に技術が進歩し、過当とも言える値引き競争も進んでいるので、今後が更に楽しみです。