2017-03-25 

コンビニ戦争

365日24時間営業のコンビニは全く便利です。
釣に行く時も、日釣券や餌なども現地のコンビニで買えるので、時間帯の心配も不要です。

そんなコンビニ、我家の500m距離に4店あり、1000m圏内だと更に増えて6店もあります。
都会の街中の様にビルや家がビッシリ建っているのでも無く、田や山林が散在する田園風景が残る地ですが、コンビニは超過密です。
そんな我家近くのコンビニたち。

①デイリー
デイリー看板デイリー店
元々は古くからの八百屋さんの次男さんが始められたコンビニで、地域では老舗です。
流行っていたのですが、無休営業は辛いと2年前に退かれ、今はデイリー本部直営店です。

②セブンイレブン
711看板711店
地元の方が、食堂を始められていたのですが上手く行かず、コンビニに建替えられました。
関東・東北から始まり展開していたセブンイレブンですが、尾張地方では早い方のセブンイレブン店だったと思います。

③ファミリーマート
ファミマ看板
近くでは最も早く出来たファミリーマートで、道路拡張で出来る大型交差点に取り付ける大型歩道橋建設に伴って店舗や家が用地買収されて出来た交差点角の更地に建てた店です。
今では、この後に述べる理由で若干厳しい状況です。

④ファミリーマート
ファミマ看板 (2)ファミマ店
道路建設に伴う大型交差点で土地収用された方が、交差点角地に建てた店です。
実は③のファミリーマートと交差点角向かいになるので、サークルKで始められました。
が、サークルKがファミリーマートに吸収されたのに伴って、今年2月からファミリーマートに看板を替えました。
その為に、今では交差点を挟んでファミリーマートが2店あり、当然、商品も価格も全く同じで競争しています。
③のファミリーマートが大型歩道橋の影になるのに対して、この店は交差点4方向のどちらからでも直ぐに認識出来て、駐車もし易いので、客を集めています。

⑤サークルK
サークルk看板サークルk店
片側2車線道路同士の三叉路交差点で、高額な土地の固定資産税だけを払っていてもと、回転寿司チェーン店を始めて相当の集客をしていたのですが、大手100円回転寿司台頭に押されるように閉店した後に出来たお店です。
サークルKはファミリーマートに買収されたので、サークルKの店入口看板の下にはファミマ商品の横断幕がかかり、商品もファミリーマート商品に入れ替わっています。
1㎞圏内にファミリーマートが3軒になるのも時間の問題でしょう。

⑥セブンイレブン
711上ノ山看板711上ノ山店
5~6階建ての大型アパート3棟の横に建てられたコンビニで、10年程前まではミニストップ?だった記憶です。
ミニストップ?が経営に行き詰まり廃業してから程なくして、セブンイレブンとして再開店しました。
駐車場が狭いので苦戦しています。

⑦ローソン(1.5㎞地点です)
ローソン看板1ローソン店
元々は地元の人が食堂を経営していたのですがナカナカ難しく、廃店舗になっていました。
そんな中、数年前にローソンとして新店舗を建てました。
若い人が一生懸命に頑張って、地域では一番客扱いは上手いのですが、何せこの地域で最後の出店で、同じ道路沿いの同じ側の400m程の距離にセブンイレブンがあるので厳しいかも知れません。
昔、ローソンは我家の500m圏内に1店舗ありましたが、近くのデイリーとやークルKとの争いに負けて廃業し、今はバイク屋になっています。
ローソン看板2
更にもう一つの火種が、同じ道路沿いの反対側の500m程離れた場所にあるミニストップ。
昨年からローソンとミニストップの統合の噂が出ているので、一つ間違うと近くにローソン2店舗になるかも知れません。


近隣にコンビニが沢山あって選り取り見取りは買う側には非常に便利ですが、相続税対策で多くの投資がなされ、出来た貸店舗に多くの脱サラ組が追投資して、廃業したり、オーナーが代わっていって、抵当押えされて先祖の土地を失ったり、借金だけが残ったり。
確実に利益を上げているのはコンビニ本部と不動産業者。
1983年に「セブンイレブン残酷物語」と言う本が出版されていますが、甘くは無い業界です。

もう一つの問題は、非常に便利なコンビニに客が奪われるのは当たり前と言う現実です。
地元の食料品店は2店が廃業し、遂には農協スーパーまでもが一昨年に閉店して、徒歩圏の生鮮食料品店は全滅しました。
コンビニで出来立て惣菜含めて買えるので移動手段の弱い方にも致命的にはならないまでも、生鮮食料品は車で買い物に行かないと手に入らなくなりました。
そんな状況なので、車を運転しない人のために移動販売車が来るかと思いきや、一部のコンビニで殆どの生野菜が手に入る様に売場を広げ、獣肉加工品や魚肉加工品の販売種類までも倍増して、客を集めています。

土地や資金の運用ノウハウのない地元民の逃げ場として、単身世帯が増える世の中で、功罪織り交ぜながらもコンビニは活躍しています。

(昨年から、コンビニ珈琲とコンビニスイーツに嵌っているので、機会があればそんな話題も。)


2017-03-18 

春の動物園

春めいてきて、ノンビリとした外遊びの季節になると訪れる動物園。
名古屋の東山動植物園は東京-上野動物園に次ぐ国内第2位の入場者数で、一時期のブームが落ち着いたが北海道-旭山動物園も押える年間入場者数は約250万人。
雨の日も風の日も、真夏の炎天下も真冬の寒風の中でも、平均して一日7000人が訪れている動物飼育種類日本一の動物園です。
残念ながら鳥インフルエンザの感染鳥類が見つかり、昨年12月中頃から休園していましたが、今年1月中頃から再開園しています。
また、 大成功した旭山動物園の例に習ってか、2010年より「東山動植物園再生プラン」として、身近な展示方法等にも取り組んでます。

動物園を訪れるとまず目に付くのがスカイタワーとボート池。
20170318動物園1
今やスッカリシンボルタワーになっていますが、開業当初はレストラン優先で展望室が僅かと悪評タラタラでしたが良くなりました。

20170318動物園220170318動物園3
20170318動物園420170318動物園5
最近の動物園の傾向で、客が見易いように様々な工夫が。
パンダのいない東山動物園のアイドルのコアラはガラス張舎で客のすぐ横の止まり木にいて見易く、キリンは客とを隔てる空堀のすぐ脇のクレーンで餌をやるのでムシャムシャという音まで聞こえて来ます。
ユキヒョウは通路の上まで斜めに檻を延伸し客はユキヒョウを下から眺められます。
ジャッカルなどの小動物も細いワイヤーネットの檻なので鉄棒の邪魔無しに見られます。

ライオンは50年以上前から掘りで隔てて、檻に邪魔されずに見れる様にはなっていましたが、掘りの幅があって、ライオンも遊び場の一番奥に居るので、小さくしか見えませんでした。
20170318動物園620170318動物園7
それが、数年前から掘りに橋を渡し、人間がライオンの遊び場の中に入れるようにして、強化ガラスで人とライオンを隔て、更にガラスの真横に餌場を設け、給餌時以外でもライオンがガラス横に来るようにその地面を温式にしたので、ライオンはガラスの脇で寝そべり、間近に見られます。

小人カバやワニ等の動きが鈍く跳躍力の無い動物は、人の3m位下に隔てるもの無く展示してるので、皮膚感も生々しく見れます。
20170318動物園820170318動物園9

そんな風に、展示工夫もされ、動物も快適そうな動物園はお気に入りです。
そんな動物園ですが、「東山動植物園再生プラン」も2期工事に入った為か、少なくとも爺婆や子供には非常に残念な事になっていました。
動物園の飲食店がコトゴトく撤去されていました。
園内に十カ所以上あった売店で調理し売られていた、たこ焼・ミタラシ・焼きそば・肉まん・おでん・ソフトクリームなどの祭り会場にある様なお店が皆無になり、名古屋名物きし麵などの長年あった露天風の店は全くゼロになっていました。
替りに出来たのが、ピザやバーガーやケバブライスやロコモコやオムレツやパスタ等々のレストラン。
昔からの丼に入った素きし麵は、洒落たボールに入ったトマトタンタンきし麵と言う気取った食べ物に化けてしまいました。
20170318動物園11
屋外のベンチの数も減ってしまい、動物の姿をみながら、声を聞きながらの買い食いがしにくくなってしまいました。
450円のコアラアイスより200円のソフトクリームでしょう。
500円のハンバーガーより150円の肉まんでしょう。
ましてや最高11000円ものフルコースや、3500円ものランチよりは、屋外で食べる幕の内弁当でしょう。
年配の人はどうしようかとカウンターの前で困っているし、それらのレストランのテーブルはお昼時でもスキスキです。
この状況を知っている人は、コンビニ袋に団子や弁当やオニギリを入れて持参し、屋外ベンチやテーブルで家族笑顔で食べています。

そんな中で、散々探して見つけたたこ焼とみたらしの店。
20170318動物園12
屋台は駄目な様で、移動販売車3台が園内に入って売っていました。
園内地図にも載っていない、この屋台車の周りにだけは人が集まり、行列をつくり、陽光の下で楽しげに買い食いを楽しんでいました。

お祭りに屋台がつきものの様に、動物園には日本の食べ物を売る露店がつきものと思うのは年寄りだけでしょうか?




2017-03-06 

ヒナミッド

3月4日にヒナミッドを観て来ました。

今年は、年明け早々から色々な出来事があり、それらの忙ししさに取り紛れてお雛様を出さずじまいでした。
替りと言っては何ですが、瀬戸市の「瀬戸蔵」で飾られているヒナミッドを観て来ました。
2017ヒナミッド1
高さ4mのピラミッド型の巨大雛壇で、ヒナ人形とピラミッドの”アッポーペン”でヒナミッドです。
そして瀬戸ですから、雛人形は陶磁器製かガラス製です。
こういうデッカイ飾りを見れば、家の雛飾りが出されなかったモヤモヤが晴れてくれるんですから可愛いものです。

ヒナミッドを観に来た「瀬戸蔵」には、も一つの目的がありました。
この日は「講座成果発表会」が瀬戸蔵のホールで催されていました。
市民講座は、ある程度のレベルの人が集まった趣味クラブ以前の、講師から基本を教えて貰う為の教室といった所でしょうか。
我家のバアサンも、市民講座3つとバトミントンクラブを掛け持ちで遊びまくっています。
今迄、そんなバアサンの発表会や試合を観には行った事が無かったのですが、今回はヒナミッドで瀬戸蔵に行ったツイデと言ってはいけないかも知れませんが観て来ました。

展示発表から舞台発表まで色々ありましたが、舞台発表が面白かったです。
2017ヒナミッド22017ヒナミッド3
2017ヒナミッド42017ヒナミッド6

詩吟講座の皆さんは、歌謡詩吟をリズミカルに朗朗と。
ゴスペル&ポップ講座の皆さんは、映画「天使のラブソングを」の劇中歌”オー・マリア”をノリノリで歌っていました。
太極拳講座の皆さんは、呼吸を整えながらユッタリと。
ウクレレ講座の皆さんは、開講して一年の初心者集団が楽しげに演奏していました。

そんな中、やはりフラダンス講座は人気の様で大勢で、2講座がそれぞれに発表していました。
2017ヒナミッド5

どの講座も圧倒的に女性が多く、中には90歳に届いているのでは思われる女性まで居ました。
フラダンス以外は若干名の男性も混じっていましたが、何といっても女性が文化教室の中心。
市民菜園が男性中心なのと対照的ですが、歳を重ねても元気な女性達が輝いていました。

そんな、講座成果発表会の様子を動画にまとめてみました。
時間がある時に、優しい気持ちで見ると面白いです。
2017-02-26 

ライブカメラ

便利な世の中で、居ながらにして様々な時々刻々の情報が得られます。
そんな中で、各地のライブカメラも実に便利です。
ライブカメラを探す時のいつものサイトがこれです。「ライブカメラジャパン」

グーグルマップのストリートビューと、各国各地のライブカメラを使えば、自宅に居ながらに日本中/世界中が旅できる便利な世の中です。

そんな情報化社会でも、特にこの季節になると気になるのが、釣場付近の積雪量。
前述の「ライブカメラジャパン」から辿り着いた国道153号線沿いの積雪状態。
左側が2月15日で、右側が2月25日です。

根羽村(長野最南の村 標高900m)
20160226ライブカメラ0215根羽村20160226ライブカメラ0225根羽村

平谷村(愛知河川と長野河川の分水嶺の村 標高900m)
20160226ライブカメラ0215平谷20160226ライブカメラ0225平谷村

売木村(長野南の天竜川水系入口の村 標高900m)
20160226ライブカメラ0215売木村20160226ライブカメラ0225売木村

冶部坂峠(名古屋から伊那谷に降りる峠 標高1200m)
20160226ライブカメラ0215冶部坂峠20160226ライブカメラ0225冶部坂峠

飯田市遠山郷(長野南部付近の山 標高1000m)
20160226ライブカメラ0215飯田市遠山郷20160226ライブカメラ0225飯田市遠山郷

この十日間で雪は相当に融けているのが良くわかります。
この分なら、この付近の源流も日陰に雪が残っているだけで、林道含めて大半は土が出ていそうです。
昨年は2月28日に雪が降りましたが、今年は降らぬことを願いつつ、2月末頃に釣場の様子を見がてら山間の古老から今期の予想話を聞いて来ます。

2017-01-03 

新春

今年も穏やかに年が明けました。
2017 新年1

今日は既に正月3日。
1日は例年通りに、家族で雑煮を頂き、お墓に行って手を合わせ、菩提寺に年頭の挨拶に行き、帰りには氏神様に初詣。
2017 新年2

初詣の行列に並んで年頭祈願。
2017 新年3
皆さん、穏やかな眼差しで柏手を打っていました。

初詣から帰宅すると年賀状が届いており、旧知の方々の様子を拝読しながら、懐かしい顔を思い浮かべていました。

変わり映えのしないお正月ですが、今年も平和で豊かな社会の一員として迎えられて、ありがたい事です。


鶏
上の写真は、酉年生れで今年が満96歳の年男だったはずの親父が気に入っていた絵皿です。
2005年に85歳で他界した親父でしたが、終戦を陸軍のマルレ攻撃兵学校で迎え、親父から戦中の話をよく聞かされながら自分は育ちました。
そんな親父の青春時代とは真逆の、豊かで平和な新年を迎えることが出来る事に改めて感謝しながら、風見鶏の絵皿を飾りました。