2017-10-17 

セラミックパークMINO

先日、美濃焼の東濃に棲んでおいでの釣お爺さんが「国際陶磁器フェスティバル美濃17」を記事にして見えました。
陶磁器フェスティバルにも興味があったのですが、会場の「セラミックパークMINO」自体と、「現代陶磁器美術館」の浦上親子コレクション展も非常に面白そうでした。
東濃には隣接した尾張東部に住んでいるので、セラミックパークMINO迄は高速利用で自宅から20分程で行けるのですが、今迄はその存在を全く知りませんでした。

東海環状自動車道のICを降りて直ぐの、交通の便の良い山間にありましたセラミックパークMINO。
道路から見える大きな看板を目印に駐車場に入りました。
2017 10 17MINO112017 10 17MINO12
看板には大きく「セラミックパークMINO」の文字が・・・。
つまらない事にこだわりますが、自信を持って「美濃焼公園」とか「美濃焼の里」とでも名付ければ良いと思うんですが、焼物をセラミックと言い、美濃をMINOと表すのは残念な事と思います。
そんな爺さんの繰り言は横に置いておくとして、駐車場からセラミックパークMINOの建物までは200M程の渡廊下と歩道トンネルで結ばれていました。

歩道トンネルを抜けた先のセラミックパークMINOの3階になるエントランスから見える景色です。
2017 10 17MINO13
セラミックパーク何ぞと言う横文字とは無縁の、山々に囲まれた隠し里風の演出でしょうか。
何となく陶芸の里の雰囲気で、イイ感じです。

建物も自然に溶け込む事を重視して建てられていました。
2017 10 17MINO142017 10 17MINO15
先般紹介した豊田市美術館とは対極の、空間演出に十分に配慮した贅を凝らした素晴らしい建物です。
岐阜県や多治見市が、伝統的な陶磁器産業に託そうとしている意気込みが伝わってきます。

そんな3階から入場した建物の1階で「国際陶磁器フェスティバル美濃`17」が開催されていました。
2017 10 17MINO21
最初は、この入場料800円の国際陶磁器フェスティバルだけを見るつもりで来たのですが、行く途中の2階で催していた岐阜県現代陶芸美術館の催事が非常に面白そうだと言う事で1500円の7館共通入場券を買って寄り道する事にしました。

現代陶芸美術館でやっていたのは、山口県萩から招いた「浦上親子コレクション展」。
2017 10 17MINO41
山口県萩の実業家が集めた東洋陶磁と浮世絵、その息子の日本橋の古美術商が集めた北斎漫画。

残念ながら、写真撮影は出来ないので、作品写真はインターネットからの借物写真ばかりですが・・・。
陶磁器では上の写真の右上にある唐三彩の器コレクションが素晴らしかったです。
変な言い方ですが、今迄に良く目にした唐三彩の馬などはなるほど程度だったのですが、今回の皿や壺は見事でした。

そして浮世絵。
2017 10 17MINO42
江戸末期から明治にかけての見事なコレクションで、今回は間近で見る事が許された展示だったので素晴らしく感動しました。

そして、北斎漫画。
2017 10 17MINO43
実に活き活きと細密に描かれていて、昔の人のセンスと技に驚くばかりでした。


そんな歴史的な美術品を観た後に、1階で開催の「国際陶磁器フェスティバル美濃`17」へ。
歴史的な名品を観た後だけに、見る目が厳しくなります。
最優秀になるグランプリは該当無しとの事でしたが、金賞は2作品が選ばれていました。
2017 10 17MINO232017 10 17MINO24
オブジェと言うんでしょうか、日本人と中国人の作品でしたが、自分には良く分りません。


デンマークのお二人の入賞作品。
2017 10 17MINO252017 10 17MINO26
透明感があって、好きです。

韓国のお二人の入賞作品。
2017 10 17MINO272017 10 17MINO28
デンマークの方と似ていますが、磁器の透明感とフォルムが何ともマッチして良かったです。

そして、日本の美濃の窯元“深山”のデザイナー松田さんの入賞作品。
2017 10 17MINO29
オブジェが幅を効かせている中で、テーブルウエアで堂々と勝負の潔さも秀逸です。
深川製磁の瑠璃とはまた違った深みのある青と、シンプルなフォルムが醸し出す素朴さが好きです。
こんなデザイナーが報われる、そんな会社が伸びると良いですね。

難しい芸術は分らないので、クラフト的なものに惹かれますが、それは浦上親子コレクションにも息づいていたものです。

そんな多くの陶磁器や絵を見た後に美術館ショップを覘くと、気に入った飯碗がありました。
値段もワンコインでお釣りがくる庶民価格。
2017 10 17MINO922017 10 17MINO91
透明感のある白磁に転写染付。
ハマの深さと形状も手に馴染みます。
良いなと思ってハマ印を見ると「光峰」の字が。

この光峰の食器は数年前からのお気に入りで、マグカップ,スープカップ,小丼と我家のお気に入りで、家族分を次々に買い足して使っています。
2017 10 17MINO932017 10 17MINO94
最初は柔らかい透明感の素地色、そして、花唐草とでも呼ぶんでしょうか、マイセンのブルーオニオンと比べると優しい感じの絵柄、そして何より、シンプルなフォルムが気に入りました。
実際に使って見ると、デザインだけでなく、安定品質/軽さ/強度と言った技術的裏付けも素晴らしいです。
更に、ロングセラーなのか、庶民価格の割に、何年も同シリーズが買い足せるのも魅力です。
窯元の正式屋号は知りませんが、非常に好きな美濃焼です。

一方で、“せともの”の瀬戸は陶磁器産業の地位は自動車産業などの現代産業に、すっかり取って代わられています。
磁器ヒューズボックスの会社は配電盤会社に変わり、汽車土瓶の会社は樹脂成型会社に変わり、煉瓦会社はゴミ焼炉会社に変わったりして、陶磁器産業とは様変わりです。
一方で、碍子会社がアルミナ基板会社になったり、洋食器会社が単結晶焼成会社になったりして広い定義での窯を今も使っている会社も残ってはいますが、食器や壺や陶人形などの伝統的窯を使う産業は極僅かになってしまいました。
一方で、「セラミックパークMINO」では名前はともかくとして産官が力を合わせて頑張っている情熱が感じられ、この先も伝統産業の暖かい火を消す事無く守っていけそうでした。

7館共通券のうちで、今回は2館だけを観たので、残りの5館も回りたいと計画しています。
2017-09-29 

安旅

今年は家族に出産があったので、遠くに遊びに行けませんでした。
その新生児も無事に110日を迎え、首も据わりだして来たので一段落。
若夫婦から遠出のお許しが出たので検討しましたが、予算的には結構厳しいです。
旅館に泊まれば1泊2食付で1.5万円程するし、高速道路も休日特割が無くなったし、JRも東京までですら往復2万円します。
ツアー旅行も近場の黒部立山2泊3日4食付ですら7万円に近くて厳しいです。

そこで、あれやこれやと検討した末に決めたのが、都市人口では東京,デリーに次いで世界三番目の上海。
(上海は正式都市戸籍の人口だけで、戸籍を貰えない気の毒な闇人口を入れると、実質は世界一の様です)
朝出発夜帰着の2泊3日全9食付のシェラトンホテル2連泊で、デイナーショーまで付いて3万円以下。
中部国際空港利用料2500円程と上海空港利用料1500円程に、空港までの往復電車賃3000円程を加えた、完全込々でも3.6万円程と近場の国内旅行の半額程度です。
反日が顕著になっている中国/韓国は心情的には避けたいのですが、安さに引寄せられる軟弱さで、9月下旬に行ってきました。

そんな安旅行が、ホントにお値打ちなのか?

先ずは飛行機ですが、何かと評判がよろしくない中国航空。
170928上海13170928上海12
3流航空会社にボーディングブリッジ枠は無くてバス搭乗で、シート間距離が若干狭かったのですが、名古屋からは沖縄と同じ1500㎞程と2時間半程の飛行時間なので問題ありません。

次にホテルは、シェラトン上海外高橋。
170928上海21170928上海22
さすがシェラトングループで、地上40階建て程の高層ホテルビルの部屋は清潔で快適でした。
また、レストランなどで働く外国人も控えめで良かった反面、フロントなどの中国人はエリート意識が強いのか横柄でした。
外資系の5つ星ホテルで働く中国人は一目置かれて当たり前の社会なのかも知れません。

食事は全9食付。
170928上海31170928上海32
 1日目朝食(機内食)             1日目昼食(中華麺料理)
170928上海33170928上海34
 1日目夕食(北京料理 北京ダック)    2日目朝食(ホテルバイキング)
170928上海35170928上海36
 2日目昼食(無錫料理 スペアリブ)    2日目夕食(四川料理)
170928上海37170928上海38
 3日目朝食(ホテルバイキング)       3日目昼食(点心料理)
170928上海39170928上海30
 3日目夕食(機内食)             中国人の食事跡
日本旅館の豪華懐石料理とはいきませんが、2回の機内食含めて、日本人の口にも合う満足な料理でした。
相当に辛いかなと心配していましたが、外国人の口にも合うようにした観光者用料理で良かったです。
最後の写真は地元中国人の食事跡ですが、種や骨などは口からペッペと掃き出すし、下に料理かすを落とすなどは当り前で、食事跡は凄まじい散らかり様でした。
日本人の食事跡のテーブルクロスはそのまま使える程なのと対照的です。
これは中国人の民度が低いと言うよりは習慣の違いで、日本人が豪快な音を立てながらソバをすするのと同じでしょう。

ツアー組込みのディナーショーは変面ショー。
170928上海41170928上海42
伝統的な中国舞踏というよりは、新考案のマジックショーでしょうが、10種ほどの顔を繰り返し変えていました。
衣装と京劇メイクは中華情緒満載で、オモシロかったです。

別料金になりましたが、上海雑技団も観て来ました。
170928上海43170928上海44
場内は暗くてフラッシュ禁止なので、動きのある出し物の写真は撮れませんでしたが、最高のショーでした。
恐らく、今迄観た中の最高のサーカスで、ボリショイサーカス名古屋公演やシルクドソレイユ名古屋公演より良い出来でした。

観光巡りは上海市と無錫市と蘇州市。
170928上海51170928上海52
170928上海53170928上海54
170928上海55170928上海56
日本でも数々の名曲の舞台になっている街々です。
井上陽水さんのなぜか上海の異国情緒の音階が思い出されます。
無錫といえば、尾形大作さんが歌った“無錫旅情”でしょうか、なんとも調子の良い歌でした。
蘇州といえば、何年か前に高畑充希さんが「ごちそうさん」で歌った“蘇州夜曲”の哀しげな歌声が耳に残っています。
観光客が下車して観光する場所は、非常に綺麗にしてあって、道路舗装面なども日本と同じに凹凸も殆ど無く、水溜りも出来ていない施工で近代国家の様相です。

一方で、数十メートルだけ観光ルートを外れただけで、
170928上海71@170928上海72@
ビルの雨水排水が歩道に放流されて人は歩けないし、地元民の食堂はヒドク汚くて、屋根の上には配線で余った電線が丸めてそのまま載せてあって感電しないのが不思議です。

上海の街の高層ビル数はニューヨークマンハッタンを抜いて世界一との現地添乗員説明でしたが、自分の眼で見ても先端が雲に隠れた高層ビルが林立して、日本の東京が比べ物にならぬ超高層都市でした。

今回の3日間の中国旅行中もブログ閲覧をしようとしたのですが、FC2,YAHOO,楽天のどのブログにもアクセスできず、グーグルマップも見れず、グーグルやヤフーの検索も出来ませんでした。
共産党の怖さを改めて感じさせました。



生憎の雨でしたが、異国情緒も相俟って、楽しめた3日間でした。
費用対満足度を考えると、やはり、海外安旅行の方が倍以上にお値打ちです。

今回のツアー参加者は全部で17名でしたが、還暦前の人は5人だけで、最高齢も90歳とリタイヤ組が圧倒的でした。
今回のツアー旅行も、日本出国口から上海出国口までの全工程に案内ガイドが付いた安心旅で、年寄り天国でした。
2017-09-11 

豊田市美術館

直ぐ近くで有りながら、今迄行った事が無かった豊田市美術館に行って来ました。

ここが、豊田市美術館の正面です。
170910豊田市美術館11
実にトヨタらしい建物です。
悪意を持って表現すれば、美術館らしからぬ倉庫の様な建物です。
トヨタ自動車が関わった大きな建物としては、名古屋駅前の230mの超高層ビルでトヨタの旗艦ビルとも言えるミッドランドスクエア、伊勢湾に浮かぶ中部国際空港ビルなどが上げられます。
いずれも無駄な金を掛けずに、機能と低コストと見栄えの現実的接点を探った建物です。
トヨタ自動車の車は、丈夫でお値打ちで見た目も悪くは無いのですが、今一面白味には欠けるのと同じです。
豊田市美術館もミッドランドスクエアも中部国際空港ビルも、トヨタ自動車が建てたのでは無いですが、企画段階からトヨタ自動車の役員レベルを送り込んでかかわって作った建物です。
トヨタ自動車が単体で作ったビルとしては、今も豊田市にある地上14階建て本社ビルがあります。
確かに立派なビルですが、これが世界に冠たるトヨタ自動車の本社?と思うばかりの、普通のビルです。
未だに、本社を創業の豊田市に置いている事と言い、見掛けの派手さより効率をとるトヨタ自動車らしいです。

建物の話が長くなりますが、トヨタ自動車が関わっていれば、東京オリンピックの新国立競技場の白紙撤回や、各会場の建設費問題や、豊洲市場の右往左往もこれ程に情けない浪費行政には成らなかったと思います。
愛知万博何ぞは、トヨタ自動車が役員レベルを送り込んだ結果、施設とイベントに巨費投入主張の境屋太一は排除され、入場者2200万人と60億円の黒字で幕を閉じ、万博跡地の地球博記念公園は今でも年間150万人もの来場者を集めています。

この豊田市美術館が立っている場所は、挙母城(ころもじょう)があった高台に建てられています。
170910豊田市美術館12
美術館敷地から遠望すると、長野から流れ三河湾に流れる矢作川の脇に作られたサッカー場トヨタスタジアムも眼下に見えます。

大きな駐車場は平日にも拘らず多くの車を集め、城跡にはかっての挙母城の隅櫓も再建されています。
170910豊田市美術館22170910豊田市美術館13

この日は、奈良美智の特別展をやっていました。
170910豊田市美術館31
常設展の入場料は300円で、特別展も観ると1500円と言う事でしたが、現代アートと言う事もあってか多くの若者で賑わっていました。

とは言うものの、爺婆が豊田市美術館に来た一番の目的はランチでした。
この豊田市美術館には、”テラス”と言うレストランがあります。
そのレストランは美味しいと評判の”ホテルトヨタキャッスル”の直営店で、格安料金でランチが食べられるという事す。
170910豊田市美術館51
11:40分にお店に入ったのですが、待ちリストにはズラッと名が並び、長蛇の列が並んでいます。
結局30分程も並んで、漸く席に案内されました。

170910豊田市美術館52170910豊田市美術館53
値段が安いので、最低品数のランチコースでしたが、メインディッシュの味は最高でした。
久しぶりに高級料理を食べた感じで、大満足のランチでした。

さすがトヨタ自動車のお膝下、豪華絢爛では無いのですが、質実な美術館とランチでした。

トヨタ自動車の社風を褒めちぎりましたが、ボルボは2年先にはガソリン車の販売を止め、フランスは2040年にはガソリン車/ディーゼル車の販売を禁止するとか。
遠くは無い将来に到来が確実になった電気自動車時代に、ハイブリット含めたガソリン車のトヨタ自動車が世界一でいられるかは相当に疑問ですが、準地元としては頑張ってと願わずにはいられません。
2017-09-02 

H18年式

いよいよ平成18年式の軽自動車ワゴンRの車検を受けました。
170902車検1
この軽自動車既に11年乗って、走行距離も8万㎞なので買い替えの予定でした。
が、5月の記事方針変更の通りで、寿命が来たタイヤを4本工賃込で17000円、ガソリン特別値引券、車検基本費用を9000円にするとのガソリンスタンドの甘い言葉に乗せられて、5回目の車検を受けて13年間乗る事にした車です。

車検期日が迫って来たので、ガソリンスタンドで車検前簡易点検~本見積りを取ってみました。
立会で点検したのですが、流石に11年選手なので、各部に不味い状態が見つかりました。
大半の整備は自分でやるとして、1mmしか残っていないブレーキパット交換や、ヒビの入ったベルト類交換、割れているボールポイントブーツ交換などの整備はお願いするしかありません。
それらを含めて見積もりを出して貰うと、自賠責/重量税/車検印紙などの公的諸費用33000円程に、車検工賃9000円、整備費60000円と、自己整備分を含めずに合計10万円程とガソリンスタンドの安さは見かけ倒しになってしまいます。

こりゃ変だと、見積もりをヨクヨク読み込むと、工賃が通常の2倍ほどです。
何故高いのか突っ込んでも、まともな返事が貰えません。
そう言えば、そこのガソリンスタンドで分解整備している姿を見た事が無いのに気付いて、その点を尋ねると、”実は分解整備する内容は整備工場に外注に出す”との事。
結局、整備工場への支払いと、自社マージン確保で、整備工賃の2重取りをしているのです。
コスモ石油の直営店なので信用していましたが、技術力も無く、実価格も高い事がハッキリ分りました。

しかし、今回の見積もり点検でピットアップした車を、整備士とは言えないガソリンスタンド店員と共に自分の目でも確認したので、大丈夫な点や駄目な点も大凡把握できて、資格整備士による分解交換必要箇所が分かって良かったです。


今更ですが仕方なく、近辺では安くて、今年も別の車が1台お世話になっているオートバックスの車検を受ける事にしました。
オートバックスの当初見積金額は、お勧め整備含めて15万円程
此処から、不要項目や節約可能金額を削って行きます。

エンジンオイル交換関連で6700円見積もり。
170902車検33
自分で交換整備して、通販購入部品代1300円。

ブレーキフルード交換関連で5400円見積もり。
2年前に自分で全交換済なので中止。

エンジン冷却液交換関連で6200円見積もり。
170902車検32
自分で交換で、通販購入部品代600円。

オートマフルード交換で7000円見積もり。
液量と色調に問題なく、出力も良いので中止。

下回りの防錆で3700円見積もり。
自分で下回り確認して、傷や錆兆候は無いので中止。

エアーエレメント交換で1500円見積もり。
自分でエアーダスター清掃して無料。

エアコンフィルタ交換で4000円見積もり。
自分でエアーダスター清掃して無料。

バッテリー残量56%測定値の為に、バッテリー交換で10800円見積もり。
170902車検31
自分でバッテリー交換で、別途購入の通販購入部品代2600円。

車検を通すための整備で、ヘッドライトポリッシュ3200円見積もり。
170902車検41170902車検42
車検の検査機で使う光軸調整マーカーがレンズ曇りで見えない為に車検NGになるとの事なので自主整備で、別途購入のヘッドライト研磨剤500円。
実際に買って、ライトポリッシュして分った事だが、塗装の仕上げコンパウンド剤を使ってヘッドライトポリッシュは出来る。

スパークプラグ交換で7500円見積もり。
自分で分解確認して全く問題無いので、一応は清掃して無料。

発煙筒の期限切れ交換で650円見積もり。
LED非常信号灯を保有しているので不要。

車検リピート割引1000円。
車検期限1か月前割引1000円。

最終的にオートバックスの11年間使用車の車検費用は85000円

今年5月の別車の車検は、初回車検に重量税エコカー無税などの各種割引が重なって38000円程で済んだのに対して、47000円余りも出費増でした。
11年も使った車の為に、プロの交換整備に3万円以上を掛けたのと、エコカー減税の特典が無かったのが痛かったです。

<整備士による交換整備>
①ブローバイガスパッキン交換。
ピストンの隙間から漏れ出したガスを抜くための管のパッキンで、劣化してエンジン表面に僅かずつ油が滲む状態だったので交換。

②リヤハブロックナット更新。
170902車検61170902車検62
後輪ブレーキドラムを外から固定ずるためのナットで、スズキの場合はカシメて緩みを防止するので、更新せざるを得ません。

③ブレーキパッド交換。
170902車検63170902車検64
前輪ブレーキの機能部の厚みが2mmを下回ったので交換せざるを得ません。
普通はブレーキが鳴きだしてから交換すれば良いのですが、スズキのワゴンRは鳴かせるための銅板がついていない廉価ブレーキパッドなので交換した方が無難です。

④フロントロアボールジョイントブーツ交換。
170902車検65170902車検66
前輪タイヤ取付部の歪みを吸収する為の球状接続を保護する為のグリスを詰めたブーツで、破れていると中のグリスが流れて、球状接続部も擦り減って、ギシギシ音が出だすので交換です。

⑤ベルト交換。
170902車検67170902車検68
ウオーターポンプを回すファンベルトと、エアコンポンプを回すエアコンベルトで、多数のヒビが入っているので交換せざるを得ません。


タイヤ含めて此処まで部品交換すると、2年後の13年目の車検も通したくなりますが、重量税も1000円強の懲罰的値上げがあるし、10万キロ走行に近くなってリアブレーキシリンダやマチックフルードやタイミングチエーンも怪しくなって来るし、燃費も今の省燃費軽自動車の70%位しかないしで、更に6回目の車検を受けるか迷う所です。

一方で、今迄にオートバックスで10回以上も車検を受けていますが、オートバックスの社方針変更/フランチャイズ運営法変更があったのではと感じています。
売上を上げないと困るんでしょうが、何でもかんでも交換したらどうかと勧める姿勢が増しました。
また、この夏から400円を払わないと、車検証の郵送もしないと変更しました。
更にオートバックポイントも年内で廃止し、Tポイントだけに変更するそうで、今迄の各種プレゼントポイントも中止になる様です。
瀬戸市では一昨年にイエロウハットが撤退したので、市内では唯一残ったカー用品店のオートバックスですが、客の入りは今一つです。
ディーラーより安売りでカー用品店が栄え、カー用品店より安売りでホームセンターのカー用品売場が大きくなり、ホームセンターより安い通販が伸びて、特に通販ではカーアクセサリーばかりかタイヤや交換部品まで底値で買える時代なので、カー用品店自体が存在意義を失いつつあります。
そんな中で、カー用品以外の、車検でも、修理でも、車買い取りでもと、何でもやりはじめて生き残りを計って来ましたが、更に、落ち穂を拾うように売上を上げないと会社を維持できないんでしょう。
厳しい経営環境のオートバックスですが、内容の割には安い車検なので無くなると困ります。
「加油、澳徳巴克斯!」。
2017-08-18 

盆の仏事

この一年間も家族全員が元気で、初盆になる事も無く、無事に過ごせたことを感謝しつつ、ご先祖様を迎えるお盆が終わりました。
お盆の仏事と言っても特別な事がある訳ではなく、毎年同じような事をしているだけです。
が、地方毎に新暦盆や旧暦盆の差や、お盆期間も3日間や4日間の差もあるようです。

日本中が同じ時期に似た様な事をする。これって、結構すごい事だと思います。

尾張東部の当地でのお盆は、俗に月遅れの盆とも言われる、8月13日から15日です。

当地でのお盆の仏事のスタートは、7月下旬の“お施餓鬼”。
施食会とも言いますが、お世話になっているお寺様毎に、全部で10人程の近隣のお坊さんが集まって、お施餓鬼法要を営みます。
お盆での先祖供養に先んじて、飢えや乾きに苦しむ餓鬼に供養を施し、徳を積んでいくと言う事でしょうか。
それなりのお布施が必要ですが、この法要があるお蔭で、お寺様にお中元を持って行かなくても良いとも言えます。

そんなお施餓鬼で頂いた〝施餓鬼旗〟を持って、盆入り13日の早朝にお墓の掃除に。
DSC_0432.jpg
塔婆立に挿してある、5色帯の5枚の紙の旗ですが、お盆になると7割以上の墓に。
この旗が立っていると、橙の目立つホオズキの入った仏花とともに、墓地の景色が明るくなります。
今年もお墓の写真を撮ってしまいましたが、気になるものが写っていなくて良かったです。

その後、仏壇に盆棚を作って、お迎えする準備を。
DSC_0433.jpg
今年は、お供えに家庭菜園で作ったスイカとマクワウリを加える事が出来ました。
この辺りではお迎えに使うキュウリの馬は作らず、我家では棚経も初日にして頂きます。

そして13日の夕になると、迎え火を焚きお迎えし。
DSC_0434.jpg
送り盆の時には、15日に送り火を焚いてお送りします。
送り火の後に、毎日お供えした食事も積み溜めて、送り盆の時にナスで作った牛に乗せてお土産と共に帰って頂きます。
昔は川に供物を流したんですが、今は環境問題から川横に作った共用の供物置き場に置いて、線香をあげます。
DSC_0438.jpg
(その供物は翌朝、市のゴミ収集車が集めに回ってくれます)

こんな風に、毎年毎年、同じことを繰り返しています。
一方で、最大級の仏事になる葬式は、形態が年々変わってきているようで、当市では葬儀業者が競うように家族葬専用の一般民家風葬儀場を作ったり、従来斎場を小部屋に改修したりが続いて、お墓もロッカー式が宣伝されています。
時代の流れに折り合いをつける様に、仏事も徐々に変化していくのは至極普通で当り前です。
が、其々の方法で、各人のルーツを再認識する機会として、お盆行事は続くんでしょう。




お盆が来ると、そろそろナスの更新剪定もタイムリミット。
DSC_0429.jpgDSC_0431.jpg
流石に、実付も悪くなり、表面の瑕疵も出始めだしました。
立ちを半分ほどにし、株元にスコップを入れて根切りし、根切り穴に肥料を入れて完成。
市民菜園では、更新剪定で思った様には収穫出来なかったと、年々、新たに秋ナスの苗を定植する人が増えています。
今年はどうなるでしょう。