2017-08-18 

盆の仏事

この一年間も家族全員が元気で、初盆になる事も無く、無事に過ごせたことを感謝しつつ、ご先祖様を迎えるお盆が終わりました。
お盆の仏事と言っても特別な事がある訳ではなく、毎年同じような事をしているだけです。
が、地方毎に新暦盆や旧暦盆の差や、お盆期間も3日間や4日間の差もあるようです。

日本中が同じ時期に似た様な事をする。これって、結構すごい事だと思います。

尾張東部の当地でのお盆は、俗に月遅れの盆とも言われる、8月13日から15日です。

当地でのお盆の仏事のスタートは、7月下旬の“お施餓鬼”。
施食会とも言いますが、お世話になっているお寺様毎に、全部で10人程の近隣のお坊さんが集まって、お施餓鬼法要を営みます。
お盆での先祖供養に先んじて、飢えや乾きに苦しむ餓鬼に供養を施し、徳を積んでいくと言う事でしょうか。
それなりのお布施が必要ですが、この法要があるお蔭で、お寺様にお中元を持って行かなくても良いとも言えます。

そんなお施餓鬼で頂いた〝施餓鬼旗〟を持って、盆入り13日の早朝にお墓の掃除に。
DSC_0432.jpg
塔婆立に挿してある、5色帯の5枚の紙の旗ですが、お盆になると7割以上の墓に。
この旗が立っていると、橙の目立つホオズキの入った仏花とともに、墓地の景色が明るくなります。
今年もお墓の写真を撮ってしまいましたが、気になるものが写っていなくて良かったです。

その後、仏壇に盆棚を作って、お迎えする準備を。
DSC_0433.jpg
今年は、お供えに家庭菜園で作ったスイカとマクワウリを加える事が出来ました。
この辺りではお迎えに使うキュウリの馬は作らず、我家では棚経も初日にして頂きます。

そして13日の夕になると、迎え火を焚きお迎えし。
DSC_0434.jpg
送り盆の時には、15日に送り火を焚いてお送りします。
送り火の後に、毎日お供えした食事も積み溜めて、送り盆の時にナスで作った牛に乗せてお土産と共に帰って頂きます。
昔は川に供物を流したんですが、今は環境問題から川横に作った共用の供物置き場に置いて、線香をあげます。
DSC_0438.jpg
(その供物は翌朝、市のゴミ収集車が集めに回ってくれます)

こんな風に、毎年毎年、同じことを繰り返しています。
一方で、最大級の仏事になる葬式は、形態が年々変わってきているようで、当市では葬儀業者が競うように家族葬専用の一般民家風葬儀場を作ったり、従来斎場を小部屋に改修したりが続いて、お墓もロッカー式が宣伝されています。
時代の流れに折り合いをつける様に、仏事も徐々に変化していくのは至極普通で当り前です。
が、其々の方法で、各人のルーツを再認識する機会として、お盆行事は続くんでしょう。




お盆が来ると、そろそろナスの更新剪定もタイムリミット。
DSC_0429.jpgDSC_0431.jpg
流石に、実付も悪くなり、表面の瑕疵も出始めだしました。
立ちを半分ほどにし、株元にスコップを入れて根切りし、根切り穴に肥料を入れて完成。
市民菜園では、更新剪定で思った様には収穫出来なかったと、年々、新たに秋ナスの苗を定植する人が増えています。
今年はどうなるでしょう。
2017-08-12 

新薬

10年以上前に胃ガン(噴門ガン)が上手く発見出来て、噴門除去手術を受けて以来、自分では身障3級程度を頂いても間違いではないと思う程の持病持ちです。
170730新薬0
胃の上部だけを除去しましたが、胃酸供給部が沢山ある胃の下部は残ったままで、胃の入り口にある噴門は無くなったので、消化液としての胃酸が簡単に食道側に逆流して来ます。
胃酸が食道に逆流すれば、胃の様に耐胃酸粘膜の無い食道は、簡単に消化されてしまいます。
しかしながら、その”重度の逆流性食道炎”は手術当時の最優先事項“がん細胞の根絶”の結果なので、今更ジタバタしても意味は無く、上手く折合を付けながらの生涯伴侶にするしかありません。

元々はすこぶる調子の良い胃を持っていた自分が、胃弱者になってしまって、お世話になっているお医者さんから色々と教えて頂いた事を紹介します。

まず最初に、世の中には胃具合の悪い人が多いのですが、多くは3つに分けられると思います。
一つ目は胃腸の動き自体が悪くて、食べ物を押し砕きながら、粥状になった食べ物を上手く下に送る力が弱い、胃腸虚弱とも呼ぶ消化不良パターン。
(この胃腸の動きは、真逆に痙攣の様に激しく動き過ぎて、胃が差込む様に痛くなる場合もあるので難儀です。)
二つ目は胃酸や胆汁や膵液などの消化液の分泌が悪く、食べ物を上手く分解消化できずに胃近傍に長く留まるパターン。
三つ目は胃酸などの消化液が、必用の無いときにも出たりして、自らの消化液で自らの臓器を痛めるパターン。

自分の場合は、上記の三つのパターンとは少し外れて、必要な時に出た胃酸が防御機能の無い食道に迄上がって、食道を痛めてしまうのですが、自らの消化液で自らの臓器を痛める三つ目のパターンと似ています。

そんな胃酸から食道を守る術は大きくは3つ。
食道表面を保護膜で覆うか、出てきた胃酸を中和するか、胃酸を止めるかの3大分類しかありません。
①食道を保護膜で覆う方法は、昆布由来の粘液で覆う方法が保険適用されていますが、効果時間は数十分だけ。
170730新薬1@
今から10年以上前に、手術したがん専門病院の外科医先生が処方した薬でした。

②胃酸を中和する方法は、市販薬とし古くから使われているアルミ製剤や炭酸塩中和剤などがありますが、効果時間は2時間程度。
170730新薬2
同じく10年以上前に、手術した外科医が処方しました。

③胃酸を止める方法は大きくは3つ。
1)第一世代の”胃酸の出る蛇口を閉める方法”としては、今では市販薬としても販売されているガスター。
これはナカナカの優れものですが、蛇口からポタポタト垂れる分があり、大部分が収まるレベルです。
手術した病院を退院する際に、がん専門病院の担当内科医が処方した薬でした。
170730新薬3
今から25年前に販売されて、発明した英国医師はこの薬の開発貢献でノーベル賞を受けました。

2)第2世代の”胃酸が出る機能を無くしてしまう”方法は、パリエットやタケプロンなどの薬名のプロトンポンプ阻害薬と呼ばれる薬です。
今でも医師の処方箋が必要な薬です。
170730新薬4
この薬は20年程前から販売されている薬で、4種類ほどの薬品構造がありますが、いずれも強力に胃酸を出せなくしてしまいます。
これは、胃酸が出たことを検知して、胃酸の出る蛇口を枯らしてしまう方法で、胃酸が出る場所が無くなるので確実性が高くて、今では世界的に保険治療の主役になっていて、服用すれば確実に胃酸が止まります。
術後半年ほど経っても、食べると酷い胸やけになるので食が進まずに、体重減が続いていた時に、胃ガンを最初に発見してくれた地元の内科医が処方してくれた薬で、この薬を使ってから胸焼けが収まり、食も進み、体重減に歯止めがかかって正常体重に戻せました。
それ以来、今日に至るまで、自分が抱える重度の逆流性食道炎を抑え込んで、普通の生活を送る事を担保し続けてくれた薬です。
唯一の問題点は、消化しなくてはいけない食べ物の負荷状態により、薬成分が早めに消費してしまうこと。
普通に言う胸焼けしやすい食べ物を大量に食べると、薬効果が早めに切れてしまいます。
具体的には、脂っこいフライを大量に食べたり、筋っぽい芋を大量に食べたりした場合で、自分の好きな秋刀魚やスイートポテトを大量に食べると効果時間が短くなり、追加服用が必要です。

3)第3世代として”胃酸が作られる事自体を止める”方法も出来て、タケキャブと言う薬名です。
170730新薬5
これは2年程前に世界に先駆けて武田薬品が開発販売を始めた薬で、胃酸の蛇口を止めるのでも、胃酸の出口を無くすのでもなく、胃酸が出来る事自体を阻害してしまう方法です。
胃酸が全く作られないので、消化不良をおこして痩せてしまう副作用があるとすら言われています。
胃酸による胸焼けが起きた時に服用しても、タイムラグが少なくて、比較的速く効く、強力なお薬です。
最新の薬で、従来は胃酸が絶対に出てはいけないピロリ菌の除菌の時程度の限定使用しかできませんでした。
それが、重度の逆流性食道炎に限って、連続服用が保険適用されていました。
が、処方できる1日1錠の10㎎錠剤では、自分の体では20時間しか薬効持続せず、残り4時間が無策になり駄目でした。
所うが、20㎎錠剤も一応は継続的に処方できる薬事改正があり、重度の逆流性食道炎には実に朗報です。
20㎎錠剤は1錠240円の高価な薬剤ですが、保険適用できるので手が出ない価格では有りません。

どんなタイプの薬にしろ、胃酸を抑える薬が何らかの理由で服用できなくなったら、自分の胃酸で自分の食道が消化されてしまう重篤な病状になってしまうでしょう。
もし胃酸が止められ無いのなら、横になると胃酸含めた胃の内容物が食道の方へ流れて来るので、眠る時は最低でも上半身を起こしたままで、腹部圧迫も避けるなら立ったままで無いと眠る事も出来ないでしょう。
万一に備えて、財布にも1錠1日分を入れて常に携帯し、車にも10錠10日分を入れて外出時は常に持参し、南海トラフ巨大地震が起きた際も非常持ち出し品の最上位品目です。

そんなかんだの経緯で、この25年位の間に胃酸起因の潰瘍を抑える画期的な薬が相次いで開発販売され、10年以上前に重度の逆流性食道炎が起きる胃の構造になってしまった自分の体に役だってくれ、そして世界に誇れる日本国の充実した医療体制と保険制度のお蔭も相俟って、最新薬のタケキャブとのお付き合いも安心して始められる事になりました。
まずは、こんな薬を開発販売してくれた武田薬品に感謝して、武田薬品株を購入し、ノミの垢程度ですが武田薬品の応援も始めました。

一方で、このタケキャブが保険適用されているのは、現時点では世界で日本だけ?というのには、それなりの理由がある筈なので、薬害有無に注意を払いながら使っています。


何度も繰り返しになりますが、持病の薬については、日本の保険制度は実にありがたいです。
処方箋薬と比べて遙かに効果が少ない市販薬の多くは、1か月分を薬局で買えば諭吉さん1人が簡単にいなくなります。
それが、処方箋薬で保険を適用できれば、1カ月当たり英世さん3人で済みます。
しかも、良心的な医者なら慢性病については99日分の処方箋を書いてくれるので、受診費用も年間で一葉さん1人で済みます。
日本の保険制度と医療制度は、国民一人当たり800万円以上の巨額の国の借金のお蔭なので、いずれ破綻するなどと言う人もいます。
が、国の全資産も考慮すると国債1000兆円の2割にも満たない赤字額なので、今の所は大丈夫。
豊かな日本国のお蔭で、重度の慢性病持ちの我が身でも、経済的負担は極めて限られています。
改めてありがたい事です。
2017-07-28 

漏水騒動

朝10時頃、玄関チャイムがピンポ~ンと、出てみると瀬戸市の水道検針員さん。
170716漏水1170716漏水2
どうしたのかと話を聞くと、2カ月毎の水道検針に来たが今回の水道使用金額は35000円程といつもの2倍ほどで異常ですと教えてくれました。
確かに2世帯分で、風呂は毎日2杯、洗濯も毎日3杯なので、2か月分水道代は毎回15000円程と結構な額ですが、今回は高すぎます。

家中の水道を全て使用していない事を確認したうえで、自分で現認して見ると、水道メーターが回り続けているので、何処かで漏水しているのは間違いありません。

先ずは目視確認で水道管埋設地面や家屋床下に水が溜まっていないか確認したが、異常ありません。
次に全ての排水升の蓋を開けて僅かでも水が流れ続けていないか確認しましたが、異常ありません。
170716漏水3
最後に聴診。
水道蛇口や壁や水道配管付近の地面に耳を当てて、微かでも水漏れの異音が無いか確認します。
その中で、屋外立水栓で微かな異音がしている気配がありました。
携帯で話しながらバアサンに水道メータ手前の元バルブを開け閉めさせると、開けた時だけに微かな異音がしているのは間違いありません。

そこで、未だ20代の頃に煉瓦とコンクリで手作りした流し枡を、ハンマーとタガネで壊して行って地中を調べました。
170716漏水4
煉瓦を外し、コンクリ底面を破壊して行くと、地中に水が溜まっていました。

再び、水道メーター前の元水栓を開けると、水が噴き出します。
170716漏水5
間違いありません。
立水栓と水道配管を連結している部分からの水漏れでした。

モンキーレンチで袋ナットを緩めて、立水栓を外します。
170716漏水6

立水栓と給水管はフランジ継ぎ手で、リングパッキンを挟んで、袋ナットでフランジ同志を押し付ける構造です。
170716漏水7
リングパッキンは芯無の単純ゴムだったようで、劣化融解した黒いゴムが、立水栓側にくっ付いていました。
この立水栓は新築時にセキスイハウスで取り付けた物ですが、35年の月日がゴムパッキンを分解してシール力を無くしてしまいました。
家を建てた後に不便だと、自分でも2カ所の屋外立水栓を追加しましたが、いずれも立水栓側にソケットネジをねじ込む方式で、今回の立水栓の様に地中に埋もれている僅か一枚の平パッキンに全てを託す方式では有りません。
立水栓の接続方式自体が設計思想ミスで、そんな部材の採用を許したセキスイハウスの監督ミスで残念です。

35年以上前の付帯工事で残念に思われたセキスイハウスも迷惑な話かも知れませんが、たまたま家にあった車エンジンのドレンプラグ用のゴムパッキンのサイズが合ったので、無事に修理完了しました。

今回の修理工事を支えてくれた道具たちに感謝して今回分工事は完了。
170716漏水8
再漏水するといけないので1カ月ほどは、土で埋め戻すだけで様子をみて、再発しない様であれば、立水栓の水受けと排水口の左官工事の予定です。

しかし、今回はラッキーでした。
・地上噴出などの際だった異常が出て来る前に、検針員が異常を指摘してくれました。
・通常比で2万円超増しの無駄な水道代ですが、この春に終わった下水本管敷設工事に合わせての宅内下水接続工事は未了だったので下水道代上乗せはありませんでした。
・地中の漏水音が、地表に伝わり易い立水栓付近での漏水だったので、音から漏水場所を絞れて、一発で漏水箇所断定出来ました。
家を建ててから外壁や屋根などの定期メンテはして来ましたが、35年超の母屋ではこの後も突発不具合が散発する可能性が高そうです。
何とか簡単に対応できる程度の不具合で済めば良いのですが・・・・・。



紅小玉スイカの一番生りの収穫が全数完了し、これからは二番成りが始まります。
収穫を重ねる中で、新たに分って来た事がありました。
170716漏水9
収穫の目安は受粉後35日前後で、外観的にはスイカ実の近くの巻蔓と葉の茶枯れが目安になりましたが、それ以外にスイカの尻の凹みが少しだけ拡がる事が分りました。
写真は拡がった状態の尻の凹みです。
全部が同じ大きさに拡がるのでは無くて、そのスイカで完熟になる前よりも僅かに拡がるんですね。
スイカを買って来る時はお尻のキュッと締まったスイカが美味しいと思っていましたが、自分で作ってみると、紅小玉スイカは完熟時にお尻の凹みが僅かに広がって、収穫せずに更に放置しておくとお尻から裂果してしまう事も確認しました。
スイカの音は自信がありませんが、お尻の凹みが僅かに拡がるのは完熟収穫タイミングが目視確認出来て良いです。
今年の紅小玉スイカに限っての事かも知れませんが、良い経験知識になりました。
2017-06-25 

やっとかめ

長い空梅雨で、13日目の〝やっとかめ〟で雨が降りました。
南の方に停滞していた梅雨前線が、漸く北上して、渓釣りでは心待ちにしていた雨をくれました。
雨自体は半日で30mm程とごく普通でしたが、前線通過に伴い思わぬ強風が吹いて、市民菜園が大変な事になりました。

雨が少し収まった頃に、スイカが心配で見に行きました。
スイカ棚はスイカの重みに耐えられる様に門作りで比較的強固に作ってあったので、被害はありませんでした。
DSC_0344.jpg
10個程の実がぶら下っているミニカボチャの合掌棚は、重みでかなりの負荷が掛かっている所への風での揺れで、合掌の頂上部が半分外れて少しだけ傾いていましたが、何とか持ちこたえていました。

一方で、かなりの被害を受けた方も沢山いました。
170628やっとかめ2
強風で収穫が始まったキュウリネットが大きく傾いてしまいました。
この場所は高台で風は強めで、普段は西風が吹く事から、自然に西風に耐えられる支柱の立て方をするので、東風には脆かった様です。

借りている市民菜園では、今年から流行っているトマトの雨避けの被害が多かった。
170628やっとかめ4
トンネル状にシートを張った部分が風を受けて持ち上げられるようです。
この畑では、東風で西に3m程も吹っ飛んでいましたが、幸いトマトにも支柱にも破損は無かった様です。
細支柱を地面に打ち込んでから雨避け用支柱を縛って、強度を上げるための工夫も相当にされていたんですが、一部は打ち込み支柱ごと抜け、一部は縛った部分がズルッと抜け外れた様です。
出っ張りの無いツルッとした支柱でしたので、地面からも連結縛りした部分からも抜け易い様です。
自然竹の様な節出っ張りや、イボイボ表面のついた支柱が良い様です。


いずれにしても、今回は雨がやっと降ると喜んでいただけで、まさか強風が吹くなぞは考えてなかったので、誰も事前対応せずに被害が出ました。
市民菜園全体でみても実害が大きくは無かったので、俄か百姓には強風本番の台風前の良い教訓になりました。


そして、風で倒伏しやすいトウモロコシも。
170628やっとかめ1
今年から菜園を借り始められた方が、試しに植えられたトウモロコシが強風で倒れてしまいました。
倒れないようにと支柱も添えられていたようですが、残念でした。
トウモロコシの倒伏自体は、無理やり元に戻してやれば何とかなるんですが・・・。
写真の根元付近を見ると写っていますが、カラスに食い荒らされています。
普段は高くてカラスも届かないのですが、倒伏して地上に近づいた時を狙って、カラスが攻撃したようです。

市民菜園で多くの作物が倒伏や落下した事を知っているかのように多くのカラスが集まっていました。
170628やっとかめ5
屋根や電線やモニュメントの上に止まっている黒い点々の一つづつがカラスです。
カラスは、ゴミ集積場のゴミ袋を破って喰い散らかしたり、此処では作物を食い荒らしたりと、野口雨情作詞の〝七つの子〟の世界とはかけ離れた可愛さなどは感じぬ存在です。

私の畑のトマトも喰われました。
170628やっとかめ8
黒マルチの上には、喰い散らかしたトマト残骸と共に、泥汚れしたカラスの足跡が残っています。

カラスは地面からか、横支柱に止まった状態から届く範囲の実しか食べられないと思いますが、一応は対策する事にして、地面の低い位置にテグスを張りました。
170628やっとかめ9

また、自分の育てているトウモロコシも背が高くなって、倒伏リスクが上がっているので、支柱で囲っておきました。
170628やっとかめ10
メシベは未だ出ていませんが、収穫直前の倒伏~カラス餌化は防げるでしょう。
市民菜園利用者の間では風害もさることながら、カラスの食害に神経質になっていて、全体をネットでスッポリ覆うのを筆頭に、カラス対策が今の流行です。



そんな嫌われ者のカラスとは違い、季節の可愛い鳥が軒先に巣を作ってくれました。
170628やっとかめ6170628やっとかめ7
左側の写真の親鳥のクチバシ先には捕えた虫も見えます。
そんな親鳥を、ヒナ達は口を一杯に開けて、親鳥の頭を呑み込まんばかりに餌を食べています。
去年は営巣してくれなかったので、2年ぶりの〝やっとかめ〟です。

ツバメの様な可愛い小鳥では無く、映像で見るヒグマの様な猛獣であったとしても、子育ての様子は見ているだけで癒されます。

2017-06-16 

一段落

久しぶりに一家全員が更にプラス1で揃って、一段落つきました。

今シーズンの渓釣りは、平日早朝釣行が出来ず難儀しています。
3月1日の渓釣り解禁日の少し前から、孫の保育園送迎係を拝命した為です。
平日は、朝8時頃の送りと、昼16時頃のお迎えを固定にした生活になったので、移動と帰宅後片づけも勘定に入れると、釣場滞在時間は9時半から13時半までの4時間なので、徒歩移動も差し引くと竿出し時間は最高で3時間しかありません。

本来は時短勤務の娘が出勤前と退勤後に保育園送迎していたのですが、若夫婦の第2子出産計画に基づいた??出産予定日が近づいて、更にバアサンの策謀にも見事に嵌って?、孫の送迎がジイサンの担当になってしまいました。
バアサンが更に深慮遠謀を巡らせたわけでは無いのでしょうが、渓流解禁の少し前に保育園送迎係が始まったので、今年の平日渓釣りは早朝出発も夕刻帰宅も無いのが当たり前になってしまいました。

渓釣り制限脱出への第1段階が第2子の出産ですが、無事に男児が誕生し、帰宅してきました。
20170614蒼真退院0
誕生後5日目の次男を、病院の母親ベットで長男が初抱きして、喜んでいました。
長男は赤ちゃんが非常に好きな子で、出産前から〝僕の赤ちゃん〟と呼んでいました。

そして、定番通りに誕生後1週間で帰宅してきました。
20170614蒼真退院1k
久しぶりに全員が揃い、今回はコマイのが1人増えての記念写真です。
カアタンが帰って来たので、長男のお相手係の任の幾ばくかは減るでしょう。

そんなカアタンの帰宅祝いには、真っ盛りのポイソンベリーも使って、maburin流の簡易ケーキを作ってみました。
20170614蒼真退院3k
130円のヤマザキパンのシフォンケーキに、160円の生クリームを泡立てて作ったホイップクリームを塗り、朝採りのポイソンベリーをトッピングして・・・。
ホイップクリームをあまり好まぬカアタンに合わせて、クリーム控えめの簡易ホールケーキ、プレートサイドにはたっぷりのベリーを飾り。
クリーム大好きのジジババには、クリームタップリの簡易ホールケーキ、プレートサイドには更にたっぷりの生クリームとベリーを飾り。
好みに合わせた2個のホールケーキは好評でした。

こんな風に一段落ついて、渓釣りの不自由度が外れる道筋はつきました。
この後、1~2カ月もすれば、保育園送迎の役は解任して貰えるでしょう。
しかし、今年は山間部のアチコチで開発や工事での制約で、平日は工事影響が多すぎるので、充分に平日釣が楽しめるのは来シーズンからでしょうが、とりあへずのヤレヤレです。
今から来シーズンは等と言うのはお笑いの様なノンビリした話ですが、現時点の渓釣りは、梅雨らしい雨が降ってくれないと困ります。
一段落を機会に、バアサンに保育園送迎を依頼するハードルは下がりましたが、このカラ梅雨では魚が怯えているので、バアサンに頼んでまで行く状態ではないですね。



そんな風に季節が進む中で、市民菜園の小玉スイカが大きくなって来ました。
20170616中華おこわ9
人工授粉後10日目の姿です。
もっとも早いのは、7月10日前には食べられるでしょう、楽しみです。