2017-03-10 

ソリ遊び

既に渓釣りも解禁され、春が始まっていますが、小さい子が雪遊びをしていないとすねていました。
それじゃあと言う事になって、いつもの木祖村のスキー場にソリ遊びに行く準備をしました。
が、よくよく考えると先月末の下見から足繁く通っている長野県境付近にはいくつかの小スキー場があります。

そんな中から選んだのが、愛知県唯一のスキー場「茶臼山高原スキー場」で自宅から100分程。
愛知県と長野県の県境にあり、4月解禁の長野県根羽川漁協の源流域は茶臼山スキー場の下2㎞程と間近です。
2017 03 10そり遊び1
今回、このスキー場を選んだのは動く歩道と言うか「ベルトコンベヤ」の長さが120mもあるんです。
しかも1日500円と格安で、爺婆孫の3人でも1500円なんです。

子供にはベルトコンベアは良いです。
2017 03 10そり遊び5
全長120mを歩くほどの速度でユックリ進みますが、何といっても安全。
小さな子も自力で安心して乗っていられました。

実はこのスキー場、相当昔の雪の無い季節に愛知県最高峰に一度は行かねばと、子連れハイキングで来た事はあったんですが、スキー場利用では初めて。
スキー場としては1㎞程のコースが1本あるだけなので、先ずは様子見で300円也の1回券で試しにリフトで頂上まで登ってみます。
2017 03 10そり遊び22017 03 10そり遊び4
緯度はかなり南寄りとは言え、標高1300m程はあるので雪は残っていて、リフト横の木々も白くなって雰囲気はスキー場です。
頂上には開けた場所があって全面に芝桜が植えてあるので、5月の芝桜祭りの季節には綺麗と宣伝してありました。

肝心のゲレンデです。
2017 03 10そり遊び3
緩斜面が続くゲレンデは良く整備されて安全で、練習には最適でしょう。

ソリ遊び、スキー遊びと楽しめました。
2017 03 10そり遊び8
2017 03 10そり遊び6
ここのスキー場ならベルトコンベアーを使って安全にスキーを教えられそうなので、年中さんになっている来シーズンから本式スキーデビューさせてやりましょう。


所うで、山に行くと気になるのが渓流。
今回も観光用の茶臼山高原道路だけを使わずに、茶臼山の中腹では林道も走ってみました。
途中には何台かの釣り人と思しき車が止めてあり、標高800m付近の一台に、ウエーダー姿の同年代の釣人が乗り込む所だったので声をかけてみました。
2017 03 10そり遊び7
「アマゴ域だが、かなり渋いなあ」との事で、「ほら、そこの岩横にも1匹いるが、喰ってくれない」との話。
その方が指差した方を覗いてみると、確かに写真中央の小岩横に6寸前後が漂っていました。
「お邪魔しました。来週には暖かくなるようだから、それからですかね~。」などと話しが出来たお礼を言いながら別れました。
その場所は漁協河川マップにもまともに載っていない場所で、自分も竿を出した事は一度も有りませんでした。
皆さん実に色々な場所を、自力で見つけて竿を出しているんだなと改めて思います。