2017-04-04 

4月になって

3月31日からの雪が4月1日にも降った様です。
いつものライブカメラを見ると4月1日朝には積もっていた雪が、1日夕にはかなり融けていました。
今回の雨雪での降水量は30mm程。
これは、雪融け水を含めて、減水には効きそうです。
そんな理由で、4月2日の日曜日に上流部に釣りに行きました。
日曜日の釣は本当に久しぶりです。

日曜に行ったのは水の具合の期待の他にもう一つ。
今年は、夏ぐらいまでは諸般の事情で保育園の送迎をしなくてはなりません。
その為に移動時間も考慮するとお昼前後の2~3時間しか竿が出せないんです。
保育園が休みの日曜なら自由に時間が使えるんです。

そんな日曜日、朝6時に家を出て、少し足を延ばして遠くへ。
そして、更に上流域へと歩いて見ました。
流れに降り立ったのは9時になりましたが、渓は雪に包まれ、気温は4℃、水温は3℃。
2017 04 024月初出勤1
水は増水とはいかなくて、平水に近づいた減水といった所でしょう。
山に上がる前の本流は相変わらずのヒドイ渇水でしたが、上流の水量はイイ感じです。

早速準備して餌を投げ入れると、一投目から掛りました。
2017 04 024月初出勤2
2017 04 024月初出勤3
小ぶりのイワナでしたが、落込み横の岩から出て来ました。

その後も、次々に掛かります。
2017 04 024月初出勤42017 04 024月初出勤5
2017 04 024月初出勤62017 04 024月初出勤7
好釣で、3時間で持参したバイオ40匹が無くなってしまいました。
この日はジックリ釣る積りで朝早くに家を出ましたが、結局午前中で納竿です。
やはり、水量の影響は大きいですね。

が・・・、
この場所には今シーズン初めて入ったのですが、何か変でした。
先ずは、魚の色。
2017 04 024月初出勤8
この時期なら当たり前の錆が残っていると言う事でしょうが、この流域では白いイワナとまではいかないまでも茶色までです。
岩下から引っ張り出して黒いというのはあるんですが、この流域にしては変です。

変な原因は川に有る様で、雪の渓にもかかわらず、所々に緑藻があって、仕掛けに絡みついて来る場合すらありました。
また川底は茶色くなって、水も若干ですが黄色に着色して見えます。
2017 04 024月初出勤9
一般的な渓流ならごく普通の状態でしょうが、この流域は白い渓魚が棲む流れ程ではないまでも藻が少なく、川底にこれ程の藻がつくのは異常です。
水の富栄養化が進んでいるんです。
今回の流域の更に上流で何か起こっているようなので、もう少し暖かくなったら更に奥まで探検してみます。