2017-04-06 

オイル交換

16歳の時から原付バイクに乗り始めているので、運転はあと数年で半世紀になろうとしています。
そんな中、通常の各種メンテも多くは自分でやっていますが、今回からエンジンオイルの交換方法を変えて見たら、結構便利です。

今迄は、オイルはホームセンターで4L1200円のを買って、オイルフィルターはオートバックス等で900円程で買って、交換後の廃油は4L缶に詰め戻してホームセンターで無償引取りして貰っていました。

そんな中、過去に2度だけ使った事のある工具等通販の〝モノタロウ〟から500円引き(送料相当)のクーポンが送られて来たので、清水の舞台から飛び降りるつもりで(笑)、オイル処理ボックスを購入して使って見る事にしました。

今回使ったオイル処理ボックスです。
2017 04オイル処理1
軽自動車用の2.5L用ですが、カー用品店で400円以上していたのでモッタイナイと買わずに、廃油はトレイで受けて、トレイから缶に移して、ホームセンターまで持って行って引取って貰っていました。
所うが、通販なら189円だったので試しに買ってみました。

開けてみると、こんな風です。
2017 04オイル処理2
分厚い耐油袋に給油綿が入れてあり、2重に封が出来る様に結束バンドが2本入って、外装ダンボール蓋は廃油後に持ちやすいように吊手になっていました。
実際に使って見ると、車を上げなくてもエンジン下に楽々入る寸法で、3Lの廃油した後もマダマダ余裕がありそうでした。
当市の場合は、そのまま燃えるゴミに出しても良いので、後始末が抜群に楽です。

今回、ついでにオイルフィルターも買ってみました。
2017 04オイル処理3
299円の格安フィルターもあったのですが、品質不安があるので、ユニオン製にしたので475円。
それでも車用品店の半額に近いです。

オイルはいつものホームセンターのもの。
2017 04オイル処理5
3年前まではモービルのが4Lで980円でしたが、残念ながら値上がりしてカストロールのが1200円。
今回は軽自動車だったので、3L使いました。

交換道具は、40年以上の愛用品。
2017 04オイル処理4
金属工具は兎も角として、オイルジョッキが40年以上も使い続けられるとは思いもしませんでした。

交換後。
2017 04オイル処理6
今回オイル交換した軽自動車で、交換後3日たっていますが、オイル漏れ有無を含めて今の所順調です。
オイルフィルターも通販にしたので、オイル処理ボックスを使っても総額1600円程と寧ろ安くなりました。

世の中、正にデフレで非常にありがたいです。
そんなデフレの中、3月27日にテルミクラブが負債総額151億円で破産手続開始との報道がありました。
テルミクラブは格安旅行会社で、自分も昨秋にイタリア旅行で利用しましたが、航空券と宿と全食事付で、国内から添乗員同行で、更に全観光地入場料と全観光地現地人日本語案内もついて、8日間で10万円強と激安でした。
この金額はJTB等の大手の半額以下で、HISや阪急交通などの他の格安ツアー会社と比べても30%以上は安かったです。
報道によると、2014年から粉飾決算を繰り返す借金まみれの自転車操業で、旅行中の破産で帰国に難渋する1000人以上の最悪者まで出て、今回既に支払済み顧客は8万人以上で返金は望み僅かだとか、破産騒動の被害を受けずに超格安旅行出来た私は運が良かったです。

町なかから八百屋が無くなり、かっては安定業種と言われたガソリンスタンドまでもが減りつつあり、100均や激安店や各種通販が幅を効かせ、銀行金利はほぼゼロに。
25年程前のバブル時代の真逆でお値打ち品ばかりが目につきますが、やはり異常な世の中だと思います。

バブルがハジケた時と同じように社会大混乱が起きるんでしょうか??
格安への用心と覚悟を根っこに持ちつつも、何とか社会恐慌は起きずに、格安だけは続いて欲しいと願う〝身勝手な爺さん〟です。