2017-04-08 

源流

木曜夕から数日に渡って雨が降るとの事ですが、軟弱爺さんになった今、雨の中での釣はやっていません。
一方で、この数日間は暖かい日が続いたので、源流部の雪も融けているのではと期待しています。
そんな雨前の6日木曜に源流に向かいました。

しかし、源流部も減水で、雪もしぶとく大量に残っていました。
2017 04 08源流1
全体写真がありませんが、林道や山部や流れの中の雪は融けていましたが、谷底の流れの両脇にだけは分厚い雪が残っていました。
その為に、流れの両脇共に歩きずらくて、流れの中を歩いて、下方から竿を出すしか方法がありません。

そんな中で、出てきたこの日の一匹目。
2017 04 08源流0
サイズが小さくて、眼がぎょろりとして、めだかの様なイワナでした。
いやーな雰囲気です。

その後も飽きない程度に上がって来るんですが、サイズは小さ目ばかりです。
2017 04 08源流22017 04 08源流3
2017 04 08源流42017 04 08源流5

そんなかんだと釣上がっていきましたが、
2017 04 08源流6
水は少ないは、谷底の小川の様な流れの両横にだけ、帯の様に残った雪に阻まれて、魚に気づかれないように横から竿を出す事は出来ません。

さらに流れの横には、
2017 04 08源流7
骨だけになったカモシカまでも。
赤い血までは付いていませんでしたが、茶変色した筋などは付着したままの比較的新しい全身に近い骨です。
今年は、骨に出くわす機会が既に2回目で、怖いです。
そんな怖さもあって、雪の残った源流に、下側からしか竿が出せない源流に、小ぶりのイワナばかりの源流に見切りをつけて、退却です。

帰り道の源流手前の上流域を覗くと、雪はすっかりなくなっているのですが、相変わらずの渇水と澄み過ぎた水ですが、小魚の泳ぐ姿が見えました。
2017 04 08源流8

そこで、竿を出してみると、
2017 04 08源流92017 04 08源流10
2017 04 08源流112017 04 08源流12
2017 04 08源流9 (2)
雪は無かったのですが、源流と同じで、小ぶりのイワナばかりでした。

結局、予想に反して源流の雪は大量に残っていて、イワナの数は出たんですが、小ぶりばかりでした。
この後に、来週火曜日まで続くという5日間程の雨と暖かさで渓魚がどうなるか、楽しみです。