2017-04-20 

納得の渓

半月ほど前に入った渓4月になっての様子が何か変だと気になっていました。
魚の雰囲気も、川底の様子も、何か昔と違っていると感じたものです。
その後、釣場地元の釣師の方から原因になる情報も頂いたのですが、自分の目でも確かめたくて山奥へ行って見ました。

先ず、先回の4月になっての場所に入ってみました。
170420納得の渓1
先回の釣行後に100mm以上のマトマッタ雨が降ったにも関わらず、川底は茶色い泥に覆われています。

実際に釣ってみると。
170420納得の渓2170420納得の渓3
綺麗な体型の天然魚ですが、色は川底と同じ茶色です。
茶色は駄目と言う訳では無いのですが、変です。
そこで、地元の人に聞いた内容の確認に、更に上流に様子を見に行きました。
170420納得の渓4170420納得の渓5
すると、山奥で開発が行われ、大量の流出表土や泥水が出るので沈砂池が設けられ、渓流には不釣り合いな色の水が溜まっていました。
山間部でも重機工事が行われる場合はありますが、それは治水や治山の為で、山を保全するには致し方無い事です。
それに対して、こんな山奥での開発は如何なものかと思います。
渓の異常の原因は、この開発による懸濁水と凝集沈殿剤の影響の可能性が高そうと、原因については納得はしました。
が、その現場には営林署の許可番号と共に、法的に必要な設備や組織の表示もキチンとしてあるので、違法ではありません。
その表示の中には開発期間も示してあり、無制限に開発を行うものでもなさそうなので、自然の修復力に期待するしかなさそうです。

そんな中、この川での釣を今シーズンはどうしようかと迷いましたが、出した結論は至って簡単。
この川は、途中での川底への透水が激しく、少し渇水になると流れが切れてしまう区間すらがあります。
それで、その下流に行けば大丈夫じゃないかと、汚い水を嫌う渓魚が汚れを逃れて下に流れて来ているんじゃないかと・・・。

確かに、下に行くほどに水は綺麗です。
170420納得の渓10

竿を出してみると、一投目から喰いました。
が、下手な釣りで、その魚は抜く途中でポチャン。
再度、竿を出して、同ポイントで粘ると・・・出ました。
170420納得の渓11
綺麗なイワナです。

出たのも非常に判り易い、このポイント。
170420納得の渓12

その後は順調で、次々に掛かります。
170420納得の渓13170420納得の渓14
170420納得の渓15170420納得の渓16
170420納得の渓17170420納得の渓18
上流で沈砂池があって、凝集沈殿剤を入れている可能性が高いので、何となく持帰る気にはならず、今回は全てリリースしましたが面白く釣れました。

残念な原因が確定してしまいましたが、魚信は充分に楽しめた釣行で、帰りの山道を歩き下っていると、この日も何かに見つめられている気配が。
170420納得の渓
カモシカがジットこちらを見ていました。
近づいて行くんですが、カモシカは剥製の様に微動だにしません。
最終的に5m位の距離に近づいた時の写真です。
「こんにちは」と声をかけると、ユックリと木々の間に消えていきました。
今シーズンはカモシカとの縁が深いです、何かあるんでしょうか?