2017-05-29 

方針変更

普段利用しているガソリンスタンドでタイヤハメ替えをしようとしたらボッタクリ価格を提示された事はタイヤ再セット記事にしましたが、その後の進展がありました。
2017 04 18タイヤ組換1
タイヤバーストで1本だけを別タイヤに組み替えた車でガソリンスタンドに行く度に、明らかに1本だけが別タイヤなので、店員にジロジロ見られていました。

そんな中、店長に「タイヤが1本だけ違って、全体も摩耗が進んでいるが、タイヤセールしているのでどうですか?」と尋ねられ、今回のタイヤホイルセットの再セットに最終4500円のボッタクリ値を示されて、止むを得ず自分でやった話をしたところ、気まずそうな顔をして「ブリジストン系の安価ブランドFireStone4本でタイヤ&工賃&タイヤ破棄&ホイルバランス調整込みで17000円にするから、どうですか?」と提案されました。
「しかし、9月の車検は受けないと若夫婦が言っているから、モッタイナイ。」と話をすると、「それじゃあ、車検の法定費用は値引きしようが無いが、当店車検基本費用14000円を9000円に値引きするから車検も受けたらどうですか?」との再プッシュ。
「有資格者交換部品以外は全部自分で事前整備するのでガソリンスタンドの儲けは少ないと思うが、それでも良いのですか?」と回答すると。
「8月に車検前無料点検して法定不適合有無と、自主事前整備をやるに役立つ安全推奨項目を提示します。車検の最終決心は、その結果と見積もりを確認してからで良いです。」との事でした。

その夜に、娘に今回の条件を伝えた所、「この先2年間は育休で今回の軽を通勤に使う必要は無いので、タイヤが安く買えて、車検も安く出来るなら車検を受ける。」と、あっけない程簡単に方針転換をしました。
元々が、”車なんてものはワッパが4本ついて動いて止まれば良い”と考えている若夫婦なので当り前かも知れません。

そんなかんだと色々あって、店長の強力な押しに上手く乗せられたのかも知れませんが、タイヤ4本を新品に交換しました。
2017タイヤディスカウント
4月にタイヤ/ホイルの入替のボッタクリ値提示に腹を立てながら、自力でタイヤハメ替えに使った1時間半は何だったんだという気もします。

今回の車検仮予約のオマケで、ガソリンの会員価格に上乗せ3円引きクーポンも貰えました。
EPSON004.jpg
このクーポンのお蔭で、会員値引2円+前回レシート値引1円+車検仮予約値引3円=合計6円値引きとなり、5月27日現在はレギュラーガソリン120円で買っています。
ガソリン価格は地方差と言うか、運送費差も顕著なので、全国的には高いか安いか分りませんが、当地では間違いなく最安値ガソリンです。


この所、収穫が続いていた豆類も、いよいよ撤収が近くなりました。
DSC_0237.jpg
毎日の様にあの手この手で食卓にあがりますが、やはりシンプルに収穫してすぐに極薄い塩水で茹でたのが美味しいです。
今年初めて植えたソラマメはやはり美味しくて、90歳過ぎた大婆さまがたいそう気に入ってくれてます。
エンドウはスナップエンドウですが、昨年はスナップエンドウと絹さやエンドウを隣同士で植えたら、両方のエンドウ共にサヤが固目の絹さやモドキばかりになりました。
今年は美味しいスナップエンドウが出ていることを考えると、アドバイス頂いた通りでエンドウでもキセニア現象が起きていたようです。
2017-05-26 

ウリ達

今年はウリ科の蔓物で、スイカに初挑戦しています。
この写真は購入苗を4月24日に定植してから1週間程の4月末の写真で、奥の未だホットキャップを被っていたのが期待のスイカです。
170517瓜達0

そんなスイカとは別に、幼い頃に冷して頬張った懐かしいマクワ瓜も初挑戦しています。
170526瓜2
写真はネット上の借用写真ですが、実に美味しそうです。
市民菜園仲間が昨年に初栽培して、お裾分けして頂いた、当地ではキナウリ呼ぶ黄金マクワウリが非常に美味しかったので、今年は自分でも栽培します。

苗が結構高価にも拘らず、1株あたり拳より少し大きい程度の実が4個育てられれば上出来だとか。
そうなると沢山作りたいので、安価に済む様に、種からの栽培に素人挑戦です。
170517瓜達1
4月26日にポットに播種し、ビニールを被せて保温もしたのですが発芽をナカナカせず、漸く双葉が開いたのは2週間後の5月10日。

ナカナカ発芽しないのに業を煮やし、ポット播種とは別に5月6日に畑に直播もしました。
170517瓜達3170517瓜達2
直播分にはペットボトル保温保湿しておいたのですが、その直播分はわずか5日後の5月11日に双葉が開きました。
この時点で、2週間程先行して播種したポット播種分と、直播で殆ど差がありません。

目指す苗はこんな雰囲気で、写真は自家育苗された人のHPから借りて来たものです。
170526瓜8
イイ感じで本葉が数枚展開して、市販されている苗と同じくらいに立派です。

こんな苗まで育てたいとポット育苗を続けますが、いつまでたっても本葉が十分展開せず、ポットに播種後4週の5月22日に畑に強制定植しました。
170526瓜7
強制定植した結果がこれで、定植翌日には枯れてしまいました。
ポット育苗の時は、ビニールを掛けて保温しておきましたが、夜間などに室内に入れたりして低温を避ける処置をしていませんでした。
小さなポットでは、夜間の気温低下を直播以上に受けて、成長が上手く行かなかった可能性が高そうです。
今回の苗づくり失敗経験で、売り物になる程に揃った苗を作り、売り物になる程に揃ったマクワ瓜を作れるプロのお百姓さんは凄いと改めて感じます。

一方で、直播して2週間経った5月20日の状態。
170526瓜6
本葉1枚が出始めて、元気に育ってくれそうな雰囲気です。
(更に26日の今朝には、可愛い本葉が2枚になっていて、直播分は上手く育ちそうです。)

ポット播種して育たなかった苗を強制定植した分は失敗だったので、その場所には改めて直播第2段をしました。
市販苗ばかりか、他の人の栽培記事でもマクワ瓜の立派なポット苗があるので、自分の苗づくりに不味い点があったのは間違いありません。
いずれにしてもマクワ瓜の栽培は、温度管理を含めて難易度が高いと分りました。

マクワ瓜はスイカと同じで不要な蔓を取り除いて必要な蔓だけに養分を集中して、人工授粉をした方が良いとか。
お盆の仏様のお供えに使えると良いなと、楽しみにしています。



冒頭写真の小玉スイカの現状です。
170626瓜8
定植1カ月後の状態ですが、子蔓4本づつが順調に育ち始め、現在は10節くらい展開して、側面のネットを登り切る処です。
この時期になるとかんぺ~さんが言っていたように、一日で10㎝以上も蔓が延びて、あれよあれよという間の成長です。

スイカの第1果です。
170526瓜9
子ヅルの5節に咲いた雌花ですが、既にスイカの縦じま模様をつけていました。
まだ蔓と葉を茂らせて株に力をつけなければいけないとの事で、今回の第1果は摘み取ってしまいました。
この所の夏を思わせる気温上昇が幸いしている様で、この後も最低気温が15℃以下にならない事を祈っている状況です。
ピーマンや芋などと比べるとウリ科は難易度が高いだけに、色々のアクシデントもセットで楽しめそうです
2017-05-23 

新天地

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2017-05-20 

トウモロコシ

越冬栽培したタマネギの内で、「極早生あさひ」を4月20日に撤収しました。
2017 05 10トウモロコシ0
今年は肥料を抑えたので、適度な大きさの肥大化で、保存性の向上を願っています。
が、極早生品種は7月上旬が保管限界と聞きますから、急いで食べなければ。

その極早生タマネギの後作として、トウモロコシの第1弾を植える準備をしていました。
トウモロコシは、ハックル70さんやかんぺ~さんがブログに書いておられた品種〝ゴールドラッシュ〟を昨年育ててみたら、粒皮が薄くて美味しかったので、今年も〝ゴールドラッシュ〟。
2017 05 10トウモロコシ5
タマネギの跡地を耕して、タマネギ残渣を取り除き、トウモロコシの根が深く張るように溝肥を入れて、マルチを掛けて肥料が落ち着くのを待っていました。

その間に種をポットに撒いて、苗を育て、日にちを稼ぎました。
2017 05 10トウモロコシ4
が、発芽率が60%程と成績が良くありません。
昨年もそうでしたが、直播の方が発芽率が良い印象です。
もっとも、直播は6月に入ってからだったので、十分に暖かくなっていた為かも知れません。
素人百姓も結構難しくて、上手くはなかなか出来ません。

そして、溝肥を入れてから2週間後に定植しました。
2017 05 10トウモロコシ6
昨年並みであれば7月早々に収穫予定ですが、今年は3月の低温影響を畑でも未だにひきづっているので、どうなるでしょう。

自分は朝採トウモロコシを直ぐに浅蒸して、昼にシンプルに丸カジリで食べるのが大好きです。
そんなトウモロコシ丸カジリ、残念ながら若者たちには今一で不人気です。
が、粒だけを外してサラダにしたりコーンスープにすると、人気が一気に高まります。
そう言えば、リンゴの丸カジリもしないし、その為か顎がホッソリとしている人が増えている。
進化なのか退化なのか・・・。


退化と言えば、市民菜園の横では新築ラッシュで、住み始めた後の外構整備も盛んです。
そんな中、外構整備を始めると必ず必要なのが、当地ではマサ(真砂)と呼ぶ庭土。
真砂は花崗岩が風化して出来た土ですが、砂と粘土分が適度に混ざり合って、保水力と水はけのバランスの良い土です。
今回も10トン車で真砂土を運んできて庭予定地に入れていました。
2017 05 10トウモロコシ7
所が、その真砂土の庭への入れ方にビックリしました。
真砂土をダンプでは無くて、普通の10トントラックの荷台に、フレコンバックに入れて運んできたのです。
そして、何と大型クレーンを持って来て、真砂土入りフレコンバックを持ち上げて庭予定地まで運び、フレコンバック底をカッターナイフで切り破いて庭に入れていました。
その為に、10トン車運転手、クレーン車運転手、駐車クレーン車用交通整理員、宙吊りフレコンバック安全確保の監視員、受入担当土木作業者3名と、総勢7名で土を入れているんです。
真砂土は10トンで運賃込で数万円でしょうが、クレーン費用と交通整理員と監視員で幾らの費用が掛かるんでしょう。
10トン程度の土を30m程運ぶなんぞは、10トンダンプで運んで来て、ドバーッと一瞬で降ろして仮置きし、今回受入担当の作業者3人が3台の一輪車で人海で運んでも、整地を含めても半日以下で終わるでしょう。
10トン余りの土を運ぶのにクレーン車迄使って総勢7名でやるのは、近隣迷惑最小化を最優先してほしいとの施主依頼だったとしても、〝余計な事考えの爺さん〟には退化に見えます。
2017-05-17 

レゴ

孫を保育園に迎えに行った時に、友達と頻繁に遊んでいるのが〝レゴ〟。
〝レゴ〟は昔からある連結可能な小型積木と言った所でしょうか。
自分が小さい頃にデパートに行くと、既に売っていて、欲しかったのですが、子供心にも高額なのが分っていたので諦めていた玩具です。

そんな〝レゴ〟を買ってやりたいなと調べると、基本セットでブロック450ピース程(約1㎏強)入っているバケツ入りがアマゾンで21000円。
20170517レゴ1
遊ばせるには最低2㎏の1000ピース程度は欲しいので、相当な高額になってしまいます。

そんな中、高くて手が出ない時のヤフオクで、レゴの中古価格を色々調べてみました。
バケツに満タンに入っていると約2.5㎏位で、それを落札するには4000円程度は必要で、送料を入れると5000円程が最低価格の様でした。
数万円と比べれば十分に低価格ですが、5000円も使うと「またも、甘いんだから」と、先回の自転車に引き続いての批判対象になりそうです。

何とかお値打ち品をと探す事、数日。
2.6㎏入り赤いバケツが、最低落札価300円設定で誰も入札しないまま、ヤフオクのレゴ類の後ろの方にヒッソリと載っている事に気づきました。
しかも入札締め切りが朝の9時前後。
ヒッソリと入札締切日が締切時間が近づくのを待って、300円で入札。
すると、本当に300円で落札できました。
運賃込の落札価格では、1099円。
20170517レゴ2
宅急便で届いた商品は、本当に赤バケツに満タンの2.6㎏で、汚れや割れも無く、今迄で一番お値打ちのヤフオク落札品でした。
300円落札にも拘らず、丁寧に対応下さり、ヤフオク写真以外のオマケも付けて頂け、出品者様に感謝感謝です。

孫が保育園から帰ってくる前に、爺さんが模範?組立を。
20170517レゴ3

保育園から帰ってきて、レゴを見つけた時の叫び声は嬉しいものでした。
20170517レゴ4
後は、夢中になって組立遊びをしています。
爺さんの組立てた模範?組立品は、あっという間にバラバラにされ、自分で作る分のパーツになってしまいました。


実は今回、レゴをヤフオクで探すうちに、前から与えてやりたかった幼児用のスキーセットも、お値打ち品を見つけて落札しました。
1704スキーセット
スキー板,ビンディング,ストック,靴で3500円程。
送料込みでも5000円を切って、落札できました。
このスキーセットは10月の誕生日プレゼントにする事にして、今は物置の奥深く仕舞い込んであります。

ヤフオクは本当にありがたいです。


この所の暖かさで、4月末に植えたスイカも成長速度が日増しに上がっています。
苗もホットキャップの中に納まりきらぬ程に茂ったので、ホットキャップを外してやりました。
20170517西瓜
摘心して子蔓を伸ばし始めていますが、未だ幼苗で、ネットに子蔓をはわせる程にはなっていません。
そんな中、市民菜園に集う人たちの意見に従って蔓の下にワラを敷いてみました。
確かに、ワラに蔓のヒゲが巻き付いてシッカリ位置を決め、強い風で蔓が動く事も有りません。
このまま順調に丸い玉に実ってくれるとありがたいです。