2017-06-10 

源流は面白い

5月の末に干物材料を獲りに竿を出したので、今回は釣を楽しもうとお気に入りの源流に入りました。
伐採工事と山間土木工事に阻まれて、今期入れていない源流です。

前半はアマゴ域で、後半はイワナ域の源流ですが、この源流は混生域は僅かで、線で引いたようにアマゴとイワナが境界を境に棲みわかれている源流です。

源流に入った100m位はアマゴ域の筈で、直ぐに小型のアマゴが上がりました。
170610源流1
水は写真の通りにかなりの渇水でしたが、深みの岩影に隠れていたのが釣れました。
170610源流2
所うが、その後が続きません。
人跡が結構あったので釣切に近いかもしれませんでした。
僅か一匹でアマゴ域を遡行し終わって、イワナ域に入りました。

アマゴ域とイワナ域の境辺りは水滲みが多いのか水量がさらに減ります。
その後の更に登った、水量が復活した辺りで、イワナの1匹目が出ました。
170610源流4
これも小さなイワナですが、漸く出てホッとしました。
170610源流3
この辺りに来ると人の気配はズット落ちます。
途中で水が枯れそうになるので多くの人は引き返してしまうのでしょう。

その後は順調で、
170610源流5170610源流6
170610源流7170610源流8
170610源流9170610源流91
170610源流92170610源流93
流れが狭いので1ポイントで何匹もと言う訳には行きませんが、歩いた分だけ釣れます。


そんな状態で、これ以上は無理という地点まで遡行しました。
170610源流911
この細い流れが出てくる岩の向こうは、完全に笹薮に埋もれて竿は出せません。

そんな流れ出ずる岩の境に餌を落としたら、隙間からバシャッと喰いに出てきました。
170610源流912
丁度良いサイズのイワナです。
こんなのが、細い細い流れに棲んでいるんですから不思議な魚です、イワナ。

本流の流れの筋は力不足で何とも読みにくいのですが、源流の流れには筋なんてのは無くて居場所だけですから分り易いです。
自分には、やはり単純明快な超源流が面白いです。
そんな風に、山奥で楽しめた半日でした。



平野では・・・・越冬栽培の豆たちが終わった跡地。
秋冬作までの間をどうしようか?と、迷っていましたが、連作障害を防ぐために熱消毒する事に。
石灰とモミガラを漉き込んで高畝を作り、水をたっぷりかけて、透明ビニールシートで覆ってみました。
170610源流921
太陽熱と水と発酵を利用して、土壌を熱と酸欠で消毒する作戦です。
これから、2か月半程はこのままにしておくつもりでしたが、そんな事をすると悪玉菌だけで無く善玉菌も皆殺しにしてしまうんで良くないのではとの懸念を言って下さる菜園仲間も・・・。
言われてみれば、確かにそんな気がします。
どうしたもんじゃろうのう。