2017-07-31 

干物材料

毎朝食に欠かせなくなっている渓魚の干物。
オーブントースターでこんがり焼いて、手でつまんで食べています。
そんな干物の在庫が減って来て、前回の釣行「梅雨明け」で材料も揃って干物加工を始めたんですが、連日の曇りと少雨で半分を乾かすのがやっと。
残りの半分は、大量のソテーになって夕食で食べてしまいました。
思った様には干物を補充できなかった中、〝土曜は晴れ〟の干物つくりが出来そうな天気予報を頼りに渓に行きました。

28日(金)は婿さんの夏休み休暇だったので、家の雑事からは解放されて、早朝からいそいそと山に向かいます。
渓に降り立ったのは6:15。
170728干物材料11
谷底の樹の隙間から見える空は低く垂れこめた雲で覆われていますが、この日は雨は降らない予報です。

先ずは、元沢の源流入口で1匹。
170728干物材料12170728干物材料13
今回の源流に行く時のメリットの一つで、元沢の源流入口に大岩に遮られて見えない落込~緩流帯があって、この場所は魚が残っています。
大岩越に糸を垂らすと・・・ピクピクと魚信が伝わって来ます。
やはり、今回も魚が残っていました。
小さいですが、先ずはイワナの顔を見られて感謝です。

そこから、源流に入っていくと、流れは一気に細くなります。
170728干物材料20

岩で流れの緩急も適度に出来て良い小川ですが、小さ目しか出て来ません。
170728干物材料21170728干物材料22
170728干物材料23170728干物材料24
元沢を釣り上がってきた釣人の内の幾人かは、この源流にも分け入って、良い魚だけが抜かれてしまうんですね。
言葉を変えれば、根こそぎする人は誰もいなくて良い釣場です。

中にはこんなチビも。
170728干物材料31170728干物材料32
流れの中には、こんなチビの他に、鉤を咥えるのは全く無理なメダカ程度の今年産まれた稚魚が泳ぎ回っているのも見えます。

そんな、小型が多い源流を暫く釣り上がって行くと、辺り一面が熊笹に覆われて、流れも見えなくなってしまいます。
殆どの人は此処で戻ってしまうんでしょうが、その熊笹帯を突き抜けると再び、小さな流れが現れます。
170728干物材料40 (2)170728干物材料40

此処からは、流れに定位している渓魚も沢山見えて、一気に釣り易くなります。
170728干物材料41

170728干物材料42170728干物材料43
170728干物材料44170728干物材料46
170728干物材料47170728干物材料45

そんな中、ヤット出てくれました。
170728干物材料62
今期の初尺。
掛けた瞬間に尺と判ったので、無理をせずに、下の写真の小落込み左下の小さな水溜りに引きずり入れて確保しました。

メジャーで測ってみるとサイズは31㎝。
大物がとても棲めそうにない、こんな細い流れに潜んでいました。
170728干物材料61170728干物材料64
細い流れとは言うものの、この前後は更に細くて浅い流れなので、この流れの中では深くて岩もある良場を、一番強い大物が縄張りにしているんでしょう。

この日は、こんな大物も。
170728干物材料71
口から太長いドバミミズを垂らしたイワナ。
ミミズの長さも入れたら、全長は尺に近かったでしょう。
それにしても、口からミミズを垂らしたままで、次の餌に喰いつくんですから、イワナの貪欲ぶりには驚かされます。

そんなかんだと釣上がって行くと、源流もいよいよ細くなって来ました。
170728干物材料81
この先でも、更に100m以上はイワナが釣れる細い流れが続くのですが、定量になったので、山を下りました。


渓釣りシーズンも終盤戦に近くなってからのやっとですが、今季の初尺を揚げて、験担ぎの〝鳥ホルモン定食〟で昼食。
170728干物材料91
丁度昼時に重なったので、鳥料理店〝花の木〟は順番待ちの人と車で溢れていました。
今シーズン初めての尺上ランチは、ヤレヤレ感も相俟って美味しかったです。


今回の釣行課題の干物の再作成も無事に完了しました。
170728干物材料92
最近の天気予報は大したもので、29日(土)は18時頃に予報でも可能性を伝えていた小雨があったものの、日中はズット晴れの干物日和でした。
干物加工も、今回は夏の陽射しに助けられて、2回に分けて無事に干し上がりました。
暫くは喰い繋げる、相当量の干物が冷凍保存出来て良かったです。
2017-07-28 

漏水騒動

朝10時頃、玄関チャイムがピンポ~ンと、出てみると瀬戸市の水道検針員さん。
170716漏水1170716漏水2
どうしたのかと話を聞くと、2カ月毎の水道検針に来たが今回の水道使用金額は35000円程といつもの2倍ほどで異常ですと教えてくれました。
確かに2世帯分で、風呂は毎日2杯、洗濯も毎日3杯なので、2か月分水道代は毎回15000円程と結構な額ですが、今回は高すぎます。

家中の水道を全て使用していない事を確認したうえで、自分で現認して見ると、水道メーターが回り続けているので、何処かで漏水しているのは間違いありません。

先ずは目視確認で水道管埋設地面や家屋床下に水が溜まっていないか確認したが、異常ありません。
次に全ての排水升の蓋を開けて僅かでも水が流れ続けていないか確認しましたが、異常ありません。
170716漏水3
最後に聴診。
水道蛇口や壁や水道配管付近の地面に耳を当てて、微かでも水漏れの異音が無いか確認します。
その中で、屋外立水栓で微かな異音がしている気配がありました。
携帯で話しながらバアサンに水道メータ手前の元バルブを開け閉めさせると、開けた時だけに微かな異音がしているのは間違いありません。

そこで、未だ20代の頃に煉瓦とコンクリで手作りした流し枡を、ハンマーとタガネで壊して行って地中を調べました。
170716漏水4
煉瓦を外し、コンクリ底面を破壊して行くと、地中に水が溜まっていました。

再び、水道メーター前の元水栓を開けると、水が噴き出します。
170716漏水5
間違いありません。
立水栓と水道配管を連結している部分からの水漏れでした。

モンキーレンチで袋ナットを緩めて、立水栓を外します。
170716漏水6

立水栓と給水管はフランジ継ぎ手で、リングパッキンを挟んで、袋ナットでフランジ同志を押し付ける構造です。
170716漏水7
リングパッキンは芯無の単純ゴムだったようで、劣化融解した黒いゴムが、立水栓側にくっ付いていました。
この立水栓は新築時にセキスイハウスで取り付けた物ですが、35年の月日がゴムパッキンを分解してシール力を無くしてしまいました。
家を建てた後に不便だと、自分でも2カ所の屋外立水栓を追加しましたが、いずれも立水栓側にソケットネジをねじ込む方式で、今回の立水栓の様に地中に埋もれている僅か一枚の平パッキンに全てを託す方式では有りません。
立水栓の接続方式自体が設計思想ミスで、そんな部材の採用を許したセキスイハウスの監督ミスで残念です。

35年以上前の付帯工事で残念に思われたセキスイハウスも迷惑な話かも知れませんが、たまたま家にあった車エンジンのドレンプラグ用のゴムパッキンのサイズが合ったので、無事に修理完了しました。

今回の修理工事を支えてくれた道具たちに感謝して今回分工事は完了。
170716漏水8
再漏水するといけないので1カ月ほどは、土で埋め戻すだけで様子をみて、再発しない様であれば、立水栓の水受けと排水口の左官工事の予定です。

しかし、今回はラッキーでした。
・地上噴出などの際だった異常が出て来る前に、検針員が異常を指摘してくれました。
・通常比で2万円超増しの無駄な水道代ですが、この春に終わった下水本管敷設工事に合わせての宅内下水接続工事は未了だったので下水道代上乗せはありませんでした。
・地中の漏水音が、地表に伝わり易い立水栓付近での漏水だったので、音から漏水場所を絞れて、一発で漏水箇所断定出来ました。
家を建ててから外壁や屋根などの定期メンテはして来ましたが、35年超の母屋ではこの後も突発不具合が散発する可能性が高そうです。
何とか簡単に対応できる程度の不具合で済めば良いのですが・・・・・。



紅小玉スイカの一番生りの収穫が全数完了し、これからは二番成りが始まります。
収穫を重ねる中で、新たに分って来た事がありました。
170716漏水9
収穫の目安は受粉後35日前後で、外観的にはスイカ実の近くの巻蔓と葉の茶枯れが目安になりましたが、それ以外にスイカの尻の凹みが少しだけ拡がる事が分りました。
写真は拡がった状態の尻の凹みです。
全部が同じ大きさに拡がるのでは無くて、そのスイカで完熟になる前よりも僅かに拡がるんですね。
スイカを買って来る時はお尻のキュッと締まったスイカが美味しいと思っていましたが、自分で作ってみると、紅小玉スイカは完熟時にお尻の凹みが僅かに広がって、収穫せずに更に放置しておくとお尻から裂果してしまう事も確認しました。
スイカの音は自信がありませんが、お尻の凹みが僅かに拡がるのは完熟収穫タイミングが目視確認出来て良いです。
今年の紅小玉スイカに限っての事かも知れませんが、良い経験知識になりました。
2017-07-25 

梅雨明け

7月19日に東海地方は梅雨明け宣言が出ました。
夏もいよいよ盛期となり、最低気温も25℃を下回らない毎日で、とにかく暑いです。
そんな中、渓のひんやりした空気が恋しいと、8日ぶりに渓に向かいました。

7月23日の日曜日、山に着いたのは6:30。
山の気温は17℃、思わず深呼吸する気持ちの良い空気です。
空は今にも雨が降りそうな一面の雲で、太陽は霞ながら僅かに見える中、林道を歩いて、目的の沢に向かいます。
170723梅雨明11
この日の天気予報は午後から小雨と言う事で、雨の到来を察したイワナの活性が上がっていないかとの期待もあっての釣行です。

ようよう渓に降り立って、手袋を濡らす間もなく、一投目で上がったイワナ。
170723梅雨明12
サイズは小さめですが、とぼけた顔のイワナが、乾いてバリバリに固い合成皮手袋に握られています。

出たのは小落込み横の水の緩い位置でした。
170723梅雨明13

この時期にしては変だなと思ったので、更に続けて探ってみました。
170723梅雨明14170723梅雨明15
2匹目も小落込み横の水の緩い位置。

もう間違いは無く、この日は流芯から外れた浅めの巻き返し。
170723梅雨明21170723梅雨明22
170723梅雨明23170723梅雨明24
170723梅雨明25170723梅雨明26
同じ様な位置からドンドン上がります。

暖かくなるに従ってイワナは徐々に流れに出て、更に盛期になったので水が集まって餌も集まる赤印の尻付近に定位する季節です。
170723梅雨明31
しかし、この日は雨の到来を察知しているのか、降雨増水で流され無いように青印の緩流帯に固まっているのが特徴でした。

そして、もう一つの特徴は喰い方。
この日のイワナ達、口を一杯に開いて、餌にガバッと襲い掛かる獰猛な喰いかたでは無い様です。
餌を上に押し上げる様に掛かっているパターンが多かったです。
恐らく、口を余り広げずに吸うように喰って来るので、バイオを上に押し上げて鉤先だけを唇に掛けるんですかね?分りません。
170723梅雨明61170723梅雨明62
170723梅雨明63170723梅雨明64
170723梅雨明65170723梅雨明66
こんな感じで、バイオを鉤のチモトから上に押し上げて口の外に押し出した形で、鉤先だけを口に掛けるパターンが多かったです。
その為に、唇切れで逃がした魚も数匹程はいましたが、餌がそのまま使える場合が多くて、餌ロスをいれても使用餌数の2倍以上の大小イワナを釣り上げた勘定でした。

そんなかんだと釣上がると定量になり、11時に終了。
170723梅雨明71
林道への斜面を登る口元の山アジサイが、降り始めた霧雨に濡れて綺麗でした。
2017-07-22 

バジルソース

夏野菜の収穫が進んでいますが、需要の高いトマトは3箇所で作っています。
その内の1カ所は若者の担当で、彼らはトマトのコンパニオンプランツとしてバジルも育てています。

そんなコンパニオンプランツとしてのバジルも夏の陽射しを浴びてどんどん育って来ています。
 170722 バジルペースト1
バジルはピザやサラダにそのままトッピングしても美味しいですが、余りに量が多いのでバジルソースを作ってくれます。

バジルソースのもう一つの材料のニンニク。
 170722 バジルペースト2
6月に市民菜園で収穫したものです。
2年前に近所のスーパーで買ってきた食材の青森ニンニクを植えて、栽培を始めたもので、今年も自達球根で栽培収穫出来ました。

その他の材料のクルミとオリーブオイルは自達出来なくて、スーパーでの購入品。

それらの材料をフードプロセッサーに入れて、ペースト状にしたら出来上がり。
 170722 バジルペースト3

茹でたパスタに絡めれば、簡単にバジルソース・スパゲティ―。
 170722 バジルペースト4
お昼ご飯に良いです。
色々と使い道はありますが、単純に食パンに塗って焼いたバジルトーストが好きです。

残ったバジルソースは冷凍すれば長期保存できます。
 170722 バジルペースト5
密封バックに薄く延ばして冷凍すれば、使う分だけをその都度に割り分けて取り出せるので、すこぶる便利です。

若者が栽培して準備してくれる、畑からの保存食です。



7月も後半になると、今年初めて育てているマクワウリも無事に受粉して大きくなって来ました。
 170722 バジルペースト6
当地ではキナウリと呼ぶ黄金マクワウリで、昔からお盆のお供えにしている果物野菜です。
これも収穫タイミングに悩みそうです。

2017-07-19 

漸く完済

何回も記事アップしている携帯電話を従来型からスマホに替えた通信関係の始末記も、漸く完結します。
最近では釣りとスマホに新スマホの外出時の使い勝手と、実際の月々支払額を記事にしました。
所うが、それでも従来型の携帯電話1台の始末が残っていました。
”見守りGPS”の毎月の支払いを止める事務処理です。
170719漸く完済1
この見守りGPSは中央の丸ボタンを押すだけで、自分の位置を経度と緯度で複数の登録先携帯電話に無料で知らせる優れものでした。
また、遠隔操作で携帯電話から所在リクエストする事も出来るので、フラフラ出歩くジイサンの行先がいつでも確認できると、家族にも安心感を与えて来ました。
しかし、その安心を与える役割も、スマホに譲る事が出来たので、昨年12月以降は無用の品です。

”この見守りGPS”を使い始めたのは2013年6月でした。
170719漸く完済2
機器本体が1万2000円程で、月々の基本料金が1000円でしたが、2年間は基本料金が無料。
機器本体は24月の分割払いで、毎月500円の返済のみで使える。
2年間で機器本体が自分の物になると、以降は基本料金を半額の500円支払えば使い続けられるという契約でした。
IT企業らしい契約当初の支払いを少なくして、将来に渡って借金の様に支払いを続けさせる契約です。

そんな”見守りGPS”も昨年12月のスマホ乗換で不要になったのですが、IT企業得意の2年縛りで途中解約すると、9975円を違約損害金として支払わねばなりません。
初期費用をゼロ化し、毎月支払額を抑える代わりに、簡単に完済する事も出来ない借金を背負いこむようなものです。
2年縛りが解けるのは2017年7月11日なので、2年縛りが解けるまで支払い続ければコストは7か月×500円で3500円。
12月に解約すれば、違約金が9975円。
当然、月額使用料のカラ支払いを続ける事にします。
所が、ここでIT企業の更なる罠が待ち構えています。
契約解除の予約が出来ないのです。
キッカリ、2017年7月11日~8月10日までの1か月の間に、ソフトバンクに対して契約解除申込みをしないと、契約解除できません。
もし、その1カ月の間の解除を忘れてしまって8月11日になってしまうと、更に2年間の支払いをしなければなりません。

そこで、7月11日に近くのソフトバンクショップに行って来ました。
170719漸く完済3
結果は計算書の通りで、契約解除料も無しで済み、この後は支払いが本当に止まっていることを最終確認するだけです。

これで、やっとソフトバンクとの縁切りが出来ましたが、初期費用を抑える代わりに背負った借金を、漸く完済出来た様なものです。

年間基本維持費だけで5万円程だった携帯電話費用の中、ソフトバンクが2008年から本格販売したホワイトプランでは、当初の費用も抑えながら家族間通話無料で年間基本維持費1.5万円程と格安でした。
ソフトバンクが格安携帯電話の流れを一気に加速した功績は実に大きかったです。

一方で、アップルのスマフォ”アイフォン”を2009年からのキャンペーンで日本全国に展開し、年間維持費10万円ものスマホを広めたのもソフトバンクでした。

更に携帯電話会社の2年縛り契約が、契約社会とは言い難い日本の隅々にまで契約書の威力を、言い方を替えれば「甘い販売勧誘の罠」を教えてくれました。

格安携帯電話でソフトバンクに顧客を取込み、大ヒット商品“アイフォン”で顧客を高額契約に誘導して、2年縛りで長期高収益を確保する。
その戦略で、ソフトバンクの株式時価総額は10兆円を越え、ソフトバンクを世界3位の携帯電話会社に押し上げ、在日韓国系の孫社長は日本一の富豪になり(弟も日本2位の富豪にした)、その抜群の経営能力を全世界に証明しました。

結局”見守りGPS”は4年間使い、総費用は事務手数料込で27000円になりました。
その間に、位置連絡したのは大凡300回。
従って、位置連絡1回のコストは100円程の計算になりますが、自分と家族の安心料としては値打ちな費用だったと思います。



所うで、6月に収穫が終わってしまったポイゾンベリー。
今は大量に冷凍保存してありますが、安売りカステラにトッピングして、今も大活躍しています。
170719漸く完済4
毎日の高カロリー簡易ショートケーキで、夏太りしそうです。