2017-07-01 

簡単中華おこわ

娘から引き継いだ簡単料理〝中華ちまき〟は、簡単で美味しいお気に入り料理です。

その簡単料理も面倒になって、今ではもっと簡単に、中華ちまきが中華おこわにリニュウアルしています。
簡単な中華チマキでしたが、それでも面倒だったのが、お米を炒めるのと、アルミホイルで少しづつ個別に包む工程。
その面倒なのを、ぜ~んぶ省略してしまいました。

調理法は至って簡単、圧力鍋に材料をぜ~んぶ放り込んで、5分間加圧調理するだけ!
でも、美味しいんです。

材料たち。
1706中華おこわ1
基本的には中華チマキと同じで、これだけです。

<材料>
もち米:2カップ
うるち米:1カップ
鶏肉もしくは豚肉:250g(一口大に切る)
干し椎茸:3枚 (水でもどしてから1センチ角ほどに切る   もしくは、ありあわせのキノコなら何でもOK)
人参:1/2本(1センチ角ほどに切る)
干しエビ:一掴み(あればで良いが、あると美味しいさアップ)
鶏がらスープ粉:大さじ0.5
オイスターソース:大さじ1.5
胡麻油:大さじ1.5
醤油:大さじ1
砂糖:大さじ1
酒:大さじ1.5
水:400㏄(干し椎茸の戻し汁があれば、それも含めての量)

<作り方>
①最初に、お米をといで、ザルに上げておきます。

②次に、肉を一口大に切って、圧力鍋に放り込んで、分量外の酒と醤油を入れ混ぜて、下味をつけておきます。
1706中華おこわ21706中華おこわ3

③それから、他の材料を1センチ角ほどに切ります。
1706中華おこわ4

④切った材料③と米①と調味料のぜーんぶを、圧力鍋に放り込んで、グルグルと何回か掻き混ぜます。
1706中華おこわ5

⑤圧力鍋に蓋をして、強火で加熱して、シュ~ッと加圧したら、弱火にして5分加熱。
1706中華おこわ6

⑥後は、圧力が無くなるまで放っておくだけ。
1706中華おこわ7


書くと、ゴチャゴチャしてしまいますが、材料を切って、圧力鍋に全部放り込んで、5分間加圧熱調理するだけと、サラダ並みの簡単料理になりました。
ですが、とても美味しくて、90過ぎのオオババ様から、4歳の幼児まで大喜びしてくれ、万人受けする御飯になりました。
1706中華おこわ8
今回は、鶏肉バージョンと豚肉バージョンを3合づつ作りましたが、あっという間に胃袋に消えました。
ほんとうは、これに春のワラビや、秋のキノコをいれたら、更に美味しい季節の炊き込みおこわになるんでしょう。




先日、4つの大学が集まっている名古屋市郊外の文教地区に所用があり出掛け、丁度お昼時になりました。
その内の女子学生が多く通う名古屋外語大学の近くに〝可愛いお店〟がありました。
お店の前には手書き黒板があり、ランチ1000円の誘い文句が・・・。
1706学生街のランチ
ホ~ッと興味に任せて入って、注文して出てきたランチ。
この後に紅茶も出て来ました。
胃を切って以来の小食なので量は良いのですが、〝中華おこわ〟とは真逆の、実にビジュアル系のランチでした。
いまどき女子学生の生態と言うか、好みが分った気がした興味深いランチでした。