2017-07-16 

雨後の源流

3月14日は尾張北部でゲリラ豪雨があり、大変な被害が出ました。
尾張東部の我家では若干の雨が降った程度で、昨今の極一部に集中的に降るパターンは正にゲリラ豪雨です。
YAHOO地方天気サイト情報では信州南部の雨量は僅かですし、国交省の雨量データでも釣場付近の14日雨量は僅か5mm程で、水位も殆ど変化していません。
そこで、そんな尾張北部のゲリラ豪雨の翌日に源流で竿を出しました。
ニュース番組で尾張東部の一宮などの豪雨災害映像を流している中で、明日は釣に行くと言ったらバアサンは信じられないと言った顔で「危ない!」。
幸いにして?、メキメキ発言力を増している娘は夏風邪ダウンで、そこどころでは無かったので、強行突破の釣行でした。

釣場に向かう途中の本流も里川も上流域も減水で、バアサンには渇水に近い本流の写真を送信して安心して貰いました。
予定の源流に着くと、同様に減水で芳しくない状態で、ゲリラ豪雨被害地とは50~100㎞程度しか離れていないのに雨量が全く違っています。

本当の一投目で出てきたイワナ。
170715雨後11
天晴なほどのチビですが、入れた瞬間に喰ってくれて、活性が高い証で幸先良いです。

源流なので細い流れですが、出た場所は、小さな落込みの小さな巻き返し。
170715雨後12

いつも通りに最初の一匹に習って釣上がりますが、30分程もキープ無し。
そこで、原点に返ってアチコチと探り釣。

漸く出てきた魚は、少しだけサイズ良し。
170715雨後13
出た場所は頭では無くて、尻。
170715雨後14
次の落込みに落ちる前の水の集まってくる場所。

3匹目に出てきたのは、型良し。
170715雨後21
所うがこのイワナ、手に取る寸前に岩に落下。

どうしたのかとよくよく見ると、竿の3番が折れていました。
170715雨後22
シマノの廉価版の竿「天平5.3m」ですが、使い始めて3年目のメイン竿で、寿命の様です。
どうしようも出来ない折れ方なので、予備に持参している「天平6.1m」に交換。
所うが、源流で6.1mは何とも長すぎて使いにくいです。

そこで、現地で竿の組替をしました。
170715雨後23
天平6.1mの3番を外して部品にして、折れてしまった天平5.3m3番に付けました。
今の竿は昔の竿と違って、標準化されたパーツを使った工業製品。
同メーカの同銘柄の同タイプの竿であれば、天平では長さ違いでも互換性があるので非常に便利です。

直した天平5.3mを使い、イワナも流れに出て餌が集まる尻にいると言う事にして、流し切りにして尻を攻めます。
すると、続々とイワナが上がります。
170715雨後31170715雨後32
170715雨後33170715雨後34
170715雨後35170715雨後36

例によって、喰わせて面白い豆もあがります。
170715雨後41170715雨後42
この日は、水の緩い所に餌を入れると豆たちが飛びついて来ました。

面白いリリースイワナもいました。
170715雨後43
頭隠して尻隠さずの典型ですが、リリース後に再度手ですくえるほどの愉快なイワナでした。

この日も定量に近くなって来ました。
170715雨後91170715雨後92
源流の砂に埋まった小落込みから小さ目イワナが出ると、丁度正午になり終了。
ゲリラ豪雨翌日の減水の源流でした。