2017-08-03 

デイキャンプ

今年の変な気候。
オマケに家の雑事でフットワークが重くなっているので、今年は海に遊びに行っていません。
そんな中、婿さんの夏休みが平日の7月31日に取れ、天気予報も伊勢湾の南知多は晴れそう。

このチャンスを逃してはと、知多半島の小野浦海水浴場に向かいました。
170731海11170731海12
平日の海水浴場は空いていて、名古屋港に入る大型船を遠くに眺めながら、ノンビリできます。

この日のテーマは、若い親子に浜辺でのデイキャンプの設営法を教える事。
海辺の遊びは、特に幼児を抱える若いファミリーには広い日陰をどう確保するかがポイント。
この日は、数人がユックリ日陰に入れるように、市販のブルーシートを使って、砂浜にタープを張ります。
170731海21
今だとオートキャンプ用の自立式大型タープ等もありますが、このデイキャンプ用資材は小さなものでは押し合いへし合いになってゆっくりできないと、30年程前に自分で組み合わせた物です。
ブルーシートは市販の折畳ポールとロープと砂袋用コンビニ袋を使ってピンと張ります。
砂浜の場合はペグが効かないので砂袋が必用で、砂を入れるのも穴を掘るのもバケツを使えば凄く簡単です。

ブルーシートタープの下には、6畳サイズのシートを敷いて居住スペースにします。
170731海22
居住スペースを快適に過ごす為に、荷物を持参するに使ったコンテナをテーブル兼まな板にし、足に付いた砂でザラザラにならないように砂落とし海水バケツと、足拭き布を用意し、バアサンはホウキも用意して、砂を掃き出します。
そして、真水の入ったバケツも用意して、手と顔を気軽に洗えるようにすれば完璧。
此処までやると、日陰に身を置きながら浜辺を渡る風に身を任せる快適な時間を過ごせます。

もっとも快適なのは本人達だけで、洒落た音楽が流れ、カラフルなパラソルやサンシェードが彩る浜辺に、ホームレスの公園テントの様なものが出現するわけですから、人様の迷惑にならぬように浜辺の一番端に設営します。
また、バーベキュウは砂浜を汚しがちになるので、海水浴場でやるのはタブーですね。


一通り遊び、ノンビリした後は、デイキャンプも撤収し帰路につきます。
帰り道では、これまた定番の〝えびせんべいの里〟へ。
170731海91

高速ICのすぐ横にあるお店で、観光バスも必ずと言って良い程に立ち寄る店です。
170731海92
170731海93170731海94
平日にも拘らず賑わう店内には20種類を下らないせんべいが並び、無料食べ放題といってはオカシイんでしょうが、常に補充され続ける全種類の試食品が大量に並んで、試食品を食べる人で大賑わいです。
備え付けのトングで手の平に乗せると、1回で丁度せんべい1枚分位に。
そんな具合に全種類の試食をすると、大袋の半分ほどの量を食べた事になるんじゃないでしょうか。
更に、無料のコーヒやお茶も準備されていて、試食を終えた人は椅子に座って、喉を潤します。

併設と言うか、本来のせんべい工場の見学ルートも用意されていて、工場見学の後に、2回目の試食品めぐりをすると、お腹はすっかり満杯になります。

そんな〝えびせんべいの里〟を後にして家に帰ると、ジキに夕飯。
試食食べ放題の魔力でせんべい腹になっているので、夕飯がきつかったです。