2017-03-12 

極寒の渓

戻り寒波と言うのか、週の後半はかなり冷え込んで、山間部には雪も降りました。
そんな寒さと降雪の翌日、休日ならば保育園の送迎も無くて、朝から渓に入れると、あへて山に渓釣りに入りました。
でも、一応はアマゴもいる標高が高くは無い混生域にしました。

標高が低めのつもりだったんですが、山に行くと一面の雪で気温3℃、こりゃ不味いかなと思いましたが、この日は未だ9時なので様子をみてからの転渓も可能です。
実際に渓に降り立つと完全に雪に閉ざされて岩の上も凍り付いて、水温は1℃とかなり良くない状態です。
所うが、流れをよく見ると魚が流れに出て、漂っています。
2017 03 12極寒の渓1
案外いけるかもと思い、鼻先に餌を流すと迷わずバクッ。

アマゴでした。
2017 03 12極寒の渓2
非常に寒いにもかかわらず活性が高そうです。
雨では無く雪で、増水する程の量では無くても、降った翌日は活性が高くなるんですかね。

その後も、こんな雪と氷の渓で。
2017 03 12極寒の渓3

2017 03 12極寒の渓42017 03 12極寒の渓5
2017 03 12極寒の渓62017 03 12極寒の渓7
アマゴが次々にあがります。

どちらを向いても、こんな雪の渓でしたが。
2017 03 12極寒の渓8

2017 03 12極寒の渓92017 03 12極寒の渓10
2017 03 12極寒の渓112017 03 12極寒の渓12
イワナも次々にあがります。

2時間程釣上がった所で、
2017 03 12極寒の渓14
29cmイワナが出ました。
今期1号には1.3㎝足りませんでしたが、懐かしい姿です。


この日は、9寸イワナ3本を含めて爆釣モードでしたが、氷と雪に閉ざされた非常に危険な状態の渓。
今期0号を機に2時間で退渓しました。

今回は”なんちゃって験担ぎ”になりますが、”鳥ホルモン定食”を昼食として食べるに丁度良い12時です。
2017 03 12極寒の渓152017 03 12極寒の渓16
駐車場から車が溢れているお店に入って見ると、20分待ちの行列。
そう言えば、休日の丁度お昼時。
今期4回目にして、やっとスッキリした渓釣りが出来、いつもに増して美味しい”鳥ホルモン定食”でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
見事な釣果ですね、わたしも同じような経験があります、今の時期、雨など降って雪代が入り込むと水温が一旦は下がるのでしょうか、凍っている時の方が活性が良かった事があります、石の色のためでしょうか黒くさびていないのが不思議です。

No title

おはようございます。
まだまだ寒そうですね~
なかなかコタツから出られずにいます。

No title

おはようございます。
爆釣おめでとうございます.
綺麗なアマゴに岩魚ですね.
この時期でもさびがないのですか..
アマゴの天然は冬はさびているとおもってました.
活性が高くなる理屈は何でしょうね.

No title

おはようございます。
四度目の正直でしたね。
食べ頃サイズが揃ったようで何よりです。
渓相を見るとまだまだ雪が残り滑りやすそうで、私には竿を出せそうにありません。
一雨降って増水すれば爆釣になりそうな溪ですね。mabu

No title

お疲れ様でした。
やりましたね!!!
お昼の定食美味しかったでしょう。
溪も最初に入った人の勝ちですね。
29cmあれば尺と同じですよ。
私はたぶん尺と言っちゃいます。
それにしてもこれだけ雪と氷があると、移動も大変でしょう。
無事に戻られて何よりでした。

ハックル様

こんばんは。
この日が、今シーズン始まって一番条件が悪そうだったのに、良く喰ってくれました。
この場所で、アマゴの黒は滅多にお目にかかりませんが、イワナは岩下から誘った時には黒イワナにお目にかかります。
ただ、イワナもアマゴも盛期の輝く様な白い魚体と比べると見劣りますね。

かんぺ~様

こんばんは。
尾張では既に梅が満開で、厚手のコートは必要ないのですが、山は寒いですね~。
この日のこの渓は最悪で、ウエイダーのフェルトが岩に凍り付いていました。
雪も去ることながら、とにかく氷の渓で怖寒かったです。

kinkan600様

こんばんは。
この日は年に何回も無いような爆釣で、面白いように釣れました。
そうですね、錆も僅かで綺麗な魚体です。
が、この場所は盛期になると輝く様な白い魚体になる、自分がこのブログでも”白いイワナ”や”白いアマゴ”と呼んでいる魚が出る流域です。
今回の様な最悪の渓で、何故、活性が高かったのか不思議です。

maburin様

こんばんは。
やっと、満足に釣れました。
今回は、三枚おろしサイズが揃ったので、昨日は塩焼、今日はソテー、明日からは干物です。
今回の渓はホントに危険でした。
雪は兎も角、氷結した岩が怖いので、移動の度に竿を畳んで、両手両足で体を確保しての釣上がったので、200mも釣っていません。
少し気温が上がったら、今回の続きでも竿出ししたい所です。

佐久っ子様

こんばんは。
ようやっと、スッキリできました。
鳥ホルモンは、丁度お昼時間と言う事も相俟って美味しかったです。
今回は爆釣だったにも拘らず、今期不調で0.4糸のままでの釣で、しかも安糸なので寒くなると一層固くなり、切れるというより折れる傾向なので、取り込みはドキドキでした。
氷の谷底での移動はとにかく大変でした。
移動度に竿を畳んでリュックに入れ、両手両足を使って這いつくばる様に移動していました。
「尾張の馬鹿な老人、氷の渓に魚を求めて足を踏み外して、氷浮かぶ流れに転落し心臓麻痺で死亡」なんて、記事が出なくて良かったです。

験担ぎ

こんばんは。
水温1℃からのスタートでこんなに活性高いとは、釣りは本当にわからないものですねー。
この時期に数もサイズも出たようで、さすがです。
29cmのイワナの尾ビレ、これは以前にマーキングされた魚でしょうか。
マンボウさんのブログで鳥ホルモン定食を見ると、なんだか自分も次回は良い釣りができそうな気がします(笑)

リコプテラ様

こんばんは。
この日は11時を過ぎても、雪や氷のシャーベーット状になったのが流れに漂ってくる日でした。
しかし、抜群の記憶力ですね。
今回のイワナの尾鰭の切れ方はその通りだと思います。
昨シーズンからマーキングを止めましたので、恐らく一昨年に6寸以下という事でリリースマーキングした魚体と思います。
「お久しぶり、良く育ってくれたね」と、胃袋に収まったイワナでした。
今回はナンチャッテ験担ぎでしたが、今期1号はいつになるでせう。

No title

見事な釣果で流石ですね。
見るからに寒い渓相の中にこの上がりは凄いです。
29cm良い感触でしたでしょうね。(^^)/

活性条件

爆釣でしたね
チャレンジ成功で良かった
本当の活性はどんな条件に成ったら発生するか
今だ分からないです、
尺ものは次回の楽しみにしましょう。

幻の渓流師様

おはようございます。
過去は雪解けとともに徐々に山に入っていましたが、昨シーズンから解禁初期から山に入る様にしたら今回の怖~い渓でした。
雪もそうですが、岩や雪表面の氷が怖くて、流れに沿って上には歩きませんでした。
ポイント移動の度に竿を畳んで、氷の無い山側に迂回しての釣行になりました。
安全の為とは言え、そんな面倒な釣は嫌になり2時間でご馳走様ですが、良いポイントでは必ず良型が喰ったので今回の結果です。

釣お爺様

おはようございます。
林道を上がって行く途中で挨拶した、林道落石をショベルローダーで除去していた爺さんが「今朝はシッカリ凍ってるぞ」と言っていましたが、その通りでした。
それにしても、今シーズン最悪のコンディションで爆釣だとは分らないものです。
しかし、無事に帰ってこられて良かったナと、今になっても自省の釣でした。