2017-04-16 

美味しさを求めて

先回、雨の合間にで釣った源流の”白いイワナ”は、今年も美味しいと好評でした。
そこで、同様な白いイワナが泳ぐ谷に入ってみました。

11日に雨が降り終わってから既に3日経ち、寒冷前線通過の戻り寒さも緩んで、自宅付近などは最高気温が20℃と暖かくなっています。
今回入った沢は、若干の川幅もあって渓相が良いので、多くの釣人を集めています。
170416美味しい魚を狙って1
この日は平水で、入渓した10時で気温12℃、水温7℃でした。

幸先よく最初のポイントで魚影が見えたので、狙って掛けた1匹目。
170416美味しい魚を狙って2
白いイワナです。

イワナが定位していた場所はここです。
170416美味しい魚を狙って3
落込みの深場から離れた下の方に定位して上から流れてくる餌を待っていました。
所うが、未だ、餌を捕るのが下手で、数回流してやっと餌を咥えられたイワナでした。

その後も同じような場所を中心に順調に掛りました。
170416美味しい魚を狙って4170416美味しい魚を狙って5
170416美味しい魚を狙って6170416美味しい魚を狙って7
先回の源流程ではありませんが、色の薄いイワナ達です。

渓相が良くて、魚も次々に掛かるしと、気持ち良く竿を出していました。
170416美味しい魚を狙って8170416美味しい魚を狙って9

所うが、何かにジット見つめられている気がしてなりません。
周りを見回してみると、いました。
170416美味しい魚を狙って10
カモシカがこちらを見ています。

前足を揃えて、まるで伏せの様な格好で、崖からこちらを見ているのですが・・・。
170416美味しい魚を狙って11
よくよく見ると、むしれた毛があって、後足が骨になっています。
最初は垂直に近い崖から落ちて途中の樹に引っ掛かって死んだのかと思いましたが、後足だけが骨になっているのも変です。
やはり、熊に襲われたのかも知れません。

今シーズン、アチコチで見たカモシカの真新しい骨や死体は既に3体目。
生きたカモシカは年に何回も目撃するのに対し、骨や死体に出くわすのは何年かに1回だけだったので、非常に気持ちが悪いです。
この日は頼りにしている熊よけの音楽プレイヤーを忘れて来たので、尚更不安です。
先ずは同じく熊よけの爆竹を鳴らして、不安をとりあへず鎮めました。

「なんで、カモシカが沢山死んで、何が食べたんだろうか?」などと引続きで考えを巡らせている中、カモシカ死体と御対面後数分で、若干痩せ気味のイワナが掛かりました。
170416美味しい魚を狙って12
熊よけプレイヤーを忘れたからと、熊よけ鈴を意識して鳴らしながらのビクビクしての釣では、今一興ざめです。
先回の源流に似た白いイワナが釣れて、この日の状態ならマダマダ楽しめそうですが、この痩せイワナをキリにして13時前に退渓する事にしました。

「くわばらくわばら」と唱えながら、谷を登り、林道を下り、車まで戻った事は言うまでもありません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
確かに最近はカモシカの姿をよく見かけますね、本来あまり里には出ない動物ですが、ニホンシカが増えすぎたため餌がなくなったからという人もいます、罠に掛かったシカなど死んでしまえばたちまち骨だらけになってしまうそうです、クマというよりキツネなどの仕業のようですね。
クマは本来動物は食べませんが、最近は人の肉も食べたと昨年話題になりましたから、味を覚えると分りませんね。

No title

お疲れ様でした。
白いイワナは川石が白い為でしょうか。
きっと保護色なんでしょうね。
このようなカモシカを見ると流石に釣りどころでは無いですね。
源流では音楽を流していてもクマに怯えて緊張しますもん。。。

カモシカ

こんばんは。
渓流もだいぶ活気づいてきたようですね。
イワナの種類によって味の違いがわかるとは、なかなかグルメなご家族ですね(^_^)
カモシカ、この前の全身の骨もそうですが、今回のような死骸を見るのも初めてですね。確かにこれはちょっと不気味かも。

No title

カモシカの死骸をまのあたりにするとやはりぞっとしますね。
熊が襲った場合に残すことが有るのでしょうか???
自分は鹿の死骸ぐらいしか見たことが無く過去に一度ぐらいです。
鈴やプレーヤーが無いと一段と鳥肌が立つでしょうから当然撤収ですね。
無事の帰還お疲れ様でした。

ハックル70様

おはようございます。
良くわかりませんが、こちらの釣場山で圧倒的にカモシカが多くて、鹿は極僅かです。

熊の食べ物の話、非常に勉強になりました。
改めてググッテみると、肉を食べるのは北海道のヒグマで、本州のツキノワグマは基本的に草食性なんですね。
また、カモシカの肉を食べたのはキツネなどではと言うのも、大納得です。
すると、別の方が示唆していたように、殺したのは2本足で、食べたのは4本足小型肉食獣の可能性が高そうです。
これで、かんり安心出来ました。
ありがとうございます。

佐久っ子様

おはようございます。
白いイワナは、川石が白くて、また貧栄養で藻なども生えずに白い流れになっている保護色の可能性が高いと思っています。
今回のカモシカはビックリしました。
そのこちらを向いている死に顔が優しかっただけに尚更でした。

リコプテラ様

おはようございます。
渓流も良い季節になって来て楽しさが増しています。
イワナの味の違いは、地元の古老釣師に昨年マトマッタ話を聞けたので、全容がほぼ分りました。
自分が20歳前後の頃は、東北の北部でイワナを釣っていましたが、その頃のイワナは身が柔らかく臭いも強くて、食味は今一つでした。
エゾイワナとかアメマスとか呼ぶ、茶色に大きめ白斑点のイワナです。
その美味しくないエゾイワナを、当地の漁協が組織された昔に放流してしまったらしいんです。
もっとも、美味しくないと不評で、当時安かったニッコウに放流を切り替えたとの事です。
その為に当地付近では在来ソウタケ(ヤマト)とニッコウイワナとエゾイワナの混血がいて、更に各漁協間でも魚が入り混じってしまい、近隣の川や支流毎に、色や斑紋や食味に特徴が出ているのが真相の様です。
そのエゾイワナ混血がいる沢の魚が美味しく無くて、白いイワナにはエゾイワナの血が混じっていないだろうとの地元古老釣師の見解でした。

幻の渓流師様

おはようございます。
今回の死体は、骨以上に不気味でした。
しかし、ハックルサンの意見が具体的で、やはり前にカキコして下さった様に2本脚が殺して、4本脚が喰った可能性が高そうな気がしています。
月の輪熊の凶暴性が、動物を殺して喰いまくるヒグマとは違う事が分ったので、少し安心しました。

No title

イワナの食味に付いて以前から書かれていますが、そんなに違いがあるものなんですね。
当地ではヤマトイワナは余程奥に行かないと釣れなくなり、釣れるのは違法に放流されたニッコウイワナなので中々釣る気にはなりません。
岩手で釣るイワナはあまり美味しくないなと思っていました。

カモシカの死体はやはりゾッとしますよね。
ハックルさんのコメントでクマの被害ではなさそうとのこと、私も安心しました。mabu

maburin様

こんばんは。
川や地方によって違いがある筈ですが、当地で釣れるイワナの食味について美味しくないのは、エゾイワナ系の茶色に大きめ白斑点と、ソウタケと呼ぶ在来種が尺越えになって全体が茶色で斑点がほぼなくなったので、ダラッとした肉質で、臭いもして美味しくないです。
鮎は喰むコケや渓藻類で食味が違うと言いますが、イワナも川ごとに捕食できる食物差も重なっているのかもしれませんね。
熊は、今迄はヒグマの肉食映像を、月の輪熊に置き換えて怯えていた様でした。

動物達

雪が解けると死体が現れる季節ですね
色々な自然の厳しさを目にする事が有りました
今年はまだ死体は見ませんがカモシカ君が
前回の釣行で迎えてくれました、

漸く渓流も落ち着いたと思いしや、又この雨で
増水し当分厳しいですね。

釣お爺様

おはようございます。
3月は月間で50㎜程度しか降らなかった雨が、4月は18日で既に300mm近くと良く降ってくれます。
この雨と日増しに暖かくなる水温で、渓魚もグングン大きくなってくれると、期待したい所です。

カモシカと言えば、昨年の事、瀬戸市で人家と喫茶店が有る国道155号線の交差点にカモシカが現れて驚きました。
カモシカの人懐こい表情はいいですね。