2017-04-28 

タイヤ再セット

先回の釣行で釣りに使っている軽自動車が山道に転がる落石の鋭利な角でパンクして、しかもサイドが切れたのでパンク修理も出来ません。
2017 04 18タイヤ組換0
古い軽なので、今のパンク修理キット付タイプでは無くて、スペアタイヤ付だったので、無事にスペアタイヤ交換して帰っては来られましたが、サイド切れタイヤは交換しなければいけません。
この軽、今年秋の車検で9年が満了するので、買い替えの話も出ています。
今更の新品タイヤ購入も勿体なくて、前輪駆動なのでツイテ回りするだけの後輪に、制動能力のあるタイヤさえ装着して凌げば良いんですが・・・。

ホイール付の同サイズのタイヤはあるんですが、ホイール違いでは流石にみっとも無いです。
2017 04 18タイヤ組換1
ホイールは揃えたいです。

そこでサイド切れした駄目タイヤと、ホイールは違うが良タイヤを組替したい所です。
いつものガソリンスタンドでタイヤ/ホイールの組替費用を尋ねると、何と5000円。
①良タイヤを違ホイールから外して準備して、②サイド切れタイヤを純正ホイールから外して、③良タイヤを純正ホイールに組付けて、④良タイヤ/純正ホイールのセットを軽自動車に取り付ける。
タイヤとホイールを組付けるタイヤ組付工賃2500円を2セット分支払えと言う事でした。
2台分とはアマリノ値段と値引き交渉しましたが、元々の組付け工賃が格安にしてあるので4500円までと超強気でした。

そこで止むを得ず、自分で組替する事にしました。
40年ぶりのタイヤ組替で不安もありましたが、軽自動車の小さなタイヤなのでなんとかなるだろうと楽観的に取り組みます。

一番の問題はホイールに噛んでいるタイヤビートをどうやって外すかです。
2017 04 18タイヤ組換3
今の乗用車用タイヤは殆どがチューブレスなので、リム(ホイールのツバ)とビート(タイヤ端のホイールに密着する部分)がシッカリ噛んで、チューブ無しでも空気が漏れない仕組みになっています。

そのリムとビートを分離する作業をビート落としと言います。
2017 04 18タイヤ組換4
ホイールのリムへの、タイヤのビート噛みこみを外すと、こんな感じです。

昔やった時は、ビートブレーカーと言うホイールに噛んでいるタイヤを、落として緩める工具を友人から借りてやったのですが、今は借りられる人がいません。
2017 04 18タイヤ組換2 ビートブレーカー24500円
買うとなると2万円以上するので、お話になりません。

何か方法は無いかと考えた末に、この難関のビート落としをジャッキでやってみました。
2017 04 18タイヤ組換6
車の重さを利用して、横にしたタイヤと車の間にジャッキを入れて、ジャッキを広げて行ったら、タイヤがバスッと落ちてヤレヤレ。
勿論、バルブコアを緩めて、タイヤの空気を抜いてからの作業です。

此処までくれば、後は力技。
2017 04 18タイヤ組換7
ホイールとタイヤの間にタイヤレバーを差し入れて、グリグリとホイールの間に挟まったタイヤを抜きます。

この様に、2セット分のタイヤとホイールを分離して、使うタイヤと使うホイールを、タイヤレバーを使って力ずくでグリグリとタイヤをホイールに入れます。

後はタイヤのビート部に石鹸水をスプレーして滑りを良くして、バルブからコンプレッサーエアーを入れればOK。
空気の力でタイヤが膨らんで行き、最後はバンと言う音がしてホイールリムとタイヤビートがシッカリ噛みあいました。
やはり石鹸水をスプレーして、各所から空気漏れが無い事を確認して完成。

ここまでの所要時間は1時間半。

今回お世話になった道具たち。
2017 04 18タイヤ組換5
下から、ビート落としに使った、自動車付属のジャッキ。
タイヤをホイールから外したり入れたりするのに使った、愛用のタイヤレバー。
タイヤとホイールの滑りを良くしたりエア漏れ確認に使った、石鹸水。
この他に番外で、タイヤに空気を高速で送り込んでとホイールを最終密着させるに使った、ガソリンスタンドのコンプレッサーエアー入れ。

時間はあるが、4500円が惜しい爺さんや学生ならではのセルフ作業です。



昨年植えたスナップエンドウの収穫が始まりました。
スナップエンドウ収穫
初めて植えた昨シーズンもそうだったんですが、スナップエンドウは冬の間に葉の緑が凄く薄くなって、どうも成績が良くありません。
が、春の追肥と共に徐々に葉色も回復し、普通に食べるくらいだけは何とか収穫出来そうです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
タイヤの組み換えを自分でやってしまうとは恐れ入りました、私ならホイールは違ってもそのままでしょうね。
私も今年のエンドウは良くないようです。

No title

おはようございます。
今の車ではサイド切れしたら全くアウトですね。
頻繁に山へ行く者にとっては、スペアタイヤ付きの昔タイプが良いですよね。
それにしても自分でタイヤ交換をしてしまうとは大したものです。
当地ではタイヤを持ちこんでの嵌め代えで5000円/4本でやってくれるところもありますが、タイヤを外しての嵌め代えはまだ経験ありません。mabu

No title

タイヤ交換お見事です。
知恵の使いようですね。
4500円あれば釣りに2回は行けるでしょう。
これは大きい!!!!

スナップエンドウはもう収穫できるんですか。
羨ましい限りです。
季節が一か月進んでいます。

勉強に成りました

ジャッキの使い方もこんな方法が出来るのですね
参考に成りました、有難う
私は友人が車屋で取り替えはサービスしてくれますが、今度機会が有ったら自分で取り替えてみます

ハックル70様

おはようございます。
力技になる事は分っていたので、行きつけのガソリンスタンドでやろうと思ったんです。
が、足元を見たというか、新品を売りたいというか、余りの嫌がらせ価格にメラメラと火がついて、今回の出来事に。
エンドウは2年連続です。
昨年もキヌサヤエンドウは良くて、スナップエンドウは駄目でした。

maburin様

おはようございます。
今の車のスペアタイヤを積んでいないのは全く困ります。
今回は古い車で良かったんですが、バーストしたらお手上げですね。
今の車の保険には無料レッカーがついているので良いのかもと思うんですが、電波の届かない山中では全くのお手上げになります。
今回のガソリンスタンドの1本2500円は足元を見たボッタクリだと思いますが、4本5000円は超格安ですね。
オートバックスあたりでは、ホイールバランスだけで1000円の話も聞きます。

佐久っ子様

おはようございます。
昔、貧乏学生だった頃に車の整備も一式覚えました。
その当時は、自動車部の後輩からビート落としを借りて使えたのですが、今回はジャッキです。
4500円、足元を見たボッタクリとおもうと、ついつい熱くなってしまいました。
スナップエンドウは今年も冬越しに失敗しましたが、何とか復活し、食卓に上っています。

釣お爺様

おはようございます。
車のジャッキと言うのは、色々と重宝しますね。
以前、傾いた小屋屋根を水平にするのにジャッキを使い持ち上げて、基礎の再工事をした事がありました。
タイヤの組替は相当な力技になりますが何とか出来るものです。
今回は後輪だったので妥協できますが、前輪の場合はホイールバランスだけは自分でできないのが問題です。

No title

これはこれは素晴らしい工夫での交換。
出来る物なのですね。
「組替費用を尋ねると、何と5000円」これはまた高額なことスタンドは高額ですね。

自分は入れ替えをよく中古のタイヤ屋さんにお願いするのですが軽ですと組み換えと処分を含めて1000円です。ですから今回のは2000円で終わりますね。
わっぱのみの持込で入れ替えでしたら1000円で税込です。
こちらのが安いのでしょうかね?^^;

幻の渓流師様

こんばんは。
流石に①組タイヤを車から外して、②古いタイヤをホイールから外して、③外したホイールに新しいタイヤを付けて、④ホイールバランスを測定し調整し、⑤新しい組タイヤを車につけて、1本1000円は超格安だと思います。
が、今回のガソリンスタンドの1本2500円は、タイヤを買ってくれない客に対して、足元を見たボッタクリ価格だと思います。