2017-06-19 

上流域

鮎が各地で始まる為か、例年この時期になると渓の人出が落ち着きます。
そんな中、山の口元での上流域にもやっと入れます。
今迄は、いつも何台かの車が止まって釣人が入っているので、そんな車を横目に見ながら更に上流の源流域を目指すパターンが多かったです。

この日も9時半過ぎに今回の上流域に着きましたが、駐車している車も無く、バッティング心配も無いと、安心して入渓できました。
渓に降り立ってみると、やはり素晴らしい渓相で、沢山の釣人が集まるのは当然です。
170619上流1
170619上流2
竿を出しているだけで気持ちの良い流れです。

が、肝心の魚がなかなか出ません。
出ないのはモチロン、姿も全く見えません。

そんな中で、漸く出てくれた1匹。
170619上流3
可愛いイワナで、この時期らしからぬ緩く溜まった中から出て来ました。
170619上流4

その後も駄目で、唯一出たのが小小落込みで遊んでいた、このオチビ。
170619上流5

人気の素晴らしい渓相を楽しみながらも、ほぼ釣れない状態で1時間半。
出てきたのは僅かな小さなのだけで、ボウズを覚悟した頃に堰堤が・・・。
堰堤にも当然の様に魚がいなくて、多くの踏み跡に従って林道に上がろうかとも思いましたが、他人様の跡をトボトボとついて行くのも如何なものと思い直して、堰堤の上に。

堰堤を越しても、相変らずの気持ちの良い流れです。
170619上流8
所うが人の形跡がだいぶ減った感じがします。

やはりそうで、多くの釣人は堰堤で退渓していたようで、魚が順調に上がりだしました。
170619上流61170619上流62
170619上流63170619上流64
170619上流65170619上流67
ボウズも免れて、気持ち良く釣る事1時間半。

この流れに、竿を入れました。
170619上流7
サッと魚が寄ってきて、印の場所で餌と向き合う事、数秒。
尺前後と思われる良い魚で、喰ってくれと待つ時間の長く感じる事。
最後に喰えッ!と強く念じたら、魚は身をひるがえして、上流の飛沫に消えて行きました。

やはり、竿を通して自分の殺気が伝わってしまった様です。
何とか誘い出そうと何度も竿を入れましたが、2度と出て来ませんでした。

時計を見ると既に13時を過ぎていました。
ここいらが切り上げ時かと林道にあがりましが、この日は変化が激しくて、最後も喰わせきれなかったものの、楽しめた釣でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

綺麗な気持ちの良い流れですねぇ~
流石に竿が多く入った場所は難しかったようですが、堰堤上は正解でしたね。
食べ頃サイズが揃って楽しめましたね。mabu

魚の超能力

こんばんは。
普段のこの川の状況はわかりませんが、あまり減水していないように見えますね。
イワナにとっては暮らしやすそうな豊かな川なんでしょうね。釣り人さえ少なければ最高なんですが(笑)
大体釣り人の考えることは同じなので、たくさん人が入る川ではその裏をかくことが釣果に繋がるかもしれないですね。私の場合、それが裏目に出ることが多いですけど(^_^;)
やっぱり魚は釣り人の殺気を感知しますよね。

maburin様

こんばんは。
源流も面白いですが、今回程度の上流域も面白いです。

リコプテラ様

こんばんは。
とにかく渓相が良くて、何だかんだと言っても自然が感じられる川で竿を出したいのは、釣り人として当り前です。
そして、人の考える事はほぼ同じですね。
後はズクを何処まで出し切れるかなんてしょうが、それも結構面倒でイカンです。

No title

お疲れ様でした。
良い渓流は入る人も多いので、釣果が落ちるのは仕方ないですね。
人けを感じて逃げた魚はまず釣れないですね。
堤上でこれだけ釣れれば、良しとしましょう。
たぶん、尺は悔しいと思いますが、、、、

気持ち良い渓流

気持ち良い渓流で周囲の自然を見ながら最高でしょう良いですね
此れからは釣り人も少なく渓流マンには楽しみでしょう
各地は水不足で鮎釣りは苦労してます。

佐久っ子様

おはようございます。
当り前ですが、アクセスが良くて渓相も良いと、釣人に人気になるのは当たり前で、魚影は薄くなってしまいますね。
今回の尺は焦りからの失敗でした。
近寄って来たので、思わず餌の流れを停めてしまい、警戒され見切られそうな所に、殺気送りと言うとどめの一発で、仕留められませんでした。
今期の折り返しを過ぎたのに〝鳥ホルモン〟の験担ぎが不要のままで、味を忘れてしまいそうです。

釣りお爺様

おはようございます。
人気の区間も、この時期になると人出が落ちてきて、渓釣一筋には良い季節です。
渓流以上に鮎釣りの日照り続きは深刻な様ですね。
やはり水がどっと出て、綺麗に洗い流して、ベジタリアンがフレッシュなのを取りあいしてくれないと辛いですね。

No title

おはようございます。
不気味な薮が無く、白砂のきれいな渓ですね、遠くから竿を出さないと難しそうです、私も行ってきましたが小さなものに悩まされていけませんでした。

No title

こんばんわ。
やはり人とは違った事でしっかり釣果を出されますね.流石です.
溪が奥まってきたり,薄気味悪くなってくると引き返しますよね.
そこでもう一声,一息ですね.

ハックル70様

こんばんは。
今回は山の口元付近の上流なので、川幅も水量もあるのに谷底で、ゴルジュ帯も無くて渓相が良いので賑わう渓です。
とは言うものの、この時期になると人出も落ち着いて、ヤット入れました。
昔は有休を取って行く平日なら、がら空きだったんですが、今では自分の様なリタイヤ組で平日も人が多いですね。

kinkan600様

こんばんは。
今では、沢山の釣人が山に入りますので、余りにしっかりした入渓口や退渓口がある区間は、魚が余り残っていませんね。
かと言って、むやみに突っ込んで行って、退渓口が見つからなかったり、林道から離れすぎたり、ゴルジュ帯の高巻きで滑落しても困りますし。
こんな時に大活躍するのがkinkan600さんも使っておられる〝山旅ロガー〟です。
2万5千分の一の地理院地図に居場所と遡行経路が表示されるんですから、事前検討にも現地判断にも最強の武器ですね。