2017-07-10 

予定は新天地

初夏突入で魚の活性は明らかに上がって来たのですが、どうもスッキリしない中、さらなる新天地をもとめて“いろは唄”ではないですが、「おくやま、けふこえて」と、ゴルジュ帯の更に上流を新天地開拓する事にして出かけました。
地図で確認すると、ゴルジュ帯の長さは50mもなさそうなので、高巻けそうです。

先ずはゴルジュ帯手前の渓に降り立つと、今シーズンにしては珍しい増水で濁りも適度に入って良い水です。
170707増水の渓10
この日は7月7日で、3号台風で雨が降ってから2日後だったので、丁度良い水だったようです。
当然、目指すゴルジュ帯手前の、今迄に竿を出した事の有る流れから釣り始めます。

最初に出たのはアマゴ。
170707増水の渓12
黄印からツツキ始め、青印で合わせましたが、まさかのスレ。
170707増水の渓11
下顎では無く、下顎の下に針が刺さっています。
水温は13℃と盛期水温になっているので流れに出ていますが、浅い瀬でなくて、比較的深い処に居る様です。

その後、イワナも出ました。
170707増水の渓14
青印の所で、餌を落とした瞬間に喰いました。
170707増水の渓13
岩近くにはいるようですが、岩下からでて、積極的に餌取りしているようです。

今回も最初の一匹の出た場所に習って釣上がります。
170707増水の渓31170707増水の渓32
170707増水の渓34170707増水の渓33

170707増水の渓41170707増水の渓42
170707増水の渓43170707増水の渓44
新天地開拓の筈が、ゴルジュ帯手前の入った事のある流れの水に恵まれて、ドンドン釣れます。

が、重大な問題が発覚しました。
餌のブドウ虫の量が予定外でした。
通常は30匹入新品と前回の使い残り各1ケース持参して、大凡45匹の筈です。
が、今回は使い残りが10匹程度しかなく、新品も前々回釣行で半分抜いた残り物で、全部で25匹程度しか有りませんでした。

喰いが立っている時は、餌1匹で複数匹釣りを基本にしているので、最後はこんな風になるまで使うんですが、好状態の水でドンドン消費します。
170707増水の渓71

そんな中、最後の餌で大物が来る幸運に恵まれるかも・・・と、スケベな期待を込めて最後の餌を大場に入れました。
170707増水の渓72
所が出てきたのは、この日一番のチビ。
しかも貴重な最後の餌を一撃で呑み込んだようで、万事休すです。
やはり、最後の餌にスケベ根性を目一杯込めたのを、渓の神様に戒められたようです。

結局、当初目的のゴルジュ帯上の新天地に行きつく前に、餌切れでリタイヤになりました。
ゴルジュ帯越えは危険だからと、渓の神様のお導きかも知れません。

今回は、ゴルジュ帯越えの予定だったので荷物を減らそうと、ビクもクーラーも持参しませんでした。
その代わりに、タモとメジャーを持参して、大物の現地計測をしました。
170707増水の渓51170707増水の渓52@
170707増水の渓53170707増水の渓54
長くはかろうと魚を真っ直ぐにして頑張っても、最長は27㎝。
尺上げも、スケベ根性が運を遠ざけているようです。




楽しみにしていたトウモロコシ。
収穫まで1週間余りのところで、鳥に食べられました。
170707増水の渓81
収穫が近くなったトウモロコシの皮が剥がされ、実粒も綺麗に無くなっていました。
見事に外側だけが喰われて、内側は綺麗に残っていました。
どうみても風による倒伏防止用の柵支柱を止り木にして、カラスより小さな鳥がついばんだようです。
以前の記事やっとかめで、倒伏防止用の柵の写真を載せましたが、その写真を見た佐久っ子さんから「トウモロコシの横支柱は絶好の止まり木になります 」と教えて頂いた通りになってしまいました。

そこで、その時のアドバイス「ネットなどを回した方が良いかと思います」の通りにしました。
170707増水の渓82
2重安全で、実をついばむ時に止まるのに絶好位置にあった横支柱も撤去しました。

やはり、良い事は間髪入れずに実行しなければ駄目ですね。
幸いな事に、鳥が喰い散らかし遊びをせずに1本のトウモロコシの表半分だけだけを実に綺麗に食べたので、残った大多数のトウモロコシを守る意味がありました。
ちなみに、喰われたトウモロコシの裏半分は綺麗に実が残っていたので、食べ易い様に綺麗に皮をむいて、鳥へのお供えに畑に置いて来ました。
トマトやスイカの鳥除テグス作戦は上手く行っていて、被害は出ていません。
同様に、トウモロコシも被害が拡大しなければありがたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新しい溪は水量も多く、これからも期待ができそうですね。
短時間にこれだけ釣れればいいんじゃないですか。
私は川虫を使っていますが、この川の様子だと川虫も期待できそうもありませんね。

モロコシは残念でしたね。
それでも1本だけで済んで良かったと思います。
我が家もあと1週間ぐらいで収穫できそうです。

今後に期待

、ゴルジュ帯越えの新天地は次の楽しみとなりましたね
その前に釣果も出て満足でしょう、それにしても魚影が濃いのはイワナも放流されてますか?
ゴルジュ帯上流は天然魚が多く居る
でしょう尺も潜んでる予感がします。

佐久っ子様

こんにちは
今回の渓部分は、今迄も入った事がありましたが、今回は水量も多くて、笹濁りで良い状態でした。
雨の2日後と言うタイミングが良かった様です。
いつかゴルジュ帯越えをしなければと思っています。
言われる通りで、川虫が採れないのでいつものバイオです。

トウモロコシは佐久っ子さんのアドバイスを即やっていれば良かったんですが、ツイツイで駄目ですね。
お供えに置いておいた食べられなかった裏面側は2日後にはやはり綺麗に食べられていました。

釣りお爺様

こんにちは
今回行きつけなかったというか、挑戦さえ出来なかったゴルジュ帯の奥に何時か行かねばと思っています。
今回は水が良くて釣れる魚が濃かったですが、少なくと成魚放流イワナでは無いと思います。
一方、アマゴについては稚魚放流が育った可能性が高いと思います。
ここまで徹底的に尺上げに縁が無いシーズンなので、今年は半ば諦めモードです。

No title

こんばんわ。
今回も良い釣果ですね.
ゴルジェは残念でしたが,危険がある予感かもしれませんね.
そんな事もありますね.

No title

今晩は。
エサが足りなくなるのは嬉しいような悲しいような。
まぁそれだけ釣れたのですから良しとしましょうね。
毎回ソコソコの釣果と大きさですが、なかなか尺上は出ませんねぇ。
きっとゴルジュ帯の奥にユートピアが待っていますよ。
気を付けて探索してください。mabu

kinkan600様

こんばんは。
水温が上がって、渇水も解消して、少し濁りが入って、鮎に人が移ってと、今は非常に良い渓の状態ですね。
ゴルジュ帯の下流にこれだけ魚が潜んでいたんですから、ゴルジュ帯の上はきっと楽園でしょう。
が、意を決した今回で行けなかったのか必要が無かったのかは分りませんが、めぐり合わせが悪かったんですから、止めた方が良いという天のお導きなんでしょう、キット。

maburin様

こんばんは。
持参予定の餌数45に対して25しかなかったんですから、釣れて餌が無くなったというよりは、アホこいて餌が不足したのは情けないばかりです。
今回の状態から、この場所のゴルジュ帯越えは危ない臭いがするので、次回は雨後の細い流れを狙ってみます。

高活性

こんばんは。
今回はクーラーなしでしたか。
アマゴもイワナも食べるのにちょうど良さそうなのが釣れてますが(^_^)
新天地でこれだけ釣れれば楽しいですね。
この調子だと次回こそは鳥ホルモン定食なんじゃないでしょうか。
鳥と言えば、トウモロコシをこんなにきれいに食べちゃうんですか。ビックリです。

No title

おはようございます。
確かに餌の手持が少ない時に限ってよく釣れる・・・、よくありますね、モロコシ被害、鳥たちは食べごろをよく知っていますよね、収獲間際にやられるのは本当に頭に来てしまいます。

リコプテラ様

おはようございます。
受注生産?なのでバアサンの意向と、その場所の安全性判断で、背負クーラーや腰ビクの有無を決めていますが、今回は荷物を減らしたかったからでした。
今回はゴルジュ帯越えの新天地まで行き着けず、過去に竿を出した事がある場所でしたが、水が良い運に恵まれて楽しめました。
今シーズンは尺上げ運に見放されているので、半ば諦め気味です。
鳥も生きるのに必死なんでしょうが、今回の鳥君は遊び喰いをせずに、1本のトウモロコシに集中してくれた節操のある?鳥でした。

ハックル様

おはようございます。
まさに「土岐は今、雨が滴る文月かな」といえる好機の季節ですが、詠った光秀同様にその後の悪運を呼ばぬように気を付けなければいけません。
トウモロコシは残念でしたが、お供え分も綺麗に食べ、味を覚えた鳥たちの猛攻に合うかとも思いましたが、対策後の被害は出ていなくホッとしています。

No title

27cmと程よい釣果の釣行ですね。
暑さも本格的となり自分の釣行は機会を減らしています。
とうもろこしも鳥に狙われるのですね。
色々な工夫が必要で大変な分収穫は最高でしょうね。
スイカも成功の収穫とお見事ですね。
自分も目標一つも小さな実が大きくならずに駄目になり続けています。(笑)
まだまだチャンスはありそうなので期待をしています。
三株で300円の投資一玉取れれば最高と水を上げてます。(笑)

幻の渓流師様

おはようございます。
何と無しに梅雨らしい雰囲気になってって、渓釣りには良いななどと呑気な事を言っていたら、九州では大変な事になり、恥ずかしいなと自粛していましたが、そろそろ再開したい所です。
スイカは朝9時までの人工交配で結球させていましたが、この時期になって虫による自然交配での結球も進んでいます。
何とか一玉の気持ちは、自分もそうだったので非常によくわかります。
祈り続けませう。