2017-07-25 

梅雨明け

7月19日に東海地方は梅雨明け宣言が出ました。
夏もいよいよ盛期となり、最低気温も25℃を下回らない毎日で、とにかく暑いです。
そんな中、渓のひんやりした空気が恋しいと、8日ぶりに渓に向かいました。

7月23日の日曜日、山に着いたのは6:30。
山の気温は17℃、思わず深呼吸する気持ちの良い空気です。
空は今にも雨が降りそうな一面の雲で、太陽は霞ながら僅かに見える中、林道を歩いて、目的の沢に向かいます。
170723梅雨明11
この日の天気予報は午後から小雨と言う事で、雨の到来を察したイワナの活性が上がっていないかとの期待もあっての釣行です。

ようよう渓に降り立って、手袋を濡らす間もなく、一投目で上がったイワナ。
170723梅雨明12
サイズは小さめですが、とぼけた顔のイワナが、乾いてバリバリに固い合成皮手袋に握られています。

出たのは小落込み横の水の緩い位置でした。
170723梅雨明13

この時期にしては変だなと思ったので、更に続けて探ってみました。
170723梅雨明14170723梅雨明15
2匹目も小落込み横の水の緩い位置。

もう間違いは無く、この日は流芯から外れた浅めの巻き返し。
170723梅雨明21170723梅雨明22
170723梅雨明23170723梅雨明24
170723梅雨明25170723梅雨明26
同じ様な位置からドンドン上がります。

暖かくなるに従ってイワナは徐々に流れに出て、更に盛期になったので水が集まって餌も集まる赤印の尻付近に定位する季節です。
170723梅雨明31
しかし、この日は雨の到来を察知しているのか、降雨増水で流され無いように青印の緩流帯に固まっているのが特徴でした。

そして、もう一つの特徴は喰い方。
この日のイワナ達、口を一杯に開いて、餌にガバッと襲い掛かる獰猛な喰いかたでは無い様です。
餌を上に押し上げる様に掛かっているパターンが多かったです。
恐らく、口を余り広げずに吸うように喰って来るので、バイオを上に押し上げて鉤先だけを唇に掛けるんですかね?分りません。
170723梅雨明61170723梅雨明62
170723梅雨明63170723梅雨明64
170723梅雨明65170723梅雨明66
こんな感じで、バイオを鉤のチモトから上に押し上げて口の外に押し出した形で、鉤先だけを口に掛けるパターンが多かったです。
その為に、唇切れで逃がした魚も数匹程はいましたが、餌がそのまま使える場合が多くて、餌ロスをいれても使用餌数の2倍以上の大小イワナを釣り上げた勘定でした。

そんなかんだと釣上がると定量になり、11時に終了。
170723梅雨明71
林道への斜面を登る口元の山アジサイが、降り始めた霧雨に濡れて綺麗でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
小さな渓なのに沢山釣れるんですね、形も似たイワナで天然の繁殖が進んでいるのでしょうね、場荒れされないように入渓の際の注意が必要ですね、昔のことですが、野麦峠のある川で良く釣れる川があったんですが、若い衆を連れて行ったらその輩がまた友達を連れて行き絶えてしまいました。

No title

半日釣行でも裏切らない渓流で
楽しめましたね
翌日「24日」は私達も平谷湖で楽しんで来ました
周囲の河川は少し渇水気味でしたが、

平谷のトウモロコシも目的でしたがまだ少し早かった
此方の釣友も大切なお付き合いでした。

ハックル70様

こんにちは。
梅雨が明けたら、グズツイタ曇り空と、シトシトと降る雨が続いています。
153号線沿いの小さな沢ばかりをアチコチと渡り歩いていますが、それなりに楽しめています。
地元の長靴釣師や山岳土木の皆さんに教えて貰った沢ばかりなので、教えて下さった方々のご好意に後足砂をかけないようにしなければと思っています。
ブログを始めた頃の釣場写真に主要道路を写し込んで、地元釣師の方から気を付けてほしい電話も頂き、抹消しましたが、注意しています。

No title

早朝の6時30分とはだいぶ早く入りましたね。
それにしても17度とは涼しく感じたでしょう。
ここのところ雨が続いており、気温も高いのでちょっと動けば汗だくになります。
17度は寒いくらいですね。
それにしても沢山釣れましたね。
ブドウ虫も1匹で魚が数匹釣れれば効率がいいですね。
餌もワンパック500円くらいするので助かりますね。
私はもっぱら川虫ばかりですのでエサ代は無しです(笑)。
魚が流れの緩いところに集まっているのは、少し前まで水量が多かったからでは無いのでしょうか。
また雨がありそうなので中々釣りの予定が立てづらいですね。

佐久っ子様

こんばんは。
今年は諸般の事情で休日釣りが多くて、現役時代の様に早朝出勤が増えています。
釣りなので当り前の長袖シャツですが、風の有る時はヤッケも着込めるのは山釣りならではの快適さですね。
地元の長靴釣師は、どの方も前日に本流でキンパクを確保され、一部の方は予備に畑のミミズも持参して釣行されています。
自分もキンパクを使えたらといつも思っていますが、何とかバイオでも釣れはするので、スヤクッテいます。
幸いにして、住まい居る地元では安売りで有名な釣具屋さんがあって、バイオも30匹入りで400円で買えますが、今回の様に20匹程で済むと尚更ありがたいです。
梅雨明けと共に、梅雨らしくなった天気。
良い様な悪い様な、少なくとも、干物つくりには最悪の天気です。

釣りお爺様

こんにちは。
月曜に平谷フィッシングスポットに行ってこられましたか。
自分も日曜は、帰りに平谷村ひまわりの湯にトウモロコシを買いに寄りました。
平谷の本流はニジマスとブラウンが逃げて来ているので太仕掛けが必要ですが、沢に入ると状況一変で好みです。
気を付けないと知らぬ間に売木村や根羽村に入ってしまいますが、それもまた良い沢ですよ。

No title

今晩は。
相変わらず良い釣りをしていますね。
この時期は、水は冷たく日陰のある溪流は絶好の避暑ですね。
だだっ広い本流のアユ釣りは厳しいです。mabu

No title

短時間に見事な釣果、水量は少なめに場荒れもしやすい中の釣果流石ですね。
梅雨明けで更なるシーズン楽しみですね。

maburin様

こんばんは。
山のヒンヤリした空気に、谷を抜ける風がベストマッチして気持ち良い源流です。
山に着くまではそれなりに快適に過ごせますが、山に入って釣場に辿り着くまでが難儀で、体力は確実に消耗しますね。
その為に、釣り頻度を上げられないのも残念です。

幻の渓流師様

こんばんは。
今回の水温は16℃程度。
このまま気温水温が上がってしまうと、イワナの食欲が下がり始めるしで困ります。

干物と天気

こんばんは。
雨の前で食いが良かったようですね!
干物に良さそうな型が揃ってますが、しばらく魚を干すのには向かない天候なのが気がかりです・・・
今年は梅雨には雨が降らず、梅雨が明けてから雨や曇りが続くという不思議なことになってますよね。
私は、釣れる釣れないは別にして晴れた日の釣行が好きなので、しばらく釣行予定が立てにくいです(^_^;)

リコプテラ様

こんばんは。
本当に変な天気で、戸惑ってしまいます。
今回の釣は、干物在庫が減って来たので、干物補充の目的もありました。
言われる通りで、干物サイズが上手く揃ったので、干物用に3枚おろしにして、その夜から干し始めました。
干し網が一つしかないので、とりあへず半分だけを干して、残り半分は1回目分が完成する筈の翌日午後から干す筈でしたが一向に乾かず。
仕方なく、ソテーで翌日に加工しましたが、1人3匹分の6枚を幼児とオオババ様は食べ切れずに、イワナには申し訳ない事をしました。
干物分は結局は二日目の昼までの40時間程を干しましたが、乾き切らず、無理やり冷凍しましたが、残水分での結氷量が多すぎて味は今一でした。
尾張は次の土日にお日様も出る予報なので、明日は再び干物材料調達の予定ですが、どうなるでしょう?