2017-07-31 

干物材料

毎朝食に欠かせなくなっている渓魚の干物。
オーブントースターでこんがり焼いて、手でつまんで食べています。
そんな干物の在庫が減って来て、前回の釣行「梅雨明け」で材料も揃って干物加工を始めたんですが、連日の曇りと少雨で半分を乾かすのがやっと。
残りの半分は、大量のソテーになって夕食で食べてしまいました。
思った様には干物を補充できなかった中、〝土曜は晴れ〟の干物つくりが出来そうな天気予報を頼りに渓に行きました。

28日(金)は婿さんの夏休み休暇だったので、家の雑事からは解放されて、早朝からいそいそと山に向かいます。
渓に降り立ったのは6:15。
170728干物材料11
谷底の樹の隙間から見える空は低く垂れこめた雲で覆われていますが、この日は雨は降らない予報です。

先ずは、元沢の源流入口で1匹。
170728干物材料12170728干物材料13
今回の源流に行く時のメリットの一つで、元沢の源流入口に大岩に遮られて見えない落込~緩流帯があって、この場所は魚が残っています。
大岩越に糸を垂らすと・・・ピクピクと魚信が伝わって来ます。
やはり、今回も魚が残っていました。
小さいですが、先ずはイワナの顔を見られて感謝です。

そこから、源流に入っていくと、流れは一気に細くなります。
170728干物材料20

岩で流れの緩急も適度に出来て良い小川ですが、小さ目しか出て来ません。
170728干物材料21170728干物材料22
170728干物材料23170728干物材料24
元沢を釣り上がってきた釣人の内の幾人かは、この源流にも分け入って、良い魚だけが抜かれてしまうんですね。
言葉を変えれば、根こそぎする人は誰もいなくて良い釣場です。

中にはこんなチビも。
170728干物材料31170728干物材料32
流れの中には、こんなチビの他に、鉤を咥えるのは全く無理なメダカ程度の今年産まれた稚魚が泳ぎ回っているのも見えます。

そんな、小型が多い源流を暫く釣り上がって行くと、辺り一面が熊笹に覆われて、流れも見えなくなってしまいます。
殆どの人は此処で戻ってしまうんでしょうが、その熊笹帯を突き抜けると再び、小さな流れが現れます。
170728干物材料40 (2)170728干物材料40

此処からは、流れに定位している渓魚も沢山見えて、一気に釣り易くなります。
170728干物材料41

170728干物材料42170728干物材料43
170728干物材料44170728干物材料46
170728干物材料47170728干物材料45

そんな中、ヤット出てくれました。
170728干物材料62
今期の初尺。
掛けた瞬間に尺と判ったので、無理をせずに、下の写真の小落込み左下の小さな水溜りに引きずり入れて確保しました。

メジャーで測ってみるとサイズは31㎝。
大物がとても棲めそうにない、こんな細い流れに潜んでいました。
170728干物材料61170728干物材料64
細い流れとは言うものの、この前後は更に細くて浅い流れなので、この流れの中では深くて岩もある良場を、一番強い大物が縄張りにしているんでしょう。

この日は、こんな大物も。
170728干物材料71
口から太長いドバミミズを垂らしたイワナ。
ミミズの長さも入れたら、全長は尺に近かったでしょう。
それにしても、口からミミズを垂らしたままで、次の餌に喰いつくんですから、イワナの貪欲ぶりには驚かされます。

そんなかんだと釣上がって行くと、源流もいよいよ細くなって来ました。
170728干物材料81
この先でも、更に100m以上はイワナが釣れる細い流れが続くのですが、定量になったので、山を下りました。


渓釣りシーズンも終盤戦に近くなってからのやっとですが、今季の初尺を揚げて、験担ぎの〝鳥ホルモン定食〟で昼食。
170728干物材料91
丁度昼時に重なったので、鳥料理店〝花の木〟は順番待ちの人と車で溢れていました。
今シーズン初めての尺上ランチは、ヤレヤレ感も相俟って美味しかったです。


今回の釣行課題の干物の再作成も無事に完了しました。
170728干物材料92
最近の天気予報は大したもので、29日(土)は18時頃に予報でも可能性を伝えていた小雨があったものの、日中はズット晴れの干物日和でした。
干物加工も、今回は夏の陽射しに助けられて、2回に分けて無事に干し上がりました。
暫くは喰い繋げる、相当量の干物が冷凍保存出来て良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
尺物おめでとうございます、超源流の大物、ヌメリの強いのが特徴ですね、クマザサの中によく入りますね、私は最近異常に怖くなって駄目ですね。

祝! 尺イワナ

こんばんは。
今シーズン初の尺イワナ、おめでとうございます!
さぞかし鶏ホルモン定食も美味しかったでしょう。
この細い流れ、何回かブログに登場していますよね? こんな細い流れから尺イワナが出るとは驚きです。
周囲のクマザサ、熊に要注意な雰囲気ありますね(^_^;)

No title

こんばんは
ついに尺ですね.
もはや魚に見えないです.
爬虫類のような.
いつも何気なく釣られますが,技でしょうね.
私をはじめ,普通の釣り師は釣れないと思いますよ.

No title

お疲れ様でした。
初尺おめでとうございます。
こんな狭い川にいるんですね。
くれぐれも釣り過ぎないように!
マンボウさんの腕では皆釣り上げられてしまいそうです。
ひさびさの鳥ホルモン定食、美味しかったでしょう。
ちなみに尺イワナも干物になったんですか。

ハックル70様

こんばんは。
ありがとうございます。
今年は、縁の無い年かと諦めかけていた中でヤット出ました。
超源流に入る時は、いつものMP3プレイヤーの他に、爆竹を使っています。
大音量音楽は勿論、爆竹ですら渓魚は怯えないんですから、渓魚は影と振動には敏感ですが、音は聞こえないんではとすら思ってしまいます。

リコプテラ様

こんばんは。
ありがとうございます。
今シーズンは長い道のりでした。
色々な意味で、自分の播いた種で、今シーズンの尺モノが遠くなったと諦めかけていました。
超源流は数カ所を知っていますが、今回の細い流れは、以前ユーチューブに動画アップした超源流です。
(動画は反省を込めて、今は削除してあります)
今回も高音量音楽と爆竹で熊に遇っていませんが、これまで通りに一度も熊の姿は全く見る事すらなく山釣りをしたいものです。

kinkan600様

こんばんは。
ありがとうございます。
自分もそう思います、イワナの顔は爬虫類に近いと。
イワナが釣れる釣れないの7割はイワナのいる沢に行けるか行けないかで決まると思います。
残りの2割は、その日その時のイワナのいるポイントと食い気を見極められるかだと思います。
最後の1割が、餌を含めた技かも知れません。
イワナのいる沢、居るポイントさえ分れば、イワナは誰にでも釣れますよ。

No title

今晩は。
初尺、おめでとうございます。
立派な尾びれの尺イワナですね。
いつもながらこんな細流にと感心します。
そろそろお盆が近づき、岩手でのイワナ釣りに心が馳せますが、やはりクマが心配ですよ。mabu

佐久っ子様

こんばんは。
ありがとうございます。
今年は無理そうだなと、反省を込めて、ほぼ諦めていた中で出ました。
反省から、動画を削除したり、現地マーカーを外したりしていますが、今後含めて厳しくなったと思っています。
今回の超源流なんぞは、かなりマニアックで、根こそぎの釣人にも今の所は知られていないので良いです。
尺イワナは年間1本だけはバアサンに見せるために持ち帰リ、2本目からは全てリースが自分流です。
今回の今期初尺も持ち帰り、見せた後に干物になりました。

maburin様

こんばんは。
ありがとうございます。
今シーズンは、ほぼ諦めて、ほぼ忘れかけたタイミングでの初尺だったので、嬉しいより驚きが勝っていたと思います。
釣られずに残っている事が大物の条件でしょうから、その条件からは細い流れと言うのは悪くは無いんでしょうね。
熊については遭遇どころか、見た事すらないので、自信がありませんが、大音量音楽とホイッスルと爆竹の組合せは悪く無いと思っています。

No title

イワナが釣れる釣れないの7割はイワナのいる沢,
2割は、イワナのいるポイント,1割が技。
イワナのいる沢、居るポイントさえ分れば、イワナは誰にでも釣れます。

全くその通りだと思います。
イワナのポイントに流せば勝手に食いついてくるので、初めての方でも釣れるでしょう。

佐久っ子様

こんばんは。
同意見の人がいて何故か嬉しいです。
イワナ釣はキノコ採りと似ている気もします(キノコ採りはただの耳年増ですが)。
魚影の濃い沢に連れて行き、直ぐ後ろを静かに歩かせて、イワナがいる場所をピンポイント教えて上げれば、初心者でも釣れるでしょうね。

No title

干物食材のキープお疲れ様です。
更には尺と流石ですね。(^^)/
干物作りが手早いですね。

オーディオプレーヤーと爆竹、やはり会いたくない熊です。
今年は秋にかけて爆竹を追加使用しようかな???

幻の渓流師様

こんばんは。
上手く干物食材が確保できて良かったです。
自分は熊除けで3点を持って行きますが、MP3プレイヤーは常時用、爆竹は入渓時と途中で、ホイッスルはMP3の電池切れに備えての予備です。
爆竹は入渓時だけはフル鳴らしで、後はバラシて単発で使ってます。
本当は、昔遊んだ2B弾が単発で手軽で良いんですが、今は売っていない様で残念です。

No title

出ましたね、おめでとう
超源流での尺物はなかなか居ないでしょう
密かに育ってましたね----いや~お見事でした
魚影が濃く場荒れも少ないと見ました。

釣りお爺様

おはようございます。
ありがとうございます。
ヤット出ました。
色々な条件が重なって人目に付きにくい源流なのが良いんでしょうね。
こんな源流は2回も根こそぎ釣をすればスッカリ枯れてしまうんでしょう。