2017-08-06 

蝉の羽化

毎年、この時期になると庭のクスノキには沢山のセミの抜け殻がついています。
170806蝉の羽化11170806蝉の羽化12
所うが、その羽化の瞬間に立ち会う事はナカナカ難しいのが現実です。
昼中、走り回っていた腕白坊主も、夕ご飯を食べる頃から落ち着き始め、蝉の羽化が始まる暗くなり始める頃には、蝉の事なぞすっかり忘れてしまうからです。

虫でもカエルでもトカゲでも手づかみで追い始め、昆虫少年の入り口に立った4歳の孫にも、そろそろ蝉の羽化を見せてやりたい時期です。

そんな中、いつもの様に夕5時半過ぎに保育園に迎えに行く途中に、公民館のヒマラヤ杉の下をヨタヨタと歩いている蝉の幼虫が目に留まりました。
ラッキーと、とまり木替りに自分のポロシャツの袖口に幼虫を留まらせて、そのまま、保育園お迎えから帰宅となりました。

これから、蝉が羽化する様子を、家の中で観察させる段取りです。
先ずは、羽化をさせる場所ですが、しっかりつかまれる場所で、室内照明光が直接当たらなくて、観察もし易い場所と言う事で、居間の角に置いてある幸福の樹(ドラセナ)の鉢植えに幼虫を留まらせました。
170806蝉の羽化21
このフラッシュ撮影を最後に、蝉を驚かせないように、以降は葉影になったままの状態にして、羽化を邪魔しないようにしました。

夕食を終えた7時頃に羽化が始まりました。
170806蝉の羽化22
背中を割って、白い体を徐々に外に出し。

羽を徐々に広げて行きます。
170806蝉の羽化23170806蝉の羽化24
先ずは、白い体に、白い羽根、目だけが黒い色の、アルビノの様な蝉が、30分程で脱皮誕生しました。

そして、より安全な場所を求める様に、白い蝉はユックリと木を登っていきます。
170806蝉の羽化25
登るに従って、その白濁した白い羽は徐々に透明性を増し、体は僅かに茶色みを帯びて来ました。

木の先端付近に行くと、葉の角に3本の足を引っ掛けてぶら下がりました。
170806蝉の羽化26
体をより安定させようと、残りの足も葉に固定させようとしますが、ドラセナの固目の葉は蝉の足爪が刺さる事を許しません。
10分程もジタバタしましたが、やがて諦めて、葉に3本足でブラサガッタまま、体を乾かしながら、徐々に色を増していきます。

羽化開始から2時間程で、ほぼアブラ蝉の姿になりました。
170806蝉の羽化27
とは言え、人の手が触れても大丈夫なほどには固まり切っていないだろうと、そのまま、朝まで放置です。

セミは居間の鉢植えにぶら下がったままにして、離れに寝に帰った腕白坊主が「セミはどうなった~」と居間に飛び込んできたのは翌朝。
セミは、昨晩の位置にそのまま留まっていて、茶色は更に濃くなって、完全にアブラ蝉の姿になっています。

葉にぶら下がった蝉を、坊主が手に包み込むと、両手の中でバサバサと暴れています。
しげしげと眺めた後に、両の手をパッと開くと、朝の空に飛んでいきました。

坊主の夏に、楽しい思い出が加わりました。


夏といえばスイカ。
今年は初めてスイカを作りましたが、一番生りの10個程は無事に収穫出来、そうこうしている内に味は落ちるものの二番生りも成り行きで10個程の収穫が始まりました。
そんな、今年は潤沢にあるスイカを使って、テレビドラマで出ていたスイカポンチを作ってくれました。
DSC_0400.jpg
ポンチと言っても酒と言う訳には行かないので、三ツ矢サイダーのポンチです。
家庭菜園の栽培品人気一位はスイカで決まりの様です。


一方で、ジイサンは害虫との戦いを続けている夏です。
トウモロコシの第2段が雄花を付けています。
その雄花の20㎝程下の軸にクリーム色の糞がついていました。
雄花の出穂時に、アワノメイガ対策でデナポン粒剤を幼穂に散布していたのですが、虫が入った様です。
そこで、糞のあった下10㎝程の所から軸を切り取ってみると、軸に穴は開いていません。
ホッとしながら、切り取った軸を割り進めていくと、居ましたアワノメイガの幼虫。
170806蝉の羽化28
にっくき幼虫ですがブドウ虫似で、渓釣りに丁度良いサイズと色。
釣餌として持ち帰ろうかとも思いましたが、釣りの時まで活かし続ける自信も無く、やむなく捕殺。
(南無釈迦牟尼仏)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます
スイカは美味しくできたようですね~

トウモロコシの虫、以前は釣具屋でも売っていたと思います。
潜っていた幹と一緒においておけばそこそこ保存はできるとは思いますが・・・

動物の誕生

セミ等に関わらず動物の誕生は感動しますね
子供の頃を思い出しました、捕えて自慢する同年が羨ましかったね。
人の誕生はなおさらですね。孫が可愛いのもまかりますね。

No title

今日は。
庭先で羽化の最中は見かけますが、最初から最後までは付き合ったことはありませんでした。
なかなか貴重な画像ですね。
益々虫少年に磨きがかかることでしょう。

スイカ、今年はまだ食べていません。
来年プランターで挑戦してみようかと思います。

アワノメイガの幼虫はイタドリ虫に似ていますね。
エサにはもってこいですね。mabu

No title

こんばんは。
あぶら蝉の羽化見事に撮影出来ましたね、お孫さんも将来の良い思い出になった事でしょう、野菜の害虫は頭に来ますね、私は今はもっぱらミニトマトの虫との戦いです、収穫時期でもありますので消毒は出来ませんしね、スイカは何個付けても意外と美味しいのには驚きました、今は熱中症予防に大活躍です。

No title

セミの羽化はマンボウさんのお蔭で、初めて良く見ました。
こんな風に羽化するんですね。
トウモロコシはデナポンを散布してもあまり効かないみたいです。
我が家のトウモロコシも虫が入ってしまいました。
虫も耐性を持つんでしょうか。

かんぺ~様

こんばんは。
スイカは楽しく成功したと思います。
見た目も楽しいので、来年は庭で育ててみようかと計画しています。
アワノメイガの幼虫、サイズも手頃で、皮も結構丈夫で餌持ちも良さそうです。
そうですか、以前は釣餌として売っていた話もサモアリナンです。

釣りお爺様

こんばんは。
セミの羽化、自分も家の中でじっくり観察したのは初めてでした。
屋外の暗い中では無く、葉陰とは言え家の照明でハッキリ見える中、白い蝉の羽が透明になり、茶色くなっていくのは感動的でした。

maburin様

こんばんは。
自分も羽化の準備で木にシガミ付いている幼虫を見たことはありますが、今回は歩いている幼虫を見つけたので迷わずにピックアップできました。
お蔭で室内で羽化させれて、一家揃って、一部始終を観察できました。
実にラッキーでした。
スイカは思った以上に上手く行きました。
プウランターでの空中栽培なら、見た目も一層可愛くなって、楽しいと思いますよ。

ハックル様

こんばんは。
今回は、地上を歩いている蝉の幼虫に偶然出会ったのがラッキーでした。
お蔭で室内に持ち込めて、一部始終を観察できました。
野菜の害虫は困りものですが、借りている市民菜園ではカラスの害が一層ひどくなっています。
今はトウモロコシが方々で喰われていて、生っているの高さでは食べられないので、最初にトウモロコシの幹を横に倒して、実が地面についた所を食べています。
実に賢いです、カラス。

佐久っ子様

こんばんは。
トウモロコシのデナポンは効果が今一の様です。
市民菜園では、オルトラン粒剤を雄穂にかけた人はやられていない様です。
オルトランは公式にはアワノメイガに適用外ですが、残留毒性が多いんですかね?
良くわかりません。

No title

蝉は良い学習ですね。
久しぶりに見て懐かしくなりました。(笑)
スイカが羨ましいです。我が家は苗一本一つ小さいのが大きくならずに熟しました。でも美味しく食べました。(笑)
このスイカなら人気No1でしようね。(^^)/
ご馳走様です。(笑)

幻の渓流師様

こんばんは。
蝉は子供は勿論ですが、大人が喜んで観ていました。
スイカは思った以上に上手く行きました。
残りは、2番成りスイカが5個になりました。

貴重な観察日記

こんばんは。
蝉の羽化をこんなに間近に見られるとは、お孫さんにとっては忘れられない体験になったんじゃないでしょうか。
いや、お孫さんに限らず、こんな田舎に住んでいる私ですら蝉の羽化をこんなにまじまじ見たことがありません。とても貴重な観察日記?をありがとうございます。
たった2時間で幼虫とは全く違う姿になってしまうなんて、不思議ですね(^_^)

リコプテラ様

おはようございます。
毎年、庭で50匹以上は羽化していると思いますが、じっくり観察できる機会は稀です。
羽化が始まったのを室内に持ち込むのも気の毒だし、羽化直前のは抜け殻との区別が一瞬ではつかず。
今回は、たまたま歩いている幼虫を見つけたのが幸運でした。