2017-08-15 

白い沢

お盆直前の渓釣りを何処に行こうかと迷っていた中で、前回釣りの台風前にで幻の渓流師さんからのコメントにあった“白い沢”が頭に浮かびました。
その“白い沢”は川底が白い砂で、身が締まって川魚特有の匂いもしない白いイワナが釣れます。
所うが、今年から周辺で伐採が始まって振動で魚が怯え、更に入渓者も増えて魚影がかなり薄くなって、余り良くありませんでした。

この時期になって釣人も鮎に流れて減って、お盆直前であれば伐採も休んでいるだろうとも思い、来年の為に魚資源の残り具合の様子見も兼ねて、身軽な釣ベストと熊除けプレイヤー程度の身軽な装備で向かいました。

本流は相当な増水で、里川も、とても竿を出せない程の増水でした。
が、雨は降っていないので、山に入って源流に近づくほどに水は減るだろうと期待して進みました。
170815白い岩魚11
前夜の雨で、林道も濡れています。

渓に降りると、流れは増水で、流芯付近はあっという間に仕掛けが流れて、餌も表層に浮いてしまいます。
170815白い岩魚12
そんな中、岩陰で確認出来ませんが水が巻いて水勢が落ちていそうな場所に、上から仕掛けを下していくと掛りました。

小ぶりですが、白いイワナです。
170815白い岩魚14
一応、魚は残っている様でホッとします。

その後は岩陰と言うよりは、水勢が弱まっているポイントを中心に釣り上がりました。
170815白い岩魚31
170815白い岩魚21170815白い岩魚22
170815白い岩魚23170815白い岩魚24
そこそこ釣れて、来年は大丈夫だなと思っていると、重機の音がします。

伐採に伴う集材作業です。
170815白い岩魚32
お盆前日で仕事をしていないだろう、との目論みは大外れでした。
作業している人に挨拶して、話を聞くと、盆休みは13,14,15,16日の四日間だけとの事。
林業と言うのもナカナカ大変な仕事です。

これでは駄目だと、場所移動。


次は、10㎞程離れた同じ水系の同じ様な白いイワナの棲む沢へ。
170815白い岩魚41
こちらも、なかなかの増水です。
同じ様に岩の間の流れの緩いポイントに落とします。

ここでも、淡い色のイワナが出ました。
170815白い岩魚42

その後も同様なポイントで、イワナが出ました。
170815白い岩魚51170815白い岩魚52
170815白い岩魚53170815白い岩魚54
しかしながら、多数の釣り人の痕跡があり、流れの横には獣道ならぬ釣人道が綺麗に出来ています。

こんな、ゆっくり流れのポイントからはチビが出ます。
170815白い岩魚61

しかしながら、チビの数が少ない。
170815白い岩魚62170815白い岩魚63
偶然かも知れませんが、チビの数が非常に少ないのが気になりました。
チビは来シーズンの成魚、来来シーズンの大物の予備軍。

この日の釣行。
最初の沢は伐採作業の悪影響が出ているんでしょうが、転渓先の沢は釣り人増加の悪影響があると思います。


予定通り、丁度お盆の頃に黄金マクワウリが沢山実りました。
170815白い岩魚81
170815白い岩魚82
一株から小蔓四本で、小蔓一本から孫蔓二本で、孫蔓一本から実一個。
全部で50個以上の収穫ですが、家でも非常に好評で、ご近所でも懐かしいと非常に喜んでいただけました。
上品な甘みと、シャキシャキした食感が何とも美味しいです。
スイカ同様に収穫時判断が難しいと思っていましたが、非常に簡単でした。
実の出ている軸元の葉がスッカリ枯れたら美味しくなっているようです。

今年はウリ科のスイカもマクワウリも非常に好評で、家庭菜園には良い夏でした。

コメントの投稿

非公開コメント

残り1カ月半

おはようございます。
先日私が釣った真っ黒なイワナと対照的な白いイワナですね。
気付けば渓流も残りあと1ヶ月半。早いものですね。
これから解禁までは、来シーズンはどうなるかと想像しながら釣る季節ですね。

No title

白い沢の下見ですね。
ちび岩魚が減るのは寂しいですね。
関東ではもっと魚影が少ないです。
今のうちに渓流も回復させられればいいと思うのですがいろいろと難しいようです。
渓相もやさしく良い沢ですね。
身近に沢が有ればなぁ~といつも羨ましと思っています。
自分は9月の禁漁までに一、二度いければと早くも今シーズンのゴールが見えています。^^;

No title

こんばんは。
きれいなイワナですね、釣れる沢は頻繁に釣り人が入り釣れなくなり、そしてまた誰も入らなくなり魚が増える、この繰り返しですね、お得意の川を数か所持っていないと源流での釣りは難しくなってきました。
マクワウリ私の方ではあまり馴染みが無いですが、きれいなものですね、家の周りも実の付くものって良いですよね。

リコプテラ様

こんばんは。
今回の2カ所の魚は塩焼が美味しくて人気です。
が、一方は工事で、もう一方は釣人にかなり知れ渡ってしまって、いずれも魚密度が減った様です。
その為に、来シーズンに備えて全リリースしてきましたが、無事に秋の産卵をしてくれると嬉しいです。
今回のチビの数が少なかった結果だと、来シーズンも厳しそうです。

幻の渓流師様

こんばんは。
白い沢の今シーズンは、林業工事影響と人気化影響で厳しかったです。
そんな中、チビまでいないのは実に困った事です。
地元の釣人が大切にしてきた沢。
将来も考えながら、上手く使って行けたらと思っています。

ハックル様

こんばんは。
今シーズンは、アチコチで治山工事や伐採工事があり、更に最悪な砕石採取工事までがあり、厳しいです。
来シーズンはどうなるだろうと、調査?釣をしましたが、余り期待できそうにありません。

No title

お疲れ様でした。
本当に白いイワナですね。
川虫はあまり居ないみたいですので、流れてくる餌を食っているんでしょうか。
伐採作業も山を守る事を考えれば仕方ないのですが、切り落とされた小枝が大雨の時に流れ出し、釣りには厄介物になります。
そこだけは何とかして欲しいと思っているんですが、、、、

佐久っ子様

こんばんは。
言われるように、この辺りの源流域では川虫は殆どいません。
過去に腹の中をシツコク調べましたが、イモムシ含めた昆虫や、ミミズ、中にはヒダサンショウウオなんてのもいました。
そんなのを食べてるので、イモムシの一種としてのバイオが悪くは無い釣餌なんでしょう。
林業として伐採作業をしている間は渓釣りに悪影響ですが、伐採用林道のお蔭で奥に入れるし、林業者は伐採後には山を再生してくれます。
赦せないのは山奥での採石業者で、奴らは水を汚濁し、ピストン輸送のダンプを走行し易くする為に徐々に砕石滓で林道幅を広げ、林道幅拡幅の落石で200m程の区間で河原幅が半分ほどにも埋まっている箇所さえあります。
そんな林業とは無縁の業者に、開発許可を出す営林署も赦せません。
その山は、ダンプの往復が頻繁なので、木の切出しや山間保全工事すらが出来ずにお休みです。
営林署は何を考えているんでしょう(怒)