2017-08-30 

遡上?

先回20日の釣は盆明け18日の大雨の影響で、大増水から逃げて逃げての釣行でした。
大雨から10日も経った27日であれば水も収まっているだろうと国道153号線を北上します。
所うが、川は何処も増水で、18日の100mm超の影響なのか、前日26日の10㎜程の雨の影響かは分りません。

予定の渓に降り立つと、微増水程度で、水もピカピカが少し収まっている僅濁りの絶好です。
谷に降りた所のすぐ下にあった2m程の落差の落込みの溜りがいい感じです。
170830遡上開始?11
水中の魚から丸見えの位置からの竿出しですが、僅かに濁っているので大丈夫かな?との甘い考えです。

そんな立ち位置にも拘らず、この落込みから次から次へと掛かって来ます。
170830遡上開始?13170830遡上開始?14
170830遡上開始?15170830遡上開始?37
170830遡上開始?12
チビ3匹とキープ2匹の5連発。
竿出しから僅か5分で、5匹の爆釣モードです。

それからも最初ほどでは有りませんが、魚止め雰囲気の小滝の下に魚が固まっていました。
170830遡上開始?51170830遡上開始?52
170830遡上開始?53170830遡上開始?54
170830遡上開始?55170830遡上開始?56
この日は半数以上が18cm以下でしたが、良い魚も次々に上がって来ました。

そして、5連続落込み下の、水中ヘツリ岩のある溜りでは、ヘツリ付近に固まっていました。
170830遡上開始?31
170830遡上開始?32 (2)170830遡上開始?33
170830遡上開始?34170830遡上開始?35
170830遡上開始?37
この場所で定量になったので、退渓しました。

今回の入渓場所に堰堤はありませんでしたが、水温が15℃にもなって渓魚たちには高すぎ気味の中、上流を目指して動き始めています。
それとも、盆明けの大雨で流された渓魚たちが上に戻ろうとしているのかは分りませんが、喰いも立っていて釣りには良い状態でした。




家に帰ると、女性陣から塩焼リクエスト。
我家の塩焼は囲炉裏端風の枯れ焼を目指しています。
170830遡上開始?81
囲炉裏焼の様に串刺しの魚を口下で縦に挿して、串伝いに水分を下に落とすことは出来ませんが、開いた腹を下にして水分を下に落としながら加熱します。
魚焼グリルでは2匹しか入らないし、上側が炎に近過ぎて、背びれ付近が黒こげになるので、ガス高速オーブンでジックリ20分加熱調理して、焼き上がってからも更にオーブン内に放置して十分に枯らします。
皮も焦がさない程度の温度で、皮を最後まで保護膜にして身の乾燥を防ぎつつ、余分な水分は腹側から下に落とします。
食べる時は、表面の塩と共に、皮をメクッテ食べていますが、この焼き方はホクホクで旨味がギュッと詰まって美味しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ぼつぼつ深みに集まり始めましたね、水分を飛ばしながらじっくり焼くこの方法は串焼きと同じ効果でしょうね、ズクさえあれば強火の遠火で炭火などでやれば良いですが、私も竹櫛だけは20本ほど作ってはあるんですが埃をかぶっています。
本来はイワナは塩焼きが一番ですね、背中からガブリつき適度な塩味とうまくマッチして美味しいですね。

No title

お疲れ様でした。
条件がそろうと魚の食いも良くなりますね。
いや、そうではなくて腕でしょう。
塩焼きも凝っていますね。
釣った魚を美味しくいただくのが一番ですね。

ハックル70様

こんばんは。
いよいよシーズンも終りに近づき、魚達も子孫を残すための準備に入った様です。
腹を開いた時の卵や白子を見ると、何かしらの申し訳なさを感じてしまいます。
にも拘らず、シーズンオフに備えてソロソロ渓魚ストックを始めなければと考える時期です。

佐久っ子様

こんばんは。
今回も絶好のコンディションでした。
とにかく、餌を入れて、10ほど数えて上げれば掛かっている感じすらありました。
食い気の立ったイワナは居る場所さえ分かって、呑ませるつもりなら、誰でも釣れるから楽ですね。

No title

焼き枯らしは美味しいですね。時間がかかるが香りや風味が違いますから人気あるのも分かります。
魚もヒレが大きくピンとしたヒレで良型ですね。

遡上

雨降りが続き渓魚も動きかけましたか
産卵にはまだ早いが体力を付ける時期で
活性も出てましたね。
後僅かですが一度渓流にも行きたいです。

No title

今日は。
今回もおなじみの爆釣で最早職漁師ですな。
残り一カ月、適度な間隔で雨が欲しいですね。
塩焼きはカラッと焼き上げて美味しそうです。mabu

イワナの塩焼き

こんばんは。
釣りには絶好の条件だったようですね。
私も塩焼きはじっくりと時間をかけて水分を飛ばすのが好きです。
旨味が凝縮されますよね。
刺身を食べてもそう思いますが、イワナは海の魚にも負けない美味さだと思います。

幻の渓流師様

こんばんは。
本当は焚火の周りに串打ちしたイワナを差してジックリ焼くと美味しいんですが、それが出来ないんで次善の策です。
いずれにしても、水っぽくならないように捌いて、水っぽくならないように焼くと美味しいですね。

釣りお爺様

こんばんは。
梅雨明け後に降り続いた8月の雨で、渓の活気が続いています。
晩秋から初冬の間の産卵に備えて、今は一生懸命喰っているので、釣る方にとっても楽しく釣れますね。

maburin様

こんばんは。
8月は、多くの人が鮎に行くので上流域源流域は釣人も僅かなので、かなり好き放題に釣れるのでイイです。
一方、魚も晩秋の産卵に備えて、一生懸命食べているのでいいですね。、

リコプテラ様

> こんばんは。
> 釣りには絶好の条件だったようですね。
> 私も塩焼きはじっくりと時間をかけて水分を飛ばすのが好きです。
> 旨味が凝縮されますよね。
> 刺身を食べてもそう思いますが、イワナは海の魚にも負けない美味さだと思います。
おはようございます。
今回の渓の状態は絶好でした。
いつもの流れは、魚が人を見つけるのが先か、人が魚を誘うのが先かで、逃れるか捕獲するかが決まる透明度です。
今回は僅かとはいえ濁りが入って、釣り人に有利でした。
塩焼も水っぽくなるかどうかが美味しさの分かれ目ですが、裂いた腹から水分が回ってしまうので、今は焼く直前に腹出しし、腹下で焼いています。
しかし、渓流際で、直前まで生きていたのを腹出し、ピクピク動くのに串を打って、焚火で口下で立て焼したら本当の美味さが味わえるんでしょうが、釣場で焚火の時間が無いので残念な思いをしています。