2017-10-02 

今期最終

今シーズンの最終釣行です。
日程の都合で、前回の年一回に決めている渓を今期最終にしようとも思っていましたが、やはり名残惜しいと言う事で、短時間だけでしたが最終釣行に行って来ました。

午前中には帰宅出来て、それなりに釣れると所と言う事で、比較的近場の山釣りです。
171002最終10
気温13℃,水温12℃とスッカリ秋の温度で、水は底砂の一粒づつが見える程に澄みすぎて、良いコンディションではありません。

そんな中、一匹目が出ました。
171002最終21

餌は黄色の線の様に流しました。
171002最終22
様子見で流芯に餌を投げ入れて、川底を舐めるように下層の流れに任せて黄色の線の様に動きました。
すると、餌が流れて来るのを見つけたイワナが岩下から突如現れて、青線の様に動いて餌を咥え始めました。
確実に加えたで有ろう青丸ポイントで合わせをくれて、掛けました。

この日は水温も下がり、水量も少なく、水も澄みすぎて、流れで遊んでいるイワナは見当たりません。
一匹目と同じようなやり方、岩陰に隠れているイワナに餌を見つけて流れに出て来てもらいながら釣進みました。
171002最終31171002最終32
171002最終33171002最終35
171002最終36171002最終34
そんな風にイワナに遊んでもらって、今シーズンの渓釣りを終えました。

こんな流れの中を釣り上がり、
171002最終63

こんな小滝を眺めながらの渓釣りも、5か月間のお休みです。
171002最終61

林道を歩き下って山に別れを告げます。
171002最終71

今季も終わったと言う事で、幾ばくかの淋しさを感じながら林道を下っていても、目はキョロキョロ。
林道から見える小沢に目が留まります。
171002最終73
写真の青印の所に20㎝前後の渓魚が各1匹づつ泳いでいるのが見えました。
細い流れなので、水が枯れる時期もあって魚が棲めないだろうと、竿を出した事が無い小沢です。
が、帰宅してから地理院地図で調べると、今回の地点から更に1.5㎞程も奥に沢が続いて水を集めているので水枯れは起きないんでしょう。
鬼に笑われる来年の事ですが、来シーズンの新規開拓予定リストに、この小沢も加えておきます。
禁漁を迎えたばかりですが、来季解禁後の楽しみが増えました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
最終釣行お疲れ様でした、事故もなく無事楽しい釣りが出来て良かったですね、これから長いシーズンオフになりますが、それがあってこそ解禁の喜びもひとしおと言うものです、気になる小沢楽しみですね。

ハックル様

おはようござます。
今年も怪我無くシーズンオフを迎えられて良かったです。
今年は山奥までの入渓者も増えて、昨年と比べると総数が2割ほど落ちて大物も僅かでした。
そんな中でも、渓のゴミは殆ど無かったのが救いでした。
多くの釣人が等しく楽しめる渓であり続けて欲しいです。

No title

こんばんわ.
最後の最後で行ってこられたのですね.
こんな子沢でもいるのですね.
郡上の方でも,子沢はありますが釣り師を見たことないです
来年観察しよう.

No title

今晩は。
今年も事故もなく楽しい釣りが出来た一年で何よりでしたね。
当地は年々魚影が薄くなっていますが、そちらはまだまだ沢山のイワナが残っていて羨ましい限りです。
釣り人のマナーも良いのでしょうね。
山林開拓を含め自然の残る溪であってほしいですね。mabu

kinkan600様

こんばんは。
今回のが、本当の今期最終渓釣りでした。
イワナに関しては、イワナのいる筋に注ぐ沢であれば、渇水期でも水さえ枯れなければ、余程の所でもいる様です。
本当は、台風シーズンが終わって、積雪前に何度か渓に通へば、水が枯れるか否かの判定ができるんですが、そこまでの今期はありません。
釣師が見られない沢は、本当に魚が居ないのか、自分だけの釣穴場に出来るかの境ですね。

maburin様

こんばんは。
渓釣りも終わってしまいました。
当地方でも、里川や本流では時間1匹釣れれば良い方です。
それが嫌で、今年も山の口元より上でしか竿を出しませんでした。
平日でも自分の様なリタイヤ組がどんどん増えて、次々に竿を出すので、入退渓し易い場所は厳しさが増すばかりです。

納竿

最終釣行ご苦労さんでした
長い様ですぐ終わる釣りでこの時期が一番寂しさを感じますね、
無事終了した事を良しとしましょう。
来季に繋がる開発渓谷はたのしみですね。

おつかれさまでした

こんばんは。
今シーズンの渓流釣り、おつかれさまでした。
マンボウさんが行かれる渓流は、どれもフライフィッシング向きだなぁといつも見ておりました(笑)
来シーズン開拓用の小沢も見つかって、また新しい楽しみが広がりそうですね。来シーズンも良い釣りを(^_^)

釣りお爺様

おはようございます。
7カ月もあった渓釣りシーズンも、終わってみれば短かったです。
週一ペースで良い運動になっていたのですが、これからの季節に運動不足にならぬように注意しなければと思っています。
今年も少しづつ釣スタイルが変化したので、来季に向けての整理も始めます。

リコプテラ様

おはようございます。
今シーズンも怪我や事故も無く無事にシーズンを終われて良かったです。
今年は熊の警告看板がやたら多くて心配でしたが、ご対面はありませんでした。
一度でも出逢ったら、もう怖くて山釣が出来なくなるかも・・・。
そうですね、人気の渓は極力避けているので、地元の食糧調達釣人とかなりマニアックなフライ釣人に時々遭遇します。
いずれも、自分の渓の様に魚の存続を大切にしているのでありがたいです。

No title

最終釣り行お疲れ様でした。
最後の納竿はさみしさを感じたでしょう。
毎度の事ながら解禁までは長いですね。
しばらく秋野菜に専念しましょう。

佐久っ子様

こんばんは。
週一ペースでシーズン中は生活に組み込まれていただけに、渓釣りシーズンオフを迎えると残念です。
毎回、結構な運動量になっていたので、運動不足に気を付けなければなりません。
御地の様にニジマス釣りをする適当な川が無いので、今日の夕飯の時にも、今月下旬にニジマス釣りに行こうかなどと話しています。
ニジマス釣りといっても、保育園児にも釣れる養殖池で、釣上げた魚を買って調理してもらうのです。
8寸程度で1匹600円程になるのでボッタクリですが、致し方ありません。