2017-09-20 

未練

いよいよ、渓釣りシーズンも最終局面。
今年は尺上げには余り恵まれず、特に尺アマゴには全く縁が無いシーズンです。
そんな中、大物未練、尺アマゴ未練がたらたらなので、夏の間にしっかり食べて育っているだろう大物渓魚を求めて釣りに行きました。

この日はアマゴ狙いなので、里よりは奥ですが、山の比較的口元です。
降り立った場所のこの流れを探ってみました。
170920未練11
青丸印の所に魚は見えるのですが全く喰いません。
やはり、水面が全く波立っていない場所の魚はこの日も喰わない様です。
黄色の落込みの白泡の消えた所で漸く喰いました。

小型の痩せたイワナでした。
170920未練12
捕食の上手なイワナ達は既に食事を終えて静かな流れで遊んでいるのに、餌取りのヘタな痩せたイワナ君は頑張って餌を追ってくれているようです。

そして、アマゴは・・・。
170920未練21
比較的強い流れの底石の有る所で食べ物が流れて来るのを待っていました。

早々にまずまずのアマゴでした。
170920未練22
イワナと比べて幅広のアマゴ、引きを楽しませてくれました。

その後は、いつもの様に、探って見つけた”この日のポイント”だけを狙って、ポツンポツンと竿を出します。
イワナ達。
170920未練31170920未練36
170920未練32170920未練33
170920未練34170920未練35

アマゴ達。
170920未練41170920未練42
170920未練43170920未練44
170920未練45170920未練46
この日の本命のアマゴも最長は25㎝止まりでしたが、元気な引きを楽しめました。
しかし、その中で、アマゴポイントで掛けた魚、掛けた場所の下に倒木があったので潜られてはマズイと強引に上流側に引き上げようとして、ヘタな糸キレ。
0.6ナイロン糸でしたが、張替えて最初だからと強気になっての油断でした。
サイズは分りませんが大きかっただけに残念(悔)。


そんな釣を終えての帰り。
山中を歩いていると、こんな看板が。
170920未練81
書いてある内容を見ると、日本鹿を有害獣として駆除する様です。
確かに急斜面で伐採した跡地に新たに植林し、夏には下草刈りをして手入れして、獣が入らないように広大な植林地全体に獣侵入防止ネットを張り巡らせています。
そんな林業関係者の努力を思うと、適正な間引き殺傷は仕方ないですね。

どんなワナかと、自分が掛からないように慎重に周りを見回すと・・・、ありました。
170920未練82
コヌカ?の山が置いてあり、その周りに径1m位で枯杉葉が円状に並べてありました。

そんな枯杉葉周囲をジット目を凝らしてみると、
170920未練83170920未練84
5mm程の金属ワイヤの端が立木に回して固定してあり、枯杉葉の下にはワイヤがグルッと回してあり、括り罠の様です。
そして枯杉葉の間からは、端に調節ネジのついた径2㎝程のシリンダーの様な物も見えます。

括り罠がどんな風な構造か知りたい気持ちがドンドンこみあげてきて、棒切れで被せてある枯杉葉を除けて見てみたい!
が、林業関係者の苦労を思うと、興味だけでの愚行はとても出来ませんでした。


今シーズンも残り僅か、この後は来年に備えて、今シーズン未だ行っていない渓の様子を覘いてみようと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
川の白砂のせいか魚が白っぽくきれいです、大物、糸切れは悔しいですね、罠もほとんどくくり罠ですね、いろいろ種類があるようです、駆除のための罠ですが、巡回が面倒ですので道から見える範囲が多くなりました。

No title

おはようございます。
こちらのシーズンは今日までです。
よい釣りをされて納竿になるといいですね~
・・・ 罠にかからないように ‼ ・・・

No title

お疲れ様でした。
中々の良型が釣れていますね。
それにしても0.6号を切るとは尺近い大物でしょう。
私はこの時期になると、行きたい場所が多くて焦っています。
あと2週間楽しみましょう。

ハックル様

こんばんは。
今回こそ尺アマゴの可能性があっただけに惜しい事をしました。
倒木に潜られてはと焦ったのが失敗の元でした。
しかし、今回の様に釣る側には条件が悪いからこそ魚が残っていると分っている筈なので、下手だったと言うより致し方ありません。
今回の失敗を次回に行かせると良いのですが、ナカナカですね。

かんぺ~様

こんばんは。
資源保護の観点からは、早いクローズが正解ですね。
とは言うものの、渓に長く入りたいのが本音で、後2回くらいは楽しみたいと思っています。
そうですね、括り罠にかかってしまったらシャレにもなりません。

佐久っ子様

こんばんは。
イワナなら尺越えでも糸傷みしていなければ、0.6なら抜けるのですが、アマゴの尺では厳しいんでしょう。
倒木の存在にあせって、ヘタでした。
この後は、来シーズンへの備え含めて、まだ行けていない大切な沢にも行ってこようと計画しています。

アマゴとくくり罠

こんばんは。
この川も水が澄んでいますねー。
こうやって魚の写真を並べてみると、アマゴはイワナに比べて優雅で上品さがあって渓流の女王と言われるだけのことはありますね。
来シーズンは木曽はお休みして、上流部までアマゴのいる川も多い下伊那の年券買うのも良いかな、なんて思っています(^_^)
以前、渓流でこのくくり罠を足に絡めたまま死んでいるキツネを見つけたことがあって、ちょっと痛々しかったです。

No title

今晩は。
当地ではなかなか泳いでいる魚を見ることはありませんが、そちらは砂底のせいでしょうね。
その日の採餌パターンが解りやすくて良いですね。

おそらく尺モノだったんでしょうね。
そうやって倒木に潜ることで何度も針を外してきたんでしょうね。
来季に期待ですね。mabu

リコプテラ様

こんばんは。
見た目の美しさでは、アマゴの方に分があると自分も思っています。
また、アマゴの方が体高ある分だけ、長さの割に力があると感じています。
その点から、尺アマゴになると、アマゴの喰い渋りとパワー負けしない糸太さの選択が悩ましいです。
下伊那漁協は良い沢が沢山あると思いますが、鮎との共通年券10000円は厳しいので日券の方がリーズなぶるです。
いずれにしても、国道153号線沿いは巴川漁協に始まり下伊那漁協に至るまでだけでも複数の漁協があるだけに、年券にするか日券を重ねるか迷う所です。

maburin様

こんばんは。
特に夏に入ってからは、魚達が流れに出て戯れたり定位している姿がよく見かけられます。
言われるように濁り易い泥底でも、さざ波が立ちやすい小岩底でも無くて、水が澄んで小波のない流れ部分も広くなる砂底が多いせいでしょうね。

追い込み

遅れました----失礼さん~、
渓流も最後の追い込みと成りましたね
狙いのアマゴをゲットし流石ですイワナ・アマゴの
釣り分ける釣技は現地を知る人でないと難しいでしょう
混生地は何時も慣れていても苦戦してます。

釣りお爺様

こんばんは。
渓釣りもいよいよ最終局面。
この所の涼しさで、魚達の動向も少し変化しているでしょうね。
最後に大きな事故が起きないように、お互いに気を付けましょう。

No title

いつもながら尾びれが大きく綺麗な魚体ですね。
0.6を切るのは大きいですね。残念!
数は揃ったようで流石ですね。

罠、シカの駆除はどこもおこなっているようですね。
自分はそのお蔭で日本シカの角をもらいました。^^;

幻の渓流師様

おはようございます。
逃した魚は大きいと言いますが、今回も単純に下手だったんです。
こんな事では、尺アマゴのお久しぶりは、化石になってしまいそうです。