2017-10-05 

足元

渓流釣り、特に山釣りでは足元をシッカリする事が安全確保の基本だと思っています。

そんな渓釣りの足元ですが、今は鮎タビばかりを使っています。
171005足元11
以前はウエイディングシューズを使っていましたが、ソール耐久性から勧められてピンスパイク付フェルト底でした。
が、渓流岸の平らでツルツルの乾いた大岩の上で滑って、しこたま尻を打ってからは、ピン付はコリゴリと、普通のフェルト付鮎タビばかりです。
171005足元12
今使っている鮎タビは地下足袋の様に足にもピッタリフィットして、靴底が柔らかくて凹凸に馴染みも良くて、、この鮎タビでは滑った事も無くて、気に入っています。

そんな鮎タビも、底のフェルトがあっという間に減って、底のフェルト貼り替えは毎年行事になっています。
171005足元13
そんなフェルトの減りの問題と、山道を長距離歩く時に鮎タビではリズミカルに足を蹴りだしてくれる力が無くて、軽快には歩けません。
そして、深い谷の昇り降り、特に降りる時は踏ん張りが効かず危険です。
そんな理由で、歩行距離と谷の状態によっては、移動時にはトレッキングシューズを使っていました。
171005足元21
谷底に降りて、釣りを始める時は鮎タビに履き替え、釣り終わって谷を登る前にトレッキングシューズに再度履き替えて、安全を計っていました。

そんな風に渓釣行の時の足元の安全確保をしていましたが、リコプテラさんの記事川に適したシューズを選ぼうを読みました。
この記事、先入観を離れて冷静に書かれていて、その通りと思い、実に参考になりました。

そして、今迄の釣行でも小沢沿いに谷へ降りる場合もトレッキングシューズを使い、急斜度の落葉上でも踏ん張りが利いて昇り降り出来ている事は勿論、小沢降りの時の濡れ岩場は勿論で水の中も歩いていますが、危険な思いをしていない事に改めて気づきました。

自分が使っているトレッキングシューズは軽登攀様で、歩きやすいように曲面になっている靴底も捩じれは防止しながら、縦方向には柔らかくて凸凹にも馴染みます。
171005足元22
靴底も、固いゴムと柔らかいゴムを組合わせて、岩に吸い付くような柔らかさでは有りませんが、岩凹凸に馴染む柔らかさとソフトな喰い込みを確保しています。

そこで思い切って、川底が大岩では無くて、岩藻が余りついていない源流部での釣を軽トレッキングシューズでやってみました。
171005足元32
実に軽快です。
渓釣りといっても、魚に警戒されないように殆どの時間は水際から離れた岸で、遡行も水際では無くて2m以上は離れた岸藪や石河原なので、トレッキングシューズの方が歩きやすい。
また、渡渉する時も大岩の上よりは砂地/石地を歩けば全く問題ありません。

しかし、水にヒタヒタ濡れている岩上を歩く時は、フェルト底の鮎タビよりは滑り易い。
171005足元41
そんな茶色い大岩の上を歩く時以外は、フェルト底の鮎タビより、むしろ安全と判断しました。
安全を確保したければ靴サイズ以上の大きさの茶色い石の上に靴を置かなければ良いと思いました。
そんな観点からは、人の頭程度の水中小岩が多くて、冨栄養で藻が付きやすい里川や本流での釣にはトレッキングシューズは適しませんね。

それに黒いコケ(藻?)に覆われた岩も結構な曲者で、表面が濡れていると、表面が一皮むける感じでズリッと来る場合がありました。
171005足元43

そんな点から、こんな感じの渓は雨で表面が濡れたら非常に危険そうです。
171005足元42

トレッキングシューズでの沢の遡行釣りは現時点では3回だけですが、今の所は快調で、念の為に用意して行った鮎タビは勿論として、トレッキングシューズの簡易滑り止め用の麻ロープと古手拭いの出番はありません。

来期からの山釣は、寒い時期はフェルト底のウエーダー、水が温んでからはトレッキングシューズ、雨上がりは鮎タビになりそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

安全は足元から

渓流釣りで川原を歩く時はまさに危険が潜んでますね
足元をガッチリ決めて置かないと転びます

残雪の中。雨後の歩行はやはり靴も取り替えないと
危険ですが二足持参は荷物に成り大変ですね
初期の釣行は胴長に成ってしまうので私も苦戦してます
参考に成りました、有難う。

No title

源流釣りは山道を歩きますし、斜面を下りたり、川を歩いたり、条件が違うので靴も何にするか考えるところですね。
ブログのように2つ持っていけば良いですが、荷物になりますし、難しいところです。
ちなみに、山ヒルなどはいないのですか。
佐久は寒くてヒルが越冬できません(笑)。

No title

おはようございます。
フェルトの底はアスファルトの道を歩くとかかと部分の摩耗が激しいですね、渓流域の釣は軽さが大事ですし川の中に立ち入る事も少ないのでトレッキングシューズは良いかもしれませんね、私の場合はもうあまり歩きませんのでウエーダーを浸透性の物と時期によって使い分けていますが、汗をかくと屈伸が難儀で困ります。

釣りお爺様

おはようございます。
滑って転んでと、高巻き時の滑落が、大事には至らなかったものの今迄にヒヤットした怪我の元でした。
谷の登降では両手両足の内の3点支持は心掛けているものの、ズリッと来た時はヒヤットします。
一方で、其々に適した靴を複数持参すれば良いのですが荷物になるし・・・。

そんな中、トレッキングシューズが良さそうなので、滑り易い所では麻縄を巻いて滑り止め力アップを目指そうとしていますが、アイゼンの様に靴の上から脱着できる、わらじの様な物は売っていないでしょうかね?

佐久っ子様

おはようございます。
源流釣りは谷の登降が有るし、高巻きも有るし、何より山道歩きが有るしで、岩垢では弱くなってしまうトレッキングシューズが良さそうとの現時点思いです。
フェルト底の場合は渡渉する時は水の浅い岩頭を踏んでいくのに対して、トレッキングシューズでは渡渉する時は岩頭を避けて水の中の砂地を中心に歩く感じです。

靴の上から麻縄を巻いて滑り止めにする方法はかなり有効ですが、面倒くさい。
アイゼンの様に、靴の上から装着できる滑り止めの草鞋の様な物を知っていれば、紹介してください。

ハックル様

おはようございます。
フェルト底は減りの問題と、斜面での踏ん張りが効かないので滑落が怖いのですが、やはり水垢での滑り止めはワラジ並みですね。
トレッキングシューズの上からつけるワラジが有ると良いのですが見つからなくて、自分で編んで見ようとも思いましたがワラ仕事の経験が全く無くて、麻縄をグルグル巻き縛るだけです。
アイゼンの様に靴の上から付ける良い滑り止めがあったら教えてください。

アイゼン・わらじ

私も積雪の上はアイゼンを取り付けて歩きますが
わらじのような取り付ける物が見当たりません

昔はわらじを上から付けてました、父がわらじを
作ってましたので、今は一足ありますが飛騨の道の駅で
購入した物です、藁も無く成り作れなくなりましたね。

滑るのは怖い

こんばんは。
ピン入りのフェルトは滑りますよね。あれは怖いです。
苔がない川ならゴム底が効きますよね。トレッキングシューズで川に入るという発想はありませんでしたが、ソールがある程度曲がるタイプであれば良いかもしれませんね。
私が今使っているサワートレッカーRSはソールも柔らかくてパターンも専用に考えられた物なので、驚くほどのグリップ力があって渓歩きの安心感が違います。そのまま林道歩きも問題ないです。
今のトレッキングシューズがダメになったら、ぜひ試していただきたいシューズの一つです。あ、私、モンベルの回し者じゃないですよ(笑)

釣りお爺様

おはようございます。
雪道や結氷道の為の後付け滑り止めは色々と売っているんですが、苔の滑り止めになるような代物はありませんね。
小中学生の頃、滑り易い寒狭川上流はワラジで釣ったものですが、今ではそんな光景は見る事がありません。
仕方なく靴に巻く麻縄を準備していますが、今の所は実用した事はありません。
一度本格的に実用してみると心強くなると思っています。

リコプテラ様

おはようございます。
靴底の角で引掛けながら歩けるような靴底の固い重登山用の靴では駄目ですが、トレッキング用の靴は沢歩きに結構使える感じです。
しかしそれでも、コケ垢の岩の上はフェルトのグリップ力に遙かに劣ります。
靴底脱着式の靴をお持ちですが、そんな感じで滑り難い底が付加できると良いのですが・・・。
このシーズンオフの間にロープワークで解決できないか検討してみます。

No title

おはようございます.
フェルトしか経験ないですが,歳のせいか最近はよく滑ります.
調子よさそうなら私も変えようかな.

kinkan600様

こんばんは。
フェルトで良く滑るのは、まだまだ元気だからだと思いますよ。
昔は瀬渡の時の岩から岩へピョンピョンと軽快に渡っていたのですが、いつの間にか自信が無くなって、一歩づつ這うように3点支持で渡っています。
トレッキングシューズは山道歩行や入退渓や高巻きを中心に考えて選択していますが、実際の渓での苔や垢に対しての滑り安全性では、フェルト底には1歩も2歩も劣ると思います。
本当は、入渓までと釣最中で2足持参すれば一番いいですね。

No title

今晩は。
これまでの釣行ブログで鮎タビに履き替えが登場していましたが、トレッキングシューズだけで済めば楽ですね。
私は里山だけになりましたのでフェルト底のみです。
トレッキングシューズの源流釣りが出来る内は元気な証拠ですな。mabu

maburin様

こんばんは。
源流釣りが出来るうちは元気なんでしょうね。
今年も4月末頃に入渓した片道3時間半の大事な沢は、体力とリスクの両問題で今後の釣行リストからは外す事にしています。
だんだんと、山奥には行けなくなると予想すると、一抹の淋しさを感じる秋の夜です。

No title

足元は渓流釣行を楽しくしてくれますね。
みなさんいろいろと工夫をされていますね。
自分も履き替えを考えないと駄目でしょうかね^^;
悩みどころです。

幻の渓流師様

おはようございます。
近年の自分の場合は山釣りが殆どで、林道や獣道歩きや急斜面アタックや高巻きも多くて、沢歩き以外の山歩き要素が多いので面倒な事になっています。
釣りなのか山歩きなのか良くわからない釣行です(笑)