2017-09-11 

豊田市美術館

直ぐ近くで有りながら、今迄行った事が無かった豊田市美術館に行って来ました。

ここが、豊田市美術館の正面です。
170910豊田市美術館11
実にトヨタらしい建物です。
悪意を持って表現すれば、美術館らしからぬ倉庫の様な建物です。
トヨタ自動車が関わった大きな建物としては、名古屋駅前の230mの超高層ビルでトヨタの旗艦ビルとも言えるミッドランドスクエア、伊勢湾に浮かぶ中部国際空港ビルなどが上げられます。
いずれも無駄な金を掛けずに、機能と低コストと見栄えの現実的接点を探った建物です。
トヨタ自動車の車は、丈夫でお値打ちで見た目も悪くは無いのですが、今一面白味には欠けるのと同じです。
豊田市美術館もミッドランドスクエアも中部国際空港ビルも、トヨタ自動車が建てたのでは無いですが、企画段階からトヨタ自動車の役員レベルを送り込んでかかわって作った建物です。
トヨタ自動車が単体で作ったビルとしては、今も豊田市にある地上14階建て本社ビルがあります。
確かに立派なビルですが、これが世界に冠たるトヨタ自動車の本社?と思うばかりの、普通のビルです。
未だに、本社を創業の豊田市に置いている事と言い、見掛けの派手さより効率をとるトヨタ自動車らしいです。

建物の話が長くなりますが、トヨタ自動車が関わっていれば、東京オリンピックの新国立競技場の白紙撤回や、各会場の建設費問題や、豊洲市場の右往左往もこれ程に情けない浪費行政には成らなかったと思います。
愛知万博何ぞは、トヨタ自動車が役員レベルを送り込んだ結果、施設とイベントに巨費投入主張の境屋太一は排除され、入場者2200万人と60億円の黒字で幕を閉じ、万博跡地の地球博記念公園は今でも年間150万人もの来場者を集めています。

この豊田市美術館が立っている場所は、挙母城(ころもじょう)があった高台に建てられています。
170910豊田市美術館12
美術館敷地から遠望すると、長野から流れ三河湾に流れる矢作川の脇に作られたサッカー場トヨタスタジアムも眼下に見えます。

大きな駐車場は平日にも拘らず多くの車を集め、城跡にはかっての挙母城の隅櫓も再建されています。
170910豊田市美術館22170910豊田市美術館13

この日は、奈良美智の特別展をやっていました。
170910豊田市美術館31
常設展の入場料は300円で、特別展も観ると1500円と言う事でしたが、現代アートと言う事もあってか多くの若者で賑わっていました。

とは言うものの、爺婆が豊田市美術館に来た一番の目的はランチでした。
この豊田市美術館には、”テラス”と言うレストランがあります。
そのレストランは美味しいと評判の”ホテルトヨタキャッスル”の直営店で、格安料金でランチが食べられるという事す。
170910豊田市美術館51
11:40分にお店に入ったのですが、待ちリストにはズラッと名が並び、長蛇の列が並んでいます。
結局30分程も並んで、漸く席に案内されました。

170910豊田市美術館52170910豊田市美術館53
値段が安いので、最低品数のランチコースでしたが、メインディッシュの味は最高でした。
久しぶりに高級料理を食べた感じで、大満足のランチでした。

さすがトヨタ自動車のお膝下、豪華絢爛では無いのですが、質実な美術館とランチでした。

トヨタ自動車の社風を褒めちぎりましたが、ボルボは2年先にはガソリン車の販売を止め、フランスは2040年にはガソリン車/ディーゼル車の販売を禁止するとか。
遠くは無い将来に到来が確実になった電気自動車時代に、ハイブリット含めたガソリン車のトヨタ自動車が世界一でいられるかは相当に疑問ですが、準地元としては頑張ってと願わずにはいられません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。
外観より中身、いかにもトヨタらしいですね。
食べられたのはBランチでしょうか。
高級レストランだったら、この倍の値段はするでしょう。
欧州ではハイブリッドも含め、ガソリン車は廃止傾向にあるようですね。
これからは電気自動車が主体になるようです。
トヨタは水素自動車を進めていますが、どうなるでしょうか。

佐久っ子様

こんばんは。
堅実を旨とするトヨタらしい美術館でした。
成功するよりは失敗しない戦い方をするトヨタらしい、他所に勝つより負けない戦い方をするトヨタらしい美術館でした。
ランチはAランチとBランチを一つづつ注文して、半分づつ食べました。
どちらも美味しかったです。

No title

おはようございます。
流石に天下のトヨタ、合理的で洗練された建物のように見受けられますね、行政が建てる美術館とは違うところがトヨタらしくて面白いですね、確かに電気自動車の到来ですね、ハイブリッドで一歩進んでいてもオチオチしていられませんね、日本の為にも頑張ってもらいたいものです。

ハックル様

こんばんは。
そうですね、行政が立てる美術館とは違うと言うのが良いんでしょうね。
行政が立てる建物は、昔はどれも真四角のコンクリ作りだったのが、今は専門家/建築家に言われるままに贅を尽くした建物になっています。
それに対してトヨタは、自社のスタイルを変えませんね、それが美術館でも空港でも。
トヨタの方針は、斬新な爆笑漫才を狙うんで無くて、滑らずに笑いを確実に獲れる漫才ですね。
電気自動車の時代にもその姿勢は変わらないでしょうが、エンジンと変速機と言うトヨタの機関技術を捨てての電気自動車では圧倒的優位は揺らぐでしょう。

豊田市美術館に

何時も釣りに同行する後輩のN君が良く行ってます
美術鑑賞が趣味で特に絵画は良く知って居り感心してます
行った事はないですが、私も名古屋は美術館でイベントが有ったら出掛けます。

釣りお爺様

おはようござます。
名古屋市美術館の改修工事が今月に終り、10月上旬にリニューアルオープンするそうですね。
黒川事務所が手掛けた建物はこれでもかという程にデコラティブで好き嫌いが大きく分かれるんでしょうが、世界の黒川記章なんだから素晴らしいんでしょう、きっと。
なんだかんだといっても”お下げ髪の少女”に会いに、年一ペースで訪れます。