2017-09-17 

やりくり

自宅庭では足りず、市民菜園も借りているのですが、其処も15坪程度の菜園です。
15坪と言うと、1反の20分の1。
1枚の田に、20人が入って畑を作っていると考えると狭いです。

畑仕事も慣れて来ると、色々と作付けしたいのですが作付け面積からの制約が大きいです。
特に季節の変わり目になると、収穫間際の作物と新たに植付けたい作物での場所取り合戦まで始まります。

今の時期は、夏野菜から年内収穫の冬野菜に切り替える時期。
自分の菜園でも新しい作付けをしたのですが、初秋収穫のサツマイモが勢力を広げて植付けられません。
17狭い畑11
サツマイモの蔓が繁茂して、青物野菜を植えようと耕運しておいたスイカ栽培跡ウネに侵入しています。

先ずは、繁茂している芋蔓を刈り取って場所を作ります。
17狭い畑12
今回、蔓の一部を刈り取ったサツマイモは肝心の芋が未だ育っておらず、この後も45日近くは肥大化させなければいけませんが、肥大化エンジンの芋蔓を刈り取らざるを得ずに残念至極です。
しかし、これで作付けする場所が何とか確保できました。

そこに、今回はモヤシ状態にならずに育ったキャベツの第2段の苗を植え、
17狭い畑21

冬の鍋物には欠かせない白菜も植えます。
17狭い畑2217狭い畑23
白菜は苗の半分ほどを、モヤシ状態を防ごうと水やりを減らしすぎて枯らしてしまったので、白菜第2段の直播の数量が増えました。

そんな風に、前後作の野菜のやりくりで折り合いを付けながら、作付けが完了しました。
17狭い畑31
これで、12月から収穫が始まり、2月位まではキャベツとと白菜の収穫を続けられるはずです。

しかし、9月はマダマダ沢山の蝶が飛び交っているので、虫害を防ぐために防虫ネットを被せて保護します。
17狭い畑32
この後も、秋まで収穫出来るナスやピーマンを早めに切り上げて、豆や玉葱などの越冬野菜の作付けが始まります。
畑面積が50坪くらいあると、作業スペースでも作付け時期でも、余裕を持って行えるのですが、何とかやりくりしながら野菜作りを楽しみます。




先般、山間をハイキングしていると、数匹のスズメバチが飛んでいたので、何処かに巣がある筈だとキョロキョロすると有りました。
P9090038.jpg
道路脇の擁護壁の山アジサイの枝に巣を作っていました。
これからの季節は、スズメバチに襲われたニュースも多くなりますが、山歩きの際は蜂を酔わせて攻撃をかわすために殺虫スプレーも用意した方が良いのかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
菜園の作業もいよいよ冬野菜の時期になりましたね、この頃になると春先の意気込みが薄れてきてしまいます、まだサツマイモの収穫の楽しみがありますね、私も少しづつ片付けを始めました。

冬の野菜とスズメバチ

こんばんは。
小さい畑にいろんな野菜を作るのは、大規模な畑で一種類だけの野菜だけを作る専業農家よりも、難しいのかもしれませんね(^_^)
キャベツや白菜が厳寒の2月まで採れるなんていいですね。
白菜は冬には鍋物なんかに欠かせないし。
スズメバチは中学生の頃に一度刺されているので、私の場合、熊よりもむしろ恐れています。

ハックル様

こんばんは。
春夏作は作るものが実と呼べる作物が多くて花がありますが、秋冬作はメインは葉物野菜になって派手さがありません。
が、一方で収穫後に日持ちする野菜が多いせいか、女性陣には人気です。
今回の台風で、作付け苗やトンネルに被害が無いか心配しています。

リコプテラ様

こんばんは。
自分で野菜を作るようになって、専業農家の方たちの技術力には驚くばかりです。
色形が良くて、サイズの揃った物を作る技は大したものです。
売り物で無い家庭菜園は、とにかく出来れば良いし、出来なくても少し落ち込むだけで気楽さが良いです。
そうなんですよ、葉物野菜は収穫期間も保存期間も長くて、女性陣には使い勝手が良いと好評です。

No title

一部の野菜は同じ場所に作れませんので、作る場所が狭いと頭が痛いでしょう。
冬が暖かいところはいいですね。
こちらでは越冬するのは玉ねぎくらいで、それ以外は無理ですね。
なんたって冬場はマイナス10度以下ですから、、、、

No title

今晩は。
秋冬野菜、着々ですね。
我が家もババが色々と植え始めましたが、途端にエカキムシが出始めました。
やはりこの時期は防虫ネットが必要ですね。

先日実家に行った時、実母が蜂の巣を取ったと言っていたので見るとスズメバチの巣でした。
数匹しかいなかったと言っていましたが、とんでもないことで無事刺されなくて良かったと安堵でしたよ。mabu

佐久っ子様

こんばんは。
人気野菜のナス科野菜は作付け面積が少ないので良いのですが、作付け面積が増えざるを得ないアブラナ科は間隔を守れなくて困っています。
それもあって、今夏は一畝を熱消毒して、2年連続のキャベツ作付けの予定しています。
上手く育ってくれるとありがたいです。

maburin様

こんばんは。
作付けした秋冬野菜が、今回の台風で若干の被害を受けました。
今回の台風は風が結構強かったので、防虫ネットで囲ってあっても、全く関係なしに風で葉がちぎれました。
スズメバチの巣の除去、怪我が無くて何よりです。

No title

綺麗に雑草がありませんね。
種屋さんの前にはいろんな苗が並びました。
自分には夏とこの時期とで違いは想像できますが何かは分かっていませんただ毎日眺めて通るだけです。(笑)
冬野菜がこれからの楽しみですね。

幻の渓流師様

おはようございます。
これからの時期は葉物野菜が中心になるので、実物野菜に比べて華やかさが無いですね。
一方で、冬の寒さに負けずに伸びる姿は逞しい物です。