2018-07-04 

島生活

南の島記事も3回目ですが、今回は大好きな宮古島でのブラブラ生活の為の情報を。

飛行機が降り立つ宮古島空港です。
180704島生活1
180704島生活10
ボーディングブリッジが3機分しかない小さな空港です。
残念なことに格安航空会社の路線は無く、ANA系とJAL系が就航しています。
その為、安く行く方法は那覇まで格安航空で行って、ANAなどで乗り継ぐ方法ですね。
空港内売店やレストランも充実して、貝殻で出来たシーサーが迎えてくれました。
沖縄の公共施設はどれも素晴らしいです。
本土では岐阜や滋賀など空港の無い県が10以上ある中、沖縄は島に1空港といった具合で、私が知っているだけでも10以上の空港があります。
また、港も素晴らしく整備されていて、漁船が数隻しか無い小さな漁港でも、多くが立派な浮桟橋を備えています。
戦前も戦後も、ヤマトンチュウはシマンチュウに大きな犠牲を強いてきた見返りでしょう。
公共施設では恐らく日本トップクラスで、住民一人当たりの直接間接の国税投入額は復帰直後だけでなく今でも日本トップではないでしょうか。

今回使ったウイークリーマンションで、費用は以前のコメントに載せました。
180704島生活11180704島生活12
180704島生活13180704島生活14
180704島生活15180704島生活16
180704島生活17180704島生活18
当たり前の話ですが、ウイークリーマンションなので、普通の生活に使う電気製品や台所用品だけでなく、タオル類や洗剤類やゴミ袋やティッシュペーパーなどの小物まで全て揃っています。
水道光熱も使い放題なので、生活に必要なのは食料品だけです。
お店も、徒歩圏内にレストラン,ファストフード店,GS,郵便局,スーパー,コンビニ,ダイソーなど一通りあります。


宮古島は、本島と5つの離島から出来ていて、その内の4つの離島とは橋で繋がっています。
宮古島では島を繋ぐ橋自体も観光資源ですが、最長の橋は2015年から供用開始の伊良部大橋で、海の上に架かる全長3.5km,総事業費380億円の巨費を投ましたが、無料です。
伊良部島の人口は6300人程ですから、住民一人当たり600万円程の橋の公共投資が行われたことになります。

そんな宮古島で主な交通手段は車です。
5.5万人の宮古島市には、タクシーが16社もあり、お迎え料金も無しで、安い運賃です。
そして、そんな橋を使っての道路も、島の端から端まで、一番長い距離でも33kmで40分くらいでつきます。
市外部を除き、交通量も僅かで道路もスキスキで、殆どの人がスピードなど出さず40km程度でノンビリ走っています。
180704島生活41180704島生活34
信号も中心部以外は稀にあるだけで、50年近く前には日本各地にあった警察官人形が、道路を見守っているだけです。
この警察官人形は観光客に大人気で、“宮古島マモル君”と呼ばれてアチコチに立っています。
また、橋で繋がっていない離島、大神島の人口は24人で、大神島島内の車にはナンバープレートすらついていません。
ナンバーのついていない車だけしか走っていない公道は、日本国内ではこの大神島だけではないでしょうか?
そんな大神島にも日に5往復の船に乗って潜りに行きましたが、今回は偶然にハーリー(海神様祭り)の日でした。
島にユカリの多くの人も集まっての大パーティ。
偶然訪れた我々にも飲物や食べ物を、食え喰えと薦められ、すっかりご相伴に与りました。

島遊びで、海の話は前回しましたが、島には森もあります。
アルカリ性土壌の宮古島には毒蛇ハブがいないので安心で、展望台に上がると絶景が楽しめます。
180704島生活42180704島生活43
180704島生活55
大神島の展望台からの眺めですが、珊瑚の海を挟んで、緑矢印の宮古島本島、黄色矢印の池間島、島の間には海を渡る全長1.4kmの池間大橋が遠望できます。

また、アチコチに普通に南国の植物も。
180704島生活51180704島生活52
ハイビスカスにバナナの樹。

島の特産はサトウキビとマンゴーで、日本一の生産量を誇るマンゴーのビニルハウスもあちこちにあります。
180704島生活54180704島生活68
マンゴーの収穫は6月~8月で、馴染みの農園では完熟マンゴーが大人のコブシ大で150円ほどで、滞在中はマンゴー三昧です。

そして、最後に食事です。
朝食は、市街地に15店ほどあるファミマでの買い食いが無難です。
昼食は各地の食堂で、沖縄独特の食べ物が500円~1000円程で堪能できます。
180704島生活60180704島生活62
上左がカーキタコ丼で、燻製のタコを使った丼で、スモーク臭のタコが何とも美味しいです。
上右が以前も紹介のタコライスで、ひき肉/レタス/トマト/チーズ/ご飯の不思議な組合せの食べ物はやみつきです。

180704島生活71180704島生活64
上左は沖縄ソバで、そば粉の入っていないソバに三枚肉とはんぺんが入っています。
上右はソーキソバで、沖縄ソバの三枚肉がソーキ(豚の骨付バラ肉)に替わったもので、少し高級と言うことでしょう。
店の人に聞くと、家庭で作る場合はソーキソバは骨からも出汁が出て、骨付き肉ではない沖縄ソバよりおいしいが、店では骨出汁の麺汁を作って、どちらにも使っているので肉の違いだけとの事でした。

180704島生活65180704島生活63
上左はタコ丼で、親子丼の鶏がタコに置き換わった感じで、万人受けする美味しさです。
上右はスムバリ丼で、モズクを煮てご飯に載せた物ですが、その優しい味は絶品です。

夜は、何箇所かの島唄居酒屋があります。
180704島生活44
この店は、NHK朝ドラの“純と愛”のロケ店になった店で、今回はライブチャージ込みで一人1900円程の勘定で呑み喰い出来ました。

普通の夜ご飯は、宮古島唯一のファミレス“ジョイフル”が専らです。
ジョイフルと言うと九州を中心に展開している、価格帯の安いファミレスですね。
180704島生活66180704島生活67
宮古島の人は、夕飯外食はほぼしない様で、夕飯時の店はいつも空いていました。
それどころか、店内の掃除を夕方5時から6時の間に、客の居る所で行う珍しいファミレスです。
上右の写真の“豚肉黒酢炒め定食”は650円程度、お子様ランチは500円以下でした。

オヤツには。
180704島生活70180704島生活69
サービスでついてくる黒糖アイスキャンディや、昔懐かしい渦巻きパンなんてのも良いです。

こんな感じの宮古島でのブラブラ生活です。
例えば一泊食事込みで3万円以上の高級リゾートホテルも宮古島には沢山ありますが、同じ費用で1週間楽しめるブラブラ生活も悪くありません。
2018-07-01 

南の海で

今回の南の海、名古屋から南西に1600km、沖縄本島から300kmの宮古島です。
ダイビングは生まれて初めてで、スイミングスクール暦も半年で、未だ顔をつけて浮くだけで全く泳げないグッピークラスの5歳児を連れて行きました。

この写真は南の島のビーチの典型的な景色で、宮古島の"砂山"と言う景勝地です。
180701南の島11
サザエさんのオープニングで日本各地の景勝地にサザエさんが行きますが、そこにも出てくる“砂山”です。
宮古島もサンゴ礁が隆起して出来た島なので、岩は全て珊瑚の岩で、浜の砂は珊瑚が砕かれた砂粒。
海の薄青緑色部分の底は砂で、茶黒い部分にはサンゴ礁があり、沖に見える青色の濃い部分(瑠璃色)はサンゴ礁の外の外洋です。
南の島は珊瑚の島で、島の周りを概ね数百m以内程度の遠浅のサンゴ礁の海が取り囲み、その外は外洋です。
180701南の島10
飛行機から見ると、草木で緑の島の輪郭が、砂浜で白くなり、その外をサンゴ礁の青緑色が取り囲み、瑠璃色の外洋にぽっかり浮かんで見えます。

先ずは、幼児にライフジャケットを着けて海にいれ、決して溺れない事を教え、海への恐怖心を取り除きました。
180701南の島12

それから、干潮で水の引いたインリーフ(サンゴ礁の内側の浅い海)に連れて行きました。
180701南の島13
実に綺麗な景色です。

そして、浜辺で貝殻拾いや蟹探しで海を好きにさせ。
180701南の島14

半潜水式の水中観察船にのせます。
180701南の島15
45分ほども海の中を見せ、大人2000円。
幼児はタダなので、深い海には潜れない婆さんと2人で乗せて、余り興味の無い爺さんは待っています。

船の窓からは沢山の魚が見えます。
180701南の島16180701南の島17
観光客を喜ばせる為に餌付けしてあって、船が行くと魚が寄ってきます。
強い魚が場所を占めて、魚の多様性は無いのと、船が航行しやすい場所なので美しい珊瑚は望めませんが、本物の南の海の中が極めて簡単に見られます。
此処まで色々と体験すると、既に海は恐くは無く、自分で中に入りたいばかりになっています。

そして、浅い海でシュノーケルとマスクを着けて、泳ぎの練習。
180701南の島21
此処までで、2日間。
あっという間に、海で泳げるようになりました。

3日目には、浜から数百メートルのサンゴ礁の端の外洋まで行きます。
180701南の島22
ここまで来ると、珊瑚は綺麗で、魚も一杯。
実に綺麗な海を自分で泳げます。

海の魚たち。
180701南の島31180701南の島32
イソギンチャクの中を住処にしている、クマノミは子供の人気者です。

東海の海よりは色が綺麗な、ベラやフグ。
180701南の島33180701南の島34

毒トゲを持ったカサゴが優雅に海間を漂い。
180701南の島35

珊瑚の上では、瑠璃スズメ等が郡泳し。
180701南の島36

珊瑚の脇や下では、チョウチョウウオやヤッコたち。
180701南の島37
簡単に、色とりどりの沢山の魚と遊べます。

そして、当然、綺麗な珊瑚も。
180701南の島38180701南の島39
珊瑚の群生写真は、今回は幼児が珊瑚で怪我をしないかと注意が散漫し、撮り忘れました。

そして、狩猟本能もメキメキと。
浜辺で、オカヤドカリ。
180701南の島41
海の中にいるヤドカリと比べるとフレンドリー?で、直ぐに体を外に出して、スタコラと歩き出します。

海の中では貝。
180701南の島42
崩れた珊瑚の間で見つけました。
シャコガイです。
良く絵にあるビーナスが立っている波打った2枚貝です。
剥き身にして、海水で塩茹でにして食べました。

そうこうしていると、動く魚に興味がわくのは自然の成り行き。
先ずは海の中で、魚肉ソーセージを握り砕くと、
180701南の島51
小魚が一杯集まってきて、手から食べます。

そうなると、浜に上がって、口でグチュグチュしてペッ!
180701南の島52
魚が一杯集まってきます。

そこまで行ったら、後はスクウだけ。
180701南の島53
この時のために持っていった、折りたたみ渓流タモでガバッで入ります。

得意満面。
180701南の島54

此処まで海遊びを覚えてしまうと、大変な事態になりました。
「海からソロソロ上がろうか」といっても、「後少し」の連続。
自分も好きで、一度海に入ったら1時間ほどは浜に上がりませんが、ライフジャケットを着けた幼児にはかないません。
この後の数日で、疲れ果てました。



2018-06-28 

ジンベイサメ

今年も恒例になっている南の島でのブラリブラブラ生活を楽しみ、昨夜帰宅しました。
今年は初孫が保育園年長さんで、何とか自立で遊ばせられて、平日休みに無理が無い最後の年。
180628ジンベイザメ11
爺婆と5歳児の3人道中です。

沖縄-那覇まではいつもの様に、格安航空で。
180628ジンベイザメ13180628ジンベイザメ12
今回はジェットスターで、一人片道6300円と、瀬戸ー松本間のJR運賃とほぼ同じです。
しかし、機内の飲物サービスも有料で、預ける荷物も有料なので、搭乗口前で飲料を買って持ち込み、荷物は郵便局留めで別に郵送。

お昼を挟んで2時間余りのフライトでしたが、食事も出ないので、那覇空港に降りると先ずはお昼ご飯。
180628ジンベイザメ21
空港の片隅にある、空港職員が良く使う空港食堂。
安くて美味しいタコライス。
25年ほど前に沖縄で初めて食べて以来、沖縄での初飯はタコライスと決めています。

今回は、ジンベイザメが見たいとの事で、初日は那覇で1泊して、2日目に沖縄美ら海水族館で遊んでから宮古島に渡って、ウイークリーマンションに住みながら、ブラブラと1週間を生活する予定です。

那覇に降り立った初日は、沖縄県内で唯一つの鉄道に10分程乗って、中高の修学旅行生が使う格安ビジネスホテルへ。
180628ジンベイザメ22180628ジンベイザメ23
今回の旅で一回だけのビジネスホテルの贅沢です。

先ずは、那覇名物の公設市場を覘いたり、国際通りをブラブラします。
180628ジンベイザメ31180628ジンベイザメ33
今の公設市場は観光客用で、地元民はスーパーでしょうが、昔の面影そのままの市場です。
豚肉文化の琉球の豚。
豚の顔をそのまま燻製にしたのは結構迫力があります。

客の関心は、当たり前ですが海のものです。
180628ジンベイザメ32180628ジンベイザメ34
セミ海老や錦海老の巨大な角に驚き、色とりどりの魚に驚き。
でも、海老なんぞは一匹5000円ほどの観光客価格で手が出ません。

そんな、我家にはもう一つの沖縄の食文化。
米軍統治下で養われた赤身の牛肉ステーキ文化です。
180628ジンベイザメ42
食べ放題のサラダ/スープ/ご飯付で、200gステーキが1000円の店に入ります。
実に安くて美味い。
霜降り牛肉ではなく、赤身牛肉が好きな安上がりな舌には最高です。
5歳の幼児も、美味しい美味しいと200gの肉を平らげました。

翌日は、保険込み2900円レンタカーで沖縄海洋博公園へ。
180628ジンベイザメ50
先ずは、沖縄の海の青さにホットして。

巨大なジンベイサメに感激して。
180628ジンベイザメ51

芸達者なイルカ達に拍手して。
180628ジンベイザメ53


夕刻には宮古島へ。

180628ジンベイザメ61
ウイークリーマンションに入居して。
保険込み一日2000円の軽自動車レンタカーを使って。
宮古郵便局に局留め荷物を取りに行って。
100均ダイソーで日用品を買って、24時間営業マックスバリューで食料品を買って、観光客らしい贅沢生活ではなく、宮古島でのユッタリブラブラの日常生活開始です。

そんな宮古での日常生活と海遊びの話は次に。


2018-06-25 

心配事

実は今年も、20日から沖縄に来ています。
今年は宮古島で、機内のお茶は有料、預ける荷物も有料で請求される格安航空会社を使って、格安ウイークリーマンションとボロボロ軽自動車レンタカーで、南の島の貧乏暮らしを楽しんでいます。

この心配事の記事は、7月19日に書いた予約投稿なので、1週間ほど前の写真です。

今週の中頃には帰る予定ですが、畑がどうなっているか心配でなりません。
若夫婦に水やりなどは頼んで来ていますが、カラスなどに食べられていないか?、水のやりすぎで根グサレしていないか?
毎年の事なので大丈夫とは思いますが、やはり心配です。

先ずは小玉スイカ。
180625心配事 スイカ
今年も棚栽培をしており、2株で16個収穫の計画ですが、既に結実して吊るしネットが装着してあるのは10個余り。
更に10個以上の人工授粉済みですが、上手く結実しているでしょうか?
棚の上部にはナイロンテグスが張り巡らせてありますが、カラスにやられてはいないでしょうか?
水のやりすぎで、ツル割病や根グサレを起していないでしょうか?

次に心配なのが黄ウリ(マクワウリ)。
180625心配事 黄瓜
やっと、地上高1m位になって、丁度今頃は開花ラッシュの筈ですが、虫たちの力で上手く自然受粉出来ているでしょうか?

そして、トウモロコシ。
奥にある第1陣播種分が1m高さを超えています。
180625心配事 ネギとうもろこし
風で倒伏していないでしょうか?
鳥に喰い荒らされていないでしょうか?
トウモロコシの右にある深津太ネギ。
水のやりすぎで、溶け腐っていないでしょうか?

ナスとトマト。
180625心配事 なすトマト
手前のナスは水不足で石ナスになってはいないでしょうか。
奥で屋根つき栽培のミニトマトは、水のやりすぎで病気になっていないでしょうか?

そして、本来は一番安心な筈のサツマイモ。
180625心配事 さつまいも
ツルがクタンと萎れるまでは水を全くやるなといってあるのですが、ツイツイ水をやって疫病に罹っていないでしょうか。

動物とは違って、世話が一日たりとも欠かせないわけではありません。
が、鳴き声を上げたり、自分で近くに寄って来て訴えたりが出来ず、人に訴える術が色や萎れる等の極々僅かなだけに心配です。
無事に育っていてくれると嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウイークリーマンションはWIFIとパソコンつきですが、以前は出かける時はモバイルパソコンを持ち歩いていました。
いまはスマホが有れば、WIFIもPCも無しでブログメンテも出来ています。
実に便利な時代です。
2018-06-22 

ニトスキ

リコプテラさんが今年1月の記事で紹介していた、ニトリのスキレット。
スキレットは鋳物一体物のフライパンで、映画などでシェフが熱くなるフライパン柄をナプキン包んで料理を作っている、あのフライパンです。
鋳物砂のゴツゴツした目が鉄表面に残っていて、鋳物らしく肉厚の重いフライパンです。
肉厚で火の通りが均一で、鉄表面の目に油が浸み込み焼きついているので、焦げ付きにくい、シェフご用達のスキレット。

そんなスキレットをニトリが一人用の15cmサイズで500円程と格安で売り出したのがキッカケで、一昨年あたりにニトリのスキレット“ニトスキ”として結構なブームになりました。
ニトリが偉かったのが、それまで市販されていた小型フライパンは玩具のような物ばかりでしたが、ニトスキは本格的な鋳物表面で厚みも十分のプロ仕様スキレットをそのまま一人用に小型化して食器兼用にして、安価に販売した事でしょう。

コラムで耳にはしていましたが、見たことは無かったニトスキですが、リコプテラさんの記事の写真で良さそう!
そこで、ニトリのあるショッピングタウンに行った折に、ついでに買ってきました。
今までも、鉄製のステーキ皿などを保温皿として使って来ましたが、ニトスキは調理器具として十二分です。

買ってから、ベーコンエッグやウインナエッグの調理兼用食器として使っていましたが、今回いよいよ、も少し料理らしいものを。
ニトスキ12
上の写真は、ネットから借りてきたジブリ飯の写真です。
右は「天空の城ラピュタ」でパズーが作った“ラピュタパン”の再現ですが、左は「ハウルの動く城」の“カルシファーの卵ベーコン”でニトスキを使っての再現です。

今回作った、も少し料理らしいものは、残り物のニンジンポタージュスープと冷凍飯を使ったドリアです。
ニトスキ21
残り物のポタージュスープ半カップ程度。

先ずは1膳分の冷凍飯を電子レンジでチンして、スキレットにいれ塩コショウを加え、ヒト欠けのバターで炒めます。
ニトスキ22
そこにポタージュスープに粉末コンソメと牛乳を入れて、シャビシャビ緩くして味を強くしたソースをいれ、掻き混ぜながらほんの少し焦げる程度に加熱。

火から降ろし、トロケルチーズを載せて、魚グリルにスキレットごといれて、5分ほど焼くだけ。
ニトスキ23
目的はチーズに焦げ目をつける事なので、オーブントースターでもOK。

スキレットで、そのまま食べます。
ニトスキ231
焼けた鉄に注意が必要ですが、マサに作りたてで、スキレット余熱でナカナカ冷めないドリアをフウフウいいながら食べる美味しさは特筆物です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サツマイモのツル苗作りが寒さで失敗しました。そんなこともあり、最近は室内で発芽管理をしています。
180523ツツジの渓91180523ツツジの渓92
プラスチックトレイに育苗ポットを入れて、播種から水管理まで、温度が安定している室内窓辺で行ってます。
発芽~双葉の内は左写真の様に室内の身近に置いて、本葉が出てからは右写真の様に室外育苗します。

身近で、野菜種からの出産と乳児期を見れるというのも楽しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、今現在は沖縄-宮古島にいます。
当たり前ですが、日本の電話電波が届くので、スマホを使ってブログメンテやブログ閲覧しています。
今回の南の島の記事は、帰宅してからアップしますのでよろしくお願いします。