2017-03-18 

春の動物園

春めいてきて、ノンビリとした外遊びの季節になると訪れる動物園。
名古屋の東山動植物園は東京-上野動物園に次ぐ国内第2位の入場者数で、一時期のブームが落ち着いたが北海道-旭山動物園も押える年間入場者数は約250万人。
雨の日も風の日も、真夏の炎天下も真冬の寒風の中でも、平均して一日7000人が訪れている動物飼育種類日本一の動物園です。
残念ながら鳥インフルエンザの感染鳥類が見つかり、昨年12月中頃から休園していましたが、今年1月中頃から再開園しています。
また、 大成功した旭山動物園の例に習ってか、2010年より「東山動植物園再生プラン」として、身近な展示方法等にも取り組んでます。

動物園を訪れるとまず目に付くのがスカイタワーとボート池。
20170318動物園1
今やスッカリシンボルタワーになっていますが、開業当初はレストラン優先で展望室が僅かと悪評タラタラでしたが良くなりました。

20170318動物園220170318動物園3
20170318動物園420170318動物園5
最近の動物園の傾向で、客が見易いように様々な工夫が。
パンダのいない東山動物園のアイドルのコアラはガラス張舎で客のすぐ横の止まり木にいて見易く、キリンは客とを隔てる空堀のすぐ脇のクレーンで餌をやるのでムシャムシャという音まで聞こえて来ます。
ユキヒョウは通路の上まで斜めに檻を延伸し客はユキヒョウを下から眺められます。
ジャッカルなどの小動物も細いワイヤーネットの檻なので鉄棒の邪魔無しに見られます。

ライオンは50年以上前から掘りで隔てて、檻に邪魔されずに見れる様にはなっていましたが、掘りの幅があって、ライオンも遊び場の一番奥に居るので、小さくしか見えませんでした。
20170318動物園620170318動物園7
それが、数年前から掘りに橋を渡し、人間がライオンの遊び場の中に入れるようにして、強化ガラスで人とライオンを隔て、更にガラスの真横に餌場を設け、給餌時以外でもライオンがガラス横に来るようにその地面を温式にしたので、ライオンはガラスの脇で寝そべり、間近に見られます。

小人カバやワニ等の動きが鈍く跳躍力の無い動物は、人の3m位下に隔てるもの無く展示してるので、皮膚感も生々しく見れます。
20170318動物園820170318動物園9

そんな風に、展示工夫もされ、動物も快適そうな動物園はお気に入りです。
そんな動物園ですが、「東山動植物園再生プラン」も2期工事に入った為か、少なくとも爺婆や子供には非常に残念な事になっていました。
動物園の飲食店がコトゴトく撤去されていました。
園内に十カ所以上あった売店で調理し売られていた、たこ焼・ミタラシ・焼きそば・肉まん・おでん・ソフトクリームなどの祭り会場にある様なお店が皆無になり、名古屋名物きし麵などの長年あった露天風の店は全くゼロになっていました。
替りに出来たのが、ピザやバーガーやケバブライスやロコモコやオムレツやパスタ等々のレストラン。
昔からの丼に入った素きし麵は、洒落たボールに入ったトマトタンタンきし麵と言う気取った食べ物に化けてしまいました。
20170318動物園11
屋外のベンチの数も減ってしまい、動物の姿をみながら、声を聞きながらの買い食いがしにくくなってしまいました。
450円のコアラアイスより200円のソフトクリームでしょう。
500円のハンバーガーより150円の肉まんでしょう。
ましてや最高11000円ものフルコースや、3500円ものランチよりは、屋外で食べる幕の内弁当でしょう。
年配の人はどうしようかとカウンターの前で困っているし、それらのレストランのテーブルはお昼時でもスキスキです。
この状況を知っている人は、コンビニ袋に団子や弁当やオニギリを入れて持参し、屋外ベンチやテーブルで家族笑顔で食べています。

そんな中で、散々探して見つけたたこ焼とみたらしの店。
20170318動物園12
屋台は駄目な様で、移動販売車3台が園内に入って売っていました。
園内地図にも載っていない、この屋台車の周りにだけは人が集まり、行列をつくり、陽光の下で楽しげに買い食いを楽しんでいました。

お祭りに屋台がつきものの様に、動物園には日本の食べ物を売る露店がつきものと思うのは年寄りだけでしょうか?




2017-03-16 

イワナの里

今週から気温が順調に上がって、そろそろイワナ域にも行けるんじゃないかと思い、山の少し奥に足を延ばしました。
もっとも、先週末は雪と氷の渓で爆釣だったので、気温との関係も今一分らなくなっていますが・・・。

今回入ったイワナ域は、まさにイワナの里で、過去にもアマゴが混じった記憶は有りません。
2017016岩魚の里1
そんなイワナの里、この日の気温は8℃、水温は4℃で、かなりの減水とは言え、雪に閉ざされていると言う程ではありませんでした。

所うが、比較的新しい足跡が。
2017016岩魚の里4
しかし、今日とは思えない状態で、ドナタカが昨日入られたと思われました。
まあ何とかなるだろうと思いましたが、問題は足跡に乱れが無い事でした。
ポイントで立ち止まった跡はあるんですが、魚の取り込みで起きる筈の重なった足跡が無かったのです。
嫌な予感ですが、この日は10時半の入渓で、帰り時間を考えるとこのまま続行です。

そうこう心配しながら始めましたが、程なくして一匹目。
2017016岩魚の里2
2017016岩魚の里3
落込み横の岩穴から出て来ました。
リリースマーク付で再会イワナになりますが、やはり貧栄養で川虫もいないので成長が遅い様です。

その後、チビにも邪魔されながらも釣上がりました。
2017016岩魚の里52017016岩魚の里6
程なくして、チビと成魚の棲み分けも分り、気持ち良く釣上がりました。

この日の成魚は落込み横の巻き返しや岩陰で、白泡下やトロ尻には出ていませんでした。
2017016岩魚の里7

2017016岩魚の里82017016岩魚の里9
2017016岩魚の里102017016岩魚の里11


そんなかんだと、釣上がって行くと2時間半程で、流れがかなり細くなって来ました。
2017016岩魚の里12

2017016岩魚の里13
そんな細くなった流れの落込み横の岩下から1本出た所で納竿としました。

帰りの山道を歩いていると、血の赤ピンクの色が未だ残ったカモシカの足の骨が・・・
2017016岩魚の里14
冬眠から目覚めた熊が狩りをして食べた跡ですね。
熊除け音楽の音量をMax.にして、車まで戻りました。

2017-03-14 

越冬豆

3月10日も山釣に行こうかと思っていたのですが、戻り寒波が来ているとか。
10日朝に長野県境付近の積雪状態を見てみると・・・
20170310冶部坂峠ライブ
9日夜からの雪で、朝の山間部道路は冬に逆戻りです。
これでは、山渓も再び雪に閉ざされてしまったでしょう。
安全を考えて、釣行は順延としました。

これで時間が出来たので、気になっていた越冬豆の様子を観て来ました。
黒マルチした畝に風除けをつけて、スナップエンドウとソラマメは順調に冬を越しました。
20170310エンドウ1
そんな、豆たちも春の陽射しを浴びて順次大きくなるだろうと、スナップエンドウの蔓を這わせるネットの取り付けや、ソラマメの倒伏を防ぐための囲いは、釣り解禁で忙しくなる前の2月末には設置しておきました。
20170310エンドウ2

そんな準備の中で、スナップエンドウはツルをネットに絡ませ始め、ソラマメには花が咲いていました。
20170310エンドウ3
越冬豆たちは春の陽気で確実に眠りから覚めて再成長を始め、そんな豆達の花は実に綺麗です。

極早生のタマネギも玉を膨らませ始め、4月上旬の収穫が楽しみです。
20170310エンドウ4
山間部には再び雪が降った様ですが、尾張の畑はスッカリ春めいて、豆の花も咲き、収穫が近い野菜も肥大化が始まっています。

野菜の花を見ると、心地よい季節の始まりを実感します。
2017-03-12 

極寒の渓

戻り寒波と言うのか、週の後半はかなり冷え込んで、山間部には雪も降りました。
そんな寒さと降雪の翌日、休日ならば保育園の送迎も無くて、朝から渓に入れると、あへて山に渓釣りに入りました。
でも、一応はアマゴもいる標高が高くは無い混生域にしました。

標高が低めのつもりだったんですが、山に行くと一面の雪で気温3℃、こりゃ不味いかなと思いましたが、この日は未だ9時なので様子をみてからの転渓も可能です。
実際に渓に降り立つと完全に雪に閉ざされて岩の上も凍り付いて、水温は1℃とかなり良くない状態です。
所うが、流れをよく見ると魚が流れに出て、漂っています。
2017 03 12極寒の渓1
案外いけるかもと思い、鼻先に餌を流すと迷わずバクッ。

アマゴでした。
2017 03 12極寒の渓2
非常に寒いにもかかわらず活性が高そうです。
雨では無く雪で、増水する程の量では無くても、降った翌日は活性が高くなるんですかね。

その後も、こんな雪と氷の渓で。
2017 03 12極寒の渓3

2017 03 12極寒の渓42017 03 12極寒の渓5
2017 03 12極寒の渓62017 03 12極寒の渓7
アマゴが次々にあがります。

どちらを向いても、こんな雪の渓でしたが。
2017 03 12極寒の渓8

2017 03 12極寒の渓92017 03 12極寒の渓10
2017 03 12極寒の渓112017 03 12極寒の渓12
イワナも次々にあがります。

2時間程釣上がった所で、
2017 03 12極寒の渓14
29cmイワナが出ました。
今期1号には1.3㎝足りませんでしたが、懐かしい姿です。


この日は、9寸イワナ3本を含めて爆釣モードでしたが、氷と雪に閉ざされた非常に危険な状態の渓。
今期0号を機に2時間で退渓しました。

今回は”なんちゃって験担ぎ”になりますが、”鳥ホルモン定食”を昼食として食べるに丁度良い12時です。
2017 03 12極寒の渓152017 03 12極寒の渓16
駐車場から車が溢れているお店に入って見ると、20分待ちの行列。
そう言えば、休日の丁度お昼時。
今期4回目にして、やっとスッキリした渓釣りが出来、いつもに増して美味しい”鳥ホルモン定食”でした。
2017-03-10 

ソリ遊び

既に渓釣りも解禁され、春が始まっていますが、小さい子が雪遊びをしていないとすねていました。
それじゃあと言う事になって、いつもの木祖村のスキー場にソリ遊びに行く準備をしました。
が、よくよく考えると先月末の下見から足繁く通っている長野県境付近にはいくつかの小スキー場があります。

そんな中から選んだのが、愛知県唯一のスキー場「茶臼山高原スキー場」で自宅から100分程。
愛知県と長野県の県境にあり、4月解禁の長野県根羽川漁協の源流域は茶臼山スキー場の下2㎞程と間近です。
2017 03 10そり遊び1
今回、このスキー場を選んだのは動く歩道と言うか「ベルトコンベヤ」の長さが120mもあるんです。
しかも1日500円と格安で、爺婆孫の3人でも1500円なんです。

子供にはベルトコンベアは良いです。
2017 03 10そり遊び5
全長120mを歩くほどの速度でユックリ進みますが、何といっても安全。
小さな子も自力で安心して乗っていられました。

実はこのスキー場、相当昔の雪の無い季節に愛知県最高峰に一度は行かねばと、子連れハイキングで来た事はあったんですが、スキー場利用では初めて。
スキー場としては1㎞程のコースが1本あるだけなので、先ずは様子見で300円也の1回券で試しにリフトで頂上まで登ってみます。
2017 03 10そり遊び22017 03 10そり遊び4
緯度はかなり南寄りとは言え、標高1300m程はあるので雪は残っていて、リフト横の木々も白くなって雰囲気はスキー場です。
頂上には開けた場所があって全面に芝桜が植えてあるので、5月の芝桜祭りの季節には綺麗と宣伝してありました。

肝心のゲレンデです。
2017 03 10そり遊び3
緩斜面が続くゲレンデは良く整備されて安全で、練習には最適でしょう。

ソリ遊び、スキー遊びと楽しめました。
2017 03 10そり遊び8
2017 03 10そり遊び6
ここのスキー場ならベルトコンベアーを使って安全にスキーを教えられそうなので、年中さんになっている来シーズンから本式スキーデビューさせてやりましょう。


所うで、山に行くと気になるのが渓流。
今回も観光用の茶臼山高原道路だけを使わずに、茶臼山の中腹では林道も走ってみました。
途中には何台かの釣り人と思しき車が止めてあり、標高800m付近の一台に、ウエーダー姿の同年代の釣人が乗り込む所だったので声をかけてみました。
2017 03 10そり遊び7
「アマゴ域だが、かなり渋いなあ」との事で、「ほら、そこの岩横にも1匹いるが、喰ってくれない」との話。
その方が指差した方を覗いてみると、確かに写真中央の小岩横に6寸前後が漂っていました。
「お邪魔しました。来週には暖かくなるようだから、それからですかね~。」などと話しが出来たお礼を言いながら別れました。
その場所は漁協河川マップにもまともに載っていない場所で、自分も竿を出した事は一度も有りませんでした。
皆さん実に色々な場所を、自力で見つけて竿を出しているんだなと改めて思います。