2018-02-06 

釣道具点検

大寒波の最中の立春に入り、渓釣り3月解禁まで4週を切る中、再入手にはそれなりの費用と手間のかかる渓釣道具の点検をしました。

先ずは一番大事な道具で、実価1万円程とはいえ渓釣道具の中では一番高価になる釣竿。
180206準備11
シマノの5.3m硬調で、既に2.5シーズン程使っています。
山釣りが多いので微細傷だらけですが、ヒビや深い傷も無くて、今シーズンも使えそうです。
年に何回かしか使わない本流竿は、ほぼ無傷で問題ありません。

そして、そんな竿を守る竿下げ。
180206準備21
給水用塩ビパイプを35cm程に切って、少し加工しただけの自作です。

釣りの時は、腰ベルトからぶら下げています。
180206準備22180206準備23
餌をつけたり、魚を釣鈎から外したり、仕掛けをつけたりする時には、半分畳んだ竿を竿下げに入れてぶら下げ、両手がフリーになるので便利です。
以前は、竿を地面に置いていましたが、どうしても砂泥が付いて、竿を伸ばしたり縮めたりする時に砂を噛んで竿に深い傷をつけ、そこから割れる場合がありました。
塩ビパイプを切って、底側にケーブルタイ(インシュロック)で抜け止めがつけてあるだけですが、非常に便利です。
底抜け止めのケーブルタイのひび割れも無く、そのまま使えます。

そして、仕掛け入れ。
180206準備40
200円ほどの市販ケースに少し手を加えてあるだけですが、半組立仕掛20枚ほどに、延長用道糸、小型ナイフ、調整用錘と薄暗用目印、発泡丸浮を入れてあります。
これは、噛潰錘が錆びていた位で、ナイフの錆付きも無く良好でした。

私には釣りの必需品のトレッキングポール。
180206準備51
渡渉する時に、この杖一本で安全性が確実に増します。
そして、山道を長距離歩く時は2本使っての4足歩行で、腕からの推進力をもらって速足を持続します。
これは、伸縮機構部分のアルミネジが錆付いて上手く伸ばせれ無い事が昔ありましたが、年一の防錆スプレーが効いているのかスムーズに伸縮とロックできました。

そして、音楽プレーヤー。
180206準備61
小型ですが大音量で、山では車を離れると、歩く時も釣りをするときも大音量を出しっぱなしで、熊さんに少しでも早く気づいて貰いたいとの努力です。
内臓バッテリーでは長時間駆動できないので、大容量モバイルバッテリーとセットです。
これも暫く使っていませんが、音量調節ボリュウムの不調か雑音が入りましたが、音量を上げ下げしていたら復活でした。

デイパック。
180206準備71180206準備72
デイパックには、通常の緊急対応品の他に小型クーラーが入れてあります。
本当は水入ズックビクに入れて活かし続けるのが一番良いのですが、結構大変なので、魚を持ち帰る時は凍結ペットボトルを入れた保冷腰ビクに入れています。
それだけでは、保冷力も収納量も不足するので、保冷力が強い小型クーラーに順次移しています。
この小型クーラーボックスは7L容量で、凍結ペットボトルを1本入れてあっても魚40~50本程を、安定して保冷保管できます。
今まではクーラーボックスの吊下げハンドルをつけたままでしたが、蓋の開け閉めがしやすいように、今年からハンドルは外して使う事にしました。

いずれの道具も、今シーズンも問題なく使えそうでしたが、釣鈎や釣糸などの消耗品がホボゼロだったので、買って来て予備の仕掛組立をして準備は終えます。
本当は釣場状況を一度下見をしておくと良いのですが、面倒かなっ・・・?(笑)
2018-02-03 

フードコート

2016年末にオープンしたイオンモール長久手は店舗部分床面積だけで18000坪ほどの巨大施設です。
車で10分ほどの近くなのですが、何事にも流行遅れの我家。
1年経った2017年末に、映画「鎌倉物語」を観に始めて行きました。
その折に訪れたフードコートが気に入って、昼ご飯を食べに行っています。

大型スーパーやショッピングセンターには必ずといって良いほどにある飲食店街は、日本全国の何処へ行ってもあります。
そんな中で、今回のイオンモールで気に入ったランチ。

先回の鎌倉物語を観た折に食べた三色海鮮丼のお店の天丼、580円也。
180122フードコート11
海老天1とカボチャ天1とアジ天2とシソ天1にアオサ味噌汁が付いて580円。
先回の海鮮丼に続いて、実に美味しい天丼。
海老の半生の揚げ具合と、アジのてんぷらが実に美味かった。
天丼のタレはごくごく薄味が僅かで、魚てんぷら自体の味を楽しむ一品でした。

鳥料理屋さん一押しの親子丼、690円也。
180122フードコート231
見た感じは鶏肉多目の親子丼です。
ところうが、実に美味い。
一般的な親子丼との違いは、鶏肉は素焼きに近い鳥もも焼きで、その上にネギ類が一切入っていない汁煮卵がかかっているだけ。
その為に、香ばしい焼き鳥の味が口いっぱいに広がって、今まで知っていた親子丼とは別の食べ物でした。

親子丼に気を良くして、別の日に食べた同じ鳥料理屋さんの鳥天丼、690円也。
180122フードコート21
鳥てんぷらが飯の上にゴロゴロと載って、甘辛いタレがかけてありました。
一口目は実に美味い鳥肉の旨みをぐっと閉じ込めた鳥てんぷらが楽しめました。
所が、鶏肉は今流行の鳥胸肉。
胸肉もサッパリ美味しいのですが、味が単調すぎて、沢山食べるとじきに飽きてきて駄目です。
へんな言い方ですが、鳥てんぷらの量を減らしたほうが美味しくて、リピートするかも知れません。

そして、結構お値打ちなのがピッツアセット、850円也。
180122フードコート22
25センチのピザパイに、オニオンソースサラダと、飲み物が付いています。
ピザはハーフ&ハーフOKで、写真のピザはトマト&バジルとチーズ&蜂蜜が半分づつの組み合わせですが、大きなピザも飽きることなく楽しめます。

お値打ち店が集まったフードコートだけで13店舗、別のフロアのレストラン街には更に14店舗。
ホテルレストランはいうに及ばず、デパートレストランでも立派なお値段で敷居が高いですが、ショッピングセンタの飲食店街は過酷な出店競争に勝ち残っただけあって、美味さ・目新しさ・お値段の三拍子が揃って間違いないです。

目新しさでは食べたことが無くて、行列が途切れる事が無い、ローストビーフ丼790円也を次は食べてみようかな。
2018-01-31 

お年玉

今さらのお年玉・・・・・、お年玉付き年賀葉書の話題です。

今年の年賀状は例年の半分以下でした。
昨春、義母が逝ってしまい、親戚筋や婆妻関連には年賀欠礼葉書を送った為です。
例年、年賀状の当選番号が新聞に記載されるとチェックするのですが、切手が5セット前後当たるだけです。
過去最高の当たりは、数十年前に下3桁一致のレターセットだけでした。

その程度の当選確率だったのに、今年の年賀状は50枚程度だったこともあり諦めモードで、当選番号チェックもすっかり先延ばしになっていました。
しかし、いつまでも放置しておくのも如何なものかと、1月の最終日曜に年賀葉書を引っ張り出して当選番号チェック。
すると、2等が当たっていて、ビックリです。

下4桁が一致なので、1万分の1の確率とラッキーです。
EPSON002.jpgEPSON001.jpg
下4桁の3260が一致していました。

その当選年賀状を送ってくれたのは、一緒に仕事をした事のある方でした。
私が37歳から40歳までの3年間、マイクロモーター製造の特命を頂いて、男女合わせて20名ほどのチームで新規事業立ち上げをしていました。
今回の当たり年賀状の送り主は、その時のメンバーの1人で、ジャズダンスを趣味にしていた明るく多才な女性でした。
30歳を過ぎての女性は慣例的に正社員として採用しない会社だったので、非正規社員でした。
が、持ち前の明るさで20代の女性正社員を姉御肌で統率し活躍してくれ、事業立ち上げの推進力の1人でした。
そんな女性だったので正社員に格上げしようと総務人事に問い合わせするも、慣例を盾に駄目でした。
そこで、役員に直接掛け合って、特例として正社員リーダーとして格上げ出来た、私にも嬉しかった思い出です。
自分はその後、半導体部品の新加工分野導入で別工場に移動したので、直接の職場仲間ではなくなり、数年に一度程度に社内で顔を見かけた時に挨拶する程度でした。
私がリタイヤ後も、年賀状だけのお付き合いが続いています。
その元同僚も今はリタイヤし、一昨年はイタリア、昨年はスイスへと熟年夫婦旅行を楽しんで、年賀状で近況を伝えてくれています。

そんな元同僚からの年賀状で当たった物。
EPSON003.jpg
ふるさと小包のギフトカタログでした。

カタログで商品を選んで、葉書で申し込むので、カタログギフトと全く同じです。
EPSON005.jpgEPSON006.jpg
金額的には1500円程度の当たり商品ですが、若い頃の楽し懐かし事などが思い出された“お年玉”でした。
2018-01-28 

手袋

渓釣解禁をターゲットにした”釣行トレーニング”が続いていますが、その速足散歩にも手放せないのがスマホ。
180128手袋11
電話は勿論、途中のコンビニでの買物や、時刻確認や、万歩計替わりと、財布は無くてもスマホがあれば大方の対応ができます。

そんな風に、一昨年の師走に漸く契約したスマホが手放せなくなっていますが(格安スマホの使い勝手)、この寒い時期になると困ったことがあります。
180128手袋12
手袋をハメタままでは使えないので、スマホを使うたびに手袋を外さなければいけません。
素手で歩いては寒いし、ポケットに手を入れたままでは年寄りツマズキした時に危険だし、困ったものです。

スマホやカーナビのようなタッチパネルには、感圧式と静電容量式がありますが、今のスマホは殆どが静電容量方式。
指先からタッチパネルの微小静電気を吸い取ることで、キィを押したのと同じような操作ができるわけです。
そんな理由で、電気を通さない毛糸の手袋をハメタままの指先では、スマホを動かせません。

手袋したままでスマホが操作できる導電性手袋や静電気吸収タッチペンも売られていますが、性能差が大きくて、生指並みに使えるのは2000円以上などとの噂もあって、手が出ません。
そこで、現在使っている100均の毛糸手袋に手を加えて見ることにしました。

そんな使っている100均手袋をシゲシゲと見ると、すごい毛玉です。
180128手袋21180128手袋31
安いアクリル毛糸の手袋を長年使っていれば当たり前の毛玉。

この際だからと、30年前に頂いた“毛玉クリーナ”で、ガーガーと毛玉除り。
180128手袋32180128手袋33
数分で、かなり綺麗になりました。

そこで、手袋から生指先が出るように手を加えます。
釣り手袋のように、指先を切って、生指先を出してしまうのも方法ですが、寒いので指先が出し入れできるようにします。
手袋指の内側半分だけを切り開けて、指先だけを出し入れできるようにします。
180128手袋41180128手袋42
切り開けた穴が表側まで広がらないように、左右側面を縦に5mm程縫って止めを作ります。
そして、左右の止めの間の内側部分を、網目に平行に切り開きます。

一段づつのメリヤス編みなので、網目に平行に切り開けば、縦に大きな開け口にはなりませんが、段毎でボロッとホグレテは困るので、アップリケ縫いで抑えてみました。
180128手袋43
本当は、毛糸用の良いマツリ縫いのような方法があるんでしょうが、エエコロ加減なやりかたです。

普段は生指先をしまって、スマホを使う時はスワイプ出来る様に、親指と人差指の先端を出します。
180128手袋50180128手袋52

実際に使ってみると、調子良いです。
180128手袋55
生指先が出ているので当たり前ですが、至極快調な使い心地です。

歩きスマホこそしませんが、スマホがここまで手放せなくなるとは思いませんでした。
スマホとガラケーも、出来ることは基本的には同じですが、最大のメリットは低速なら従量通信費が掛からないのと、画面が大きくて、ソフト(アプリ)が星の数ほどあるのが良いんでしょうね。
指出し入れ手袋で、厳寒期の屋外でのスマホ使い勝手が良くなりました。
2018-01-25 

寒起こし

渓流釣り解禁に向けて朝の速足散歩をする途中で、近所のオバアサンが畑仕事をしている場面に出会いました。
180125寒起こし11
畑仕事はこの時期にやる寒起こしです。
当地は冬でも最低気温が零下5℃以下になるような事は何年かに一度だけで、寒さによる土中の害虫駆除や病原菌殺菌は期待できません。
そこで、寒さの厳しい時期に畑土の天地返しをして、病害虫が越冬する深い部分を寒気に晒して駆除を行おうと言うものです。

そんな寒起こし、ソロソロやらねばと思っていたのですが、目先で困っているわけでは無いので、ナカナカ腰が上がりませんでした。
所うが寒起こしをやっていたオバアサン、年齢は90歳。
今は亡き旦那さんと専業農家として長年畑を耕してこられ、今は骨粗しょう症で背骨が伸びないんですが、一鍬一鍬と黙々とやっておられます。

そんな姿を見て、こりゃイカンと、自分も寒起こしをすることに。
先ずは自宅の生垣跡畑。
180125寒起こし21180125寒起こし22
アスパラガスの株が越冬している場所だけは避けて、深起こしをしました。
土が締まらない良い状態なので、寒気晒しの効率の良い、塊での天地返しは出来ませんでしたが、地中分が表面に出て来ました。

次に、借りている市民菜園の畑。
180125寒起こし31180125寒起こし32
越冬栽培をしているキャベツ/タマネギ/豆以外の畝は寒起こしをしました。

こちらの畑は未だに土が締まり易い畑土には今一つの状態が、寒起こしでは逆にいい感じで進みます。
180125寒起こし41
塊のままに積み上げて、表面積も増して、上手く寒風に晒されそうです。

そんな風に寒起こしをしていると、色々なものが出てきます。
180125寒起こし51180125寒起こし52
根切り虫ですね。
比較的暖かい土中で冬を越して、春の訪れを地中で平穏に待っていたのを、無理やり起こされて、踏みつけ殺すか凍死させる訳で可哀想ですが、寒起こしの攻撃対象の一つでもあり致し方ありません。
また、この市民菜園では埋立地での1からの耕作を始めて、既に3年が経っていますが、未だに鼠色の塊が土中から出てきます。
セトモノの瀬戸らしく、原料陶土の塊です。
陶土粘土の混じった酷い土だったので、堆肥やワラや籾殻などを漉き込んでの土作りに力を入れてきましたが、未だに厄介な粘土塊が出てきます。

目についた厄介物は取り除きながら、何とか寒起こしは済みました。
天気予報を見ながら寒起こしをしたので、翌日は相当に冷え込んで、夕には雪も降り始めました。
180125寒起こし61
予定通りに病害虫を寒さで退治できると、ありがたいです。