2017-05-08 

車検前整備

6月早々に1回目で3年車検期日を迎える軽自動車があるので、大型連休最終日の7日に車検を受けました。
車検は点検はしっかりもらって、法定検査は通れば良いと考えているので、車の整備自体は自分での整備と異常兆候が出た際の整備にしています。
しかし、今回はオートバックスがしつこく、車検当日にもアイドリングストップ用高性能バッテリィの交換を勧めました。
が、安全に直接関わるわけでないバッテリィの3年毎の予防交換などモッタイナイです。
「アイドリングストップ車でバッテリィがヘタルとどうなるの?」か再確認すると、「いきなりエンジンが掛からなくなるのではなく、先ずはアイドリングストップ機能が停止する」との事。
その程度の異常(アイドリングストップ付から普通の車になるだけ)なら、事後保全で全く問題ないので、再度断りました。

とは言え、定期的に訪れる車検は車の素人整備結果を、自動車整備士にキッチリ検査して貰える絶好の機会なので、車検を受ける前に自主整備で主だった予防保全を行います。

先ずは、定番のエンジンオイル交換。
前回のオイル交換は昨年10月にエンジンオイル交換だけ実施していたので、6カ月経って5000㎞程走らせた今回は、オイルとフィルタの交換。
1か月前に別の車での記事オイル交換でも取り上げた通販サイト〝モノタロウ〟で買った資材が良かったので、今回はフィルタと廃油ボックスだけでなく、オイルも〝モノタロウ〟で購入しました。
2017 05 08車検1

今回も廃油ボックスで手間少なくオイル交換できました。
2017 05 08車検22017 05 08車検3
オイルとフィルターを交換した後の状態も漏れなどなく良いです。


次に、これまた定番のエンジン冷却液の交換。
昔は簡単に冷却液の交換が出来たのですが、ホームセンターやカー用品店で売られている冷却液(LLC)はそのまま使うタイプが圧倒的。
そのまま使うタイプは割高ですし、今の軽自動車にはエンジンブロック側には冷却水を簡単に抜くためのドレンプラグが付いていません。
その為に、普通の方法で冷却液を抜いても、エンジンシリンダー周りの冷却水は残ったままなので、一般的には濃度が薄まってしまいます。
そこで、濃縮タイプを買って、冷却水総容量から40%濃度(凍結温度-24℃)になる量を計算した濃縮液を注入すれば間違いありません。
所うが、濃縮タイプが置いてあるカー用品店でも、数年程前から値段が2倍以上に高沸しています。
大多数を占めるそのままタイプの割高値段に釣合うように、今や少数派の濃縮タイプの値段をボッタクリにした為です。

そこで、濃縮LLCも〝モノタロウ〟からお取り寄せで半額以下。
2017 05 08車検4
軽自動車の冷却水容量の3.5Lなら、1.4L分の400円程で済みます。

先ずは、古いLLCはラジエターの底にある白いプラスチックのドレンプラグを緩めて抜きます。
2017 05 08車検5
本来は車底打ちで破損しないようにエンジンルーム底プロテクターに完全に護られる形で、エンジンルーム上側から緩める蝶ネジタイプの白いドレンプラグがついていましたが、今の軽自動車は酷い悪路走行をしない事を前提にしてか、底鉄板に穴を開けて下から丸見えの状態でドレンプラグが設置してあります。
悪路耐久性は劣りますが、冷却水を抜きやすくした改善と言えなくも有りません。

車の下側からドレンプラグを緩めて、ラジエターキャップを外して、先ずは古い冷却水を抜きます。
2017 05 08車検7
冷却水が出てこなくなったら、ドレンプラグを締めて、開けたままのラジエターキャップ口から水だけを入れて満タンにしてエンジンを掛け15分程アイドリングして、エンジンを熱くして冷却水を暫く回してエンジン内部を洗浄します。
そして、エンジンが十分冷えた後に冷却水を再度抜きますが、この時に、大抵は水の量が相当に減っている筈です。
冷却水を抜いた時に出来たエンジン内部の空気溜りが水の注入だけでは抜け切らず、エンジンが熱くなって冷却水を回す事で、引っ掛っていた空気が抜け切った為ですね。

いよいよ、新しいLLCの注入です。
2017 05 08車検8
ドレンプラグを再度閉めて、自分の場合は先ずは濃縮LLCだけを入れます。
今回の軽自動車は3.5L容量なので40%濃度狙いで、濃縮液は大体1.4L程度としました。
濃縮LLCを入れた所で、不足分は水を入れて再び15分程アイドリングして冷却水を回して空気抜きをした後に、水を再補充。

リザーブタンクの古い冷却水はペコペコ灯油ポンプで抜いて、規定量まで水を入れておきます。
リザーブタンク分は走行を繰り返している内に、正規のLLCと混じりあって全体の濃度が自然に均一になります。
このLLCを交換後は、走行後冷却水点検を2回程繰り返して、念の為に水量に変化が無い事を確認しています。

この他の定期交換品では、ブレーキフルードの交換が定番です。
今回の軽自動車で交換手順をシミュレートすると、ブレーキフルードの液抜きはタイヤを外して簡単に出来ますが、問題は入れる方です。
2017 05 08車検61
今の軽自動車のエンジンルームは色々な部品をビッチリ詰め込んで、しかも車の鼻先がドンドン短くなっています。
その為に、ブレーキフルードのタンクもかなり奥の狭い所に設置してあるので、タンクにフルードを注入する方法を工夫しなければいけないです。
今回は、車が新しい事も有り、ブレーキ時のフワフワ感は皆無なので、フルードの吸湿劣化は全く無い判断をして交換はしませんでした。

半日で車検完了し、仮の車検合格済証を張って貰って完了。
2017 05 08車検9


結局今回の車検前自主整備費は総計2000円程で済み、車検時自動車点検で車検前自主整備部分含めて異常内容は無く、特に上からの観察では診難いベルト等のゴム類の劣化ヒビの確認などは十分にする様に依頼しておきましたが、追加整備はゼロ円でした。
車検時の自賠責保険や重量税などの法定費用と、車検手続き費用と、車両検査費用と、自主整備費用を全部合わせて、今回の軽自動車の初回車検は総額37,930円で無事に完了しました。
2017-05-05 

夏野菜の定植

スイカの定植が終わった所で、憲法記念日には定番夏野菜も定植しました。
2017 05 04ナス科野菜の植付12017 05 04ナス科野菜の植付2
スイカの準備をした時に同時に溝肥を施し、その後も同時にマルチを張りました。

苗は購入品で、安価な自根苗です。
2017 05 04ナス科野菜の植付3
夏野菜を始めて作った昨年の消費と人気具合から、トマトはアイコの赤と黄を各1株(他に自宅庭にミニキャロル1株)、ピーマンは京ミドリ1株、ナスは黒陽3株にしました。

連作障害が起きやすいというナス科野菜は輪作管理がし易い様に、一畝にまとめての定植です。
2017 05 04ナス科野菜の植付5
マルチに自作穴開器で植穴を開け、畑の土が悪いので植穴の周りだけは市販培養土を入れて定着し易くする菜園仲間の昨年経験を採り入れ、アブラムシ予防農薬のオルトランを植穴底に入れておきました。

無事にトマト、ピーマン、ナスの定植が出来ました。
2017 05 04ナス科野菜の植付4

タップリ水をやって、風除け、遅霜避け、虫除けの行燈をして植付完了。
2017 05 04ナス科野菜の植付6
市民菜園は風の強い高台にあるので、この後は苗が定着し育って行燈を外す時に、作物を支える支柱組立の予定です。



越冬して育ててきたソラマメにも実がついて来ました。
2017ソラマメ結実
ソラを向いていた若鞘も、一部は真下を向き始めたので、収穫をいつから始めようかと迷っていました。
が、昨年栽培した人の話を聞くと中の豆が十分に育たないと、茹でた時に豆の表皮が融けて勝手に豆スープになってしまうから、サヤの上から手で触って豆が存在をシッカリと主張する様になってからの収穫が良いとの事でした。
今は、数日おきに鞘を触っては収穫時を楽しみにしています。



大型連休も終りに近づいた子供の日。
2017鯉のぼり
西の方ではキナ臭さが増すばかりですが、鯉のぼりが元気に泳ぐ空はいいものです。
2017-05-02 

スイカ

市民菜園を借り、素人百姓を始めて3年目です。
市民菜園を借りた時から、スイカを作るのを楽しみにしていたのですが、最初の年は粘土だらけの山土の改良と芋を中心に試し栽培をし、2年目は菜園人気3兄弟のトマト,ナス,キュウリ等の夏野菜を本格化して、スイカ予行演習のミニカボチャの空中栽培もやってみました。

3年目の今年、遂にスイカに挑戦です。
借りている市民菜園に集うのは、経験10年程の一人を除いて、開園したばかりと割高賃料だった事も有り菜園初心者ばかりです。
その為に、スイカ栽培に挑戦したのは過去2年間に昨年の一人だけです。
その時は、スイカの実を熟させるだけの蔓葉を成長させられず、良いスイカを収穫する事は出来ませんでした。
実際のスイカづくりを間近に見ながら色々と勉強させて頂き、経験10年程で自宅でスイカ作りしている方からも色々と教えて頂きましたが、やはり不安で、今年は小玉スイカを作ってみます。
勿論、見た目も楽しい空中栽培で。

先ずは、根が地中深く張って根力を付けれるように、4月中旬に溝肥を入れました。
2017 04 24西瓜1
溝肥での栽培は初めてですが、穴を掘って十分に場所があるので、ついつい施肥量が多くなってしまいます。

溝肥を施して、10日程してからマルチを掛けました。
2017 04 24西瓜2
マルチを掛けてから地温が上がるのに3日ほど待った方が良いとの事で、放置です。

その後、苗を買って来て、紅小玉3株と栗坊2株を植えました。
2017 04 24西瓜3
小玉スイカとミニカボチャの両方に、ウリハムシ防止と遅霜被害防止のホットキャップを被せて、定植は完了。

後は、空中栽培用のネットを掛ける為の棚を作って作業完了。
2017 04 24西瓜4
スイカ用には高さ1m上部幅0.7mと3面で2.7mになる棚柵を組み、ミニカボチャ用には高さ1.8mになるように合掌を組みました。
間違っても畝の中に足を踏み入れて根切れを起こさないようにとの予防処置でもあります。
この後、ホットキャップイッパイに蔓葉が育って来たら、ホットキャップを外して、ネットを張って、空中栽培開始です。
どうなるか楽しみです。



米パン抜きの朝食を続けていますが、ここ最近のワンパターンメニューです。
2017春の朝食2
釣って来た魚で作った”渓魚の干物”と、次々と知人がもって来てくれる旬の筍での”筍サラダ味噌ダレ添え”に、定番の”グラノーラのヨーグルトかけ”の朝食が続いています。
オーブントースターで5分焼けばそのまま食べられる”渓魚の干物”は毎日食べても飽きないと実に好評で、ありがたい事です。
2017-04-30 

大事な沢

人が沢山入る大型連休前にと28日、辿り着くのに時間の掛かる釣場に行って来ました。
今回の場所は3時間半もかかるので、家を5時15分に出発。
最後は1時間以上も、山道歩きと沢降りをしなければなりません。
2017 04 30好きな沢12017 04 30好きな沢2
こんな感じの山道を30分歩き、最後は急な細沢を30分降りなければならないので、足元はトレッキングシューズにシュパッツと、釣では無く山歩き仕様です。
熊除けの音楽を大音量で流しながら、こんな苦労をして山釣りをするんだから「自分も相当な好き者/変人だろうな」と自嘲しながら歩き続けました。

そんな感じで険しい道を歩き、やっと降り立った渓。
2017 04 30好きな沢3
本来なら人っ子一人いない筈ですが、林道にも山道にも小沢にも新しい人の気配があり、「マサカ!」の心配を持っていました。

そこから、トレッキングシューズを鮎タビに履き替えて、目的の沢に向かって更に進んでいくと、目的の沢の入り口の大岩の上に背中を向けて寝ている小さな人影が見えました。
過去は最後はショートカットして沢に入るのですが、恐らく同じ沢に入る人でしょうから、後から来て先に入るわけにはいきません。
近づいていって、「おはようございま~す」と声を掛けました。
振り向いた顔は40代の常識人の顔で私はホッとしましたが、相手の顔には嫌だなと言う表情が明らかに出ていました。
色々とお話を聞くと、この沢のファンの東濃の住宅関係お仕事の方で、フライのハイシーズンには毎週の様に通っているとの事。
陽気が良くなるのを待っていたのでこの日が今期の初入渓で、やはり大型連休前に入っておきたくて来たとの事でした。
2017 04 30好きな沢4
この日も朝の4時から山に入り始めて、沢入口に到着後に焚火をして朝食を食べ、ドライフライなので魚が活性化する10時まで待っているんだとの事で、夕方17時まで釣って、真っ暗になる前に車まで帰る計画との事でした。
自分も相当な好き者だなと思いながら此処まで来ましたが、明らかな上手がいました。

この方はどう見てもキャッチ&リリースの方で、この沢を大事にしているのは明らかでしたが、互いの雰囲気が分った所で、「後から来て申し訳ありませんが、また餌釣りで食べ頃の魚は持ち帰りますが、沢の上半分に入らせてもらえませんか。自分は帰りが大変なので今すぐの9時から13時まで釣の予定です。」と沢割の提案をしました。
「食べる食べないは人それぞれなので、大事な渓魚だからなんて事を言うつもりは全くありません。俺が先だから諦めてくれと言うのは気の毒だが、も少し待ってもらって、一緒に釣上がりませんか?」と逆提案されました。
「それは良い提案ですが、10時から17時まで釣る体力はとても無いので、13時には退渓し始めたいので上半分でだけ良いので、今から釣り始めたいのですが。」と再提案。
「確かに高齢そうなので分ります。それでは地図を見ながら具体的に沢割しましょう。」という事になりました。
自分の提案通りに大型の出る前半は若手が釣り、後半は譲って貰い、ただし後半の更に奥で沢が分れる先の魚止め滝のある超源流は若手が釣る事になり最終合意。

「後から来て先に沢に入ってスイマセン。約束の前半部は水に近づかぬ様に充分に気を付けて行きますから。自分が釣始める地点には白いテープで目印をつけておきます。」と言って、分れました。

自分が餌釣りのくせに言うのも何ですが、フライの人は話が出来る人が大半の気がします。
餌釣りの人は、漁師感覚があるせいか、血が昇ってしまう人が時には居る様です。

そんなかんだと、10分位のお喋りと、20分位の沢横の山道歩きをして漸く釣開始。
竿を出すと、直ぐに出ました。
2017 04 30好きな沢5
綺麗なイワナです。
2017 04 30好きな沢6
この流れからで、白泡の下端から出て来ました。

その後も順調に掛ります。
2017 04 30好きな沢72017 04 30好きな沢8
2017 04 30好きな沢92017 04 30好きな沢10
この沢で釣ったイワナ全てに白斑点がありません。
山奥過ぎて、ニッコウなどの放流魚が一度も放流されていない純血種だけの沢です。
毎週の様に通うフライマンがいるのも道理で、皆が大事にし続けている沢なので魚影も濃いです。
かくいう自分は、10匹厳選で持帰らせて頂きました。

約束の場所まで釣上がったのが11時半。
戻りも迷惑をかけないように山道を通ったのでフライマンとはすれ違えず、おそらくそうであろう、絶妙のキャスティングを見る事は出来ませんでした。
きっと、大物の出る前半では無く、最初から後半を釣る提案をした事も相俟って提案の沢割を了承してくれたのでしょう。
話しの出来るフライマンに感謝して、予定より1時間早い12時にその沢を後にしました。

沢横の山道を歩いていると、恋の季節。
2017 04 30好きな沢11
カエル達も子孫を残すのに一生懸命です。

目的の沢を降りた所から、再び、1時間以上かけて林道に戻るわけですが、折角降りた深い谷底なので、気になっていた沢に寄り道してチョイ釣。
2017 04 30好きな沢12
2017 04 30好きな沢132017 04 30好きな沢14
チョイ釣の沢ではイワナだけでしたが、この日の目的の沢とは、少しイワナの姿が違って、僅かながら白点が混じっています。

その後は、再びトレッキングシューズに履き替えて、急沢を登り、山道を歩き、林道を下って、車で帰宅できたのは17時半と保育園のお迎えにギリギリセーフ。

やはり今回の場所は、特に帰りの急沢の登りがキツクて時間がかかりました。
凄く楽しい純血の沢ですが、体力的に厳しくて、フライマン達が大事にしている沢でもあり、今回を最後にするつもりです。



今年の花粉症には苦しんでいます。
4月19日~22日頃の中国からの黄砂などの飛来物質が大量だった事で、目が真っ赤になり、目ヤニで視界が曇るばかりか目が開かない程になりました。
例年はアイボンALで毎日洗浄すれば、何とも無かったんですが、今年は駄目でした。
最終的に、母が処方してもらっている花粉症用の目薬を使ったら3日程で小康しました。
2017 04 30好きな沢15
ステロイドの力は凄いですね。
人間が生物として弱くなったのか、PM2.5などの人間の環境破壊が凄まじいのか分りませんが、ステロイドのお世話になる機会が増えています。
2017-04-28 

タイヤ再セット

先回の釣行で釣りに使っている軽自動車が山道に転がる落石の鋭利な角でパンクして、しかもサイドが切れたのでパンク修理も出来ません。
2017 04 18タイヤ組換0
古い軽なので、今のパンク修理キット付タイプでは無くて、スペアタイヤ付だったので、無事にスペアタイヤ交換して帰っては来られましたが、サイド切れタイヤは交換しなければいけません。
この軽、今年秋の車検で9年が満了するので、買い替えの話も出ています。
今更の新品タイヤ購入も勿体なくて、前輪駆動なのでツイテ回りするだけの後輪に、制動能力のあるタイヤさえ装着して凌げば良いんですが・・・。

ホイール付の同サイズのタイヤはあるんですが、ホイール違いでは流石にみっとも無いです。
2017 04 18タイヤ組換1
ホイールは揃えたいです。

そこでサイド切れした駄目タイヤと、ホイールは違うが良タイヤを組替したい所です。
いつものガソリンスタンドでタイヤ/ホイールの組替費用を尋ねると、何と5000円。
①良タイヤを違ホイールから外して準備して、②サイド切れタイヤを純正ホイールから外して、③良タイヤを純正ホイールに組付けて、④良タイヤ/純正ホイールのセットを軽自動車に取り付ける。
タイヤとホイールを組付けるタイヤ組付工賃2500円を2セット分支払えと言う事でした。
2台分とはアマリノ値段と値引き交渉しましたが、元々の組付け工賃が格安にしてあるので4500円までと超強気でした。

そこで止むを得ず、自分で組替する事にしました。
40年ぶりのタイヤ組替で不安もありましたが、軽自動車の小さなタイヤなのでなんとかなるだろうと楽観的に取り組みます。

一番の問題はホイールに噛んでいるタイヤビートをどうやって外すかです。
2017 04 18タイヤ組換3
今の乗用車用タイヤは殆どがチューブレスなので、リム(ホイールのツバ)とビート(タイヤ端のホイールに密着する部分)がシッカリ噛んで、チューブ無しでも空気が漏れない仕組みになっています。

そのリムとビートを分離する作業をビート落としと言います。
2017 04 18タイヤ組換4
ホイールのリムへの、タイヤのビート噛みこみを外すと、こんな感じです。

昔やった時は、ビートブレーカーと言うホイールに噛んでいるタイヤを、落として緩める工具を友人から借りてやったのですが、今は借りられる人がいません。
2017 04 18タイヤ組換2 ビートブレーカー24500円
買うとなると2万円以上するので、お話になりません。

何か方法は無いかと考えた末に、この難関のビート落としをジャッキでやってみました。
2017 04 18タイヤ組換6
車の重さを利用して、横にしたタイヤと車の間にジャッキを入れて、ジャッキを広げて行ったら、タイヤがバスッと落ちてヤレヤレ。
勿論、バルブコアを緩めて、タイヤの空気を抜いてからの作業です。

此処までくれば、後は力技。
2017 04 18タイヤ組換7
ホイールとタイヤの間にタイヤレバーを差し入れて、グリグリとホイールの間に挟まったタイヤを抜きます。

この様に、2セット分のタイヤとホイールを分離して、使うタイヤと使うホイールを、タイヤレバーを使って力ずくでグリグリとタイヤをホイールに入れます。

後はタイヤのビート部に石鹸水をスプレーして滑りを良くして、バルブからコンプレッサーエアーを入れればOK。
空気の力でタイヤが膨らんで行き、最後はバンと言う音がしてホイールリムとタイヤビートがシッカリ噛みあいました。
やはり石鹸水をスプレーして、各所から空気漏れが無い事を確認して完成。

ここまでの所要時間は1時間半。

今回お世話になった道具たち。
2017 04 18タイヤ組換5
下から、ビート落としに使った、自動車付属のジャッキ。
タイヤをホイールから外したり入れたりするのに使った、愛用のタイヤレバー。
タイヤとホイールの滑りを良くしたりエア漏れ確認に使った、石鹸水。
この他に番外で、タイヤに空気を高速で送り込んでとホイールを最終密着させるに使った、ガソリンスタンドのコンプレッサーエアー入れ。

時間はあるが、4500円が惜しい爺さんや学生ならではのセルフ作業です。



昨年植えたスナップエンドウの収穫が始まりました。
スナップエンドウ収穫
初めて植えた昨シーズンもそうだったんですが、スナップエンドウは冬の間に葉の緑が凄く薄くなって、どうも成績が良くありません。
が、春の追肥と共に徐々に葉色も回復し、普通に食べるくらいだけは何とか収穫出来そうです。